デパンヌ3日間 第三ステージA、B
2006.03.30 デパンヌ~デパンヌ 119km

先頭は17人。この17人総合を狙う選手がすべて入っている。
内訳は、
デボルバー(DSC)、ヒンカピー(DSC)、ホステ(DSC)のDSCが3人。
デヨング(QSI)、フルスマン(DSC)、クレッケンス(QSI)、ロスレル(QSI)、ウェイラント(QSI)のQSIが5人。
デコート(LSW)、ロハス(LSW)、サンチェス(LSW)のLSWが3人。
カッラーラ(LAM)、コリオーニ(LAM)、フォルナチャーリ(LAM)、ナポリターノ(LAM)、リーギ(LAM)の5人。
そして、総合リーダーのアイゼル(FDJ)の合計17人。
アシストがいないアイゼルにとって不利な状況が続いていたが、残り10kmでデヨング、ロスレルの2人が抜け出しに成功。これを追ってコリオーニが追いつき先頭は3人となることで、アイゼルにとっては若干楽な展開になる。
この先頭の3人は、QSIの2人がコリオーニをはさむように走行。ラスト1kmをきり、石畳に入るとスプリント開始。
3番目につけていたデヨングが二人をかわしそのままステージ優勝をあげた。
一方、30秒以上遅れて石畳に入った後続グループで、ナポリターノが落車。これに総合トップのアイゼルが巻き込まれてしまう。
残り1kmをきっていたため、タイム差はつかなかったものの後半のT.Tに向けて不安を残す落車となった。

ステージ優勝:デヨング(QSI) 2:48:23
総合トップ:アイゼル(FDJ) 13:02:42
ゴールポイント:アイゼル(FDJ)
山岳賞:ホステ(DSC)
中間ポイント:アイゼル(FDJ)




2006.03.30 デパンヌ~デパンヌ 11.5km

1位アイゼル(FDJ)と、2位ホステ(DSC)の差はわずか4秒。
そんな僅差で始まった最後のステージは個人T.T。
トップタイムをレゼムス(DVL)がマーク。
このタイムを7.2kmの計測ポイントでこのタイムを更新したのがデボルバー(DSC)。
デボルバーはレゼムスのタイムを11秒上回り暫定トップに立つ。
このタイムを更新したのが、ヒンカピー(DSC)。
ヒンカピーは同僚デボルダーのタイムを3.99上回ることに成功する。
ついに総合トップ3がスタートするが、サンチェス(LSW)がなんとパンク。
自転車交換を行い、痛いタイムロスとなり総合争いから後退してしまう。
2位のホステはT.T得意のヒンカピーのタイムを計測ポイントで2.55上回り、トップタイムをマーク。1位のアイゼルは落車の影響もあるのか14秒遅れで通過。
この時点でホステが暫定トップとなる。
ホステはこのままスピードを落とすことなく、14:17でゴール。
ゴール地点でもヒンカピーのタイムを上回り、総合優勝に花を添える見事な走りであった。

ステージ優勝:ホステ(DSC) 0:14:17

総合優勝:ホステ(DSC) 14:17:99
ゴールポイント:アイゼル(FDJ)
山岳賞:ホステ(DSC)
中間ポイント:アイゼル(FDJ)

--
引越しのため、今週はブログ更新おやすみします。
らんたんるーじゅ本館も移転予定です。
アドレスがわかり次第お知らせしま~す。
ではでは。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-08-23 22:12 | その他国外レース
<< 【ヴェルタ・ア・エスパーニャ ... デパンヌ3日間 第二ステージ >>