カテゴリ:2005プロツアー(ワンデー)( 11 )
【ワールドカップ第十戦:ジロ・デ・ロンバルディア】
2005.10.15 第99回ジロ・デ・ロンバルディア 246km

ガルシアアコスタ(IBA)ら11人が逃げている。集団とは1分12秒差でギリサロの峠に入る。ここで先頭からツベルク(GST)がアタックをすると先頭メンバーはブレイクされ、デービス(LSW)バリャド(LSW)、アリョーリ(SDM)が抜け出す。一方集団でもこの峠に入るとベッティーニ(QSD)がスピードを上げると一気に集団のスピードがアップ。ベッティーニに引きずられるように抜け出したメンバーは先頭のデービスをかわし先頭に踊り出る。
先頭のベッティーニ、シモーニ(LAM)、サストレ(CSC)、シュレック(CSC)、カルーゾ(LSW)の5人は次の峠であるシヴィジリオに入る。ここでまずベッティーニが仕掛け、これに対しシモーニがカウンター。この2人の動きに他の3人はついていけず先頭は2人となる。この2人はお互いをマークしつつも先頭交代し下りに入るが、ここで遅れていたシュレックが、そして平坦に入るとカルーゾが追いつき4人となって最後の山岳で勝負どころとなるバタグリア峠に入る。
峠も中ほどに入ったところで、シモーニの一瞬の隙を突きベッティーニがアタック。これにシモーニとシュレックが追いつくが、カルーゾはついていけず脱落。さらに残り6kmで再度ベッティーニがアタックするとシモーニ、シュレックともについていけず差をつけることに成功する。しかし、山頂手前でシモーニが、そして下り始める付近でシュレックが追いつき再び3人となりゴールを目指す。
ゴールまでの平坦となりラスト1km手前で遅れていたカルーゾも先頭に復帰し4人でゴールスプリント。残り300m付近でベッティーニがスプリントをし、シモーニとシュレックが追いすがるがベッティーニがそのまま逃げ切りロンバルディアを制し2005年のプロツールを締めくくった。

優勝:ベッティーニ(QSD) 5:56:22
総合優勝:ディルーカ(LIQ) 229pts

--
ベッティーニVSシモーニ見ごたえありました。シュレックとカルーゾも遅れながらもしっかりリカバリーしていい走りを見させてもらえました。この二人は来年の更なる飛躍に期待です。
ロンバルティアはちょっと残念なことに残り距離とタイム差があまりでなくて全体像がちょっとわかりにくかったです。レース自体は面白かったですけど。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-11-23 17:27 | 2005プロツアー(ワンデー)
【ワールドカップ第九戦:パリ~ツール】
2005.10.09 第99回パリ~ツール 253.5km

66km過ぎよりポストゥーマ(RAB)、グティエレス(IBA)、ベルジュ(AGR)の三人が逃げを決める。しかし、この三人の逃げもレース後半に入った残り59kmで2分7秒差となる。その差が1分をきり、残り46kmでベルジュがまず脱落し、残った二人も残り45km付近で吸収され集団は一つとなる。
残り30kmをきり、勝負どころの丘に入るとデボルダー(DSC)がアタック。このアタックは強烈で集団はついていけず、先頭はジルベール(FDJ)と二人となる。一時的に散り散りになった集団だがしばらくすると再びまとまり先頭の二人を追いはじめる。しかし、残り24kmで14秒だった差が残り19kmで51秒、17kmでついに1分となってしまう。差が縮まるどころか確実に広がっていく状態に焦りを感じた集団は、それまで単独でひいていたIBAに加えDVLとQSDが加わり三チームで先頭交代しながら前を追いはじめる。
一方、逃げ続ける先頭では残り6kmでジルベールがアタックし、デボルダーを引き離しにかかり協調性が欠けてきたが、集団でも差が30秒をきったため単発アタックが相次ぎ、前を集団で追うまとまりにかけなかなか捕まえることができない。
そしてついに残り1kmをきったが、逃げ切れると感じたデボルダーが先頭交代を拒否しジルベールにつきいち。この作戦が逆効果になり一気に差が縮まり、ゴールまで残り100mで集団に飲み込まれ、横一線でゴールスプリントとなる。ベンナーティ(LAM)がトップで始まったゴールスプリントだが、ゴール直前にザベル(TMO)がかわしパリ~ツールを制した。

優勝:ザベル(TMO) 5:37:23

--
今年は完全に脇役に追い込まれていた感のあるザベルがようやく終盤に来て主役になってくれました。若いベンナーティにまだまだクラシック優勝はさせないぞって言わんばかりの追い上げの勝利に思わず、おーってうなってしまいました。今年で見慣れたピンクのジャージ姿を見るのが最後だと思うとつくづく残念。ザベルを手放すなんてTMOのチーム体制はほんとわけわからないです。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-11-15 19:44 | 2005プロツアー(ワンデー)
【ワールドカップ第八戦:チューリッヒ選手権】
2005.10.02 第92回チューリッヒ選手権 240.9km

残り71kmでシンケビッツ(QSD)ら11人が逃げを決めている。この集団とディルーカ(LIQ)、ベッティーニ(QSD)らを含んだ約30人のメイン集団とのタイム差は1分58秒差。このメイン集団ではスタンゲリ(LAM)が中心となって前を追い、残り63kmで1分30秒、残り53kmで56秒差となる。そしてこの集団から残り49kmでベッティーニとパオリーニ(QSD)が抜け出しに成功する。
二人は残り45kmで先頭の11人に追いつき13人となる。この13人のうちなんと5人はQSD勢。そのためここから先頭はQSDがベッティーニのために引き始め、ライバルのディルーカらに差を広げ始める。そしてゴールまでまだ距離がある残り36kmの上り坂でベッティーニがアタック。このアタックに誰もついていけず一人逃げとなるが、チェーンがはずれ一旦は追走メンバーに追いつかれてしまう。しかし、追いつかれてすぐに再度アタックをかけると今度は完全に抜け出しに成功する。これをベルヌッチ(FAS)、ミホノヴィッチ(LIQ)らが追うがベッティーニのスピードが速すぎ、差を広げられていってしまう。
結局ベッティーニは雨もものともせず、長距離逃げを成功させチューリッヒ選手権を制し、今年の旧ワールドカップのレースに初めて勝利した。

優勝:ベッティーニ(QSD) 6:06:22

--
ここまで見せ場を作って、さらに勝利してしまうとは・・・役者が違います。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-11-12 19:36 | 2005プロツアー(ワンデー)
【ワールドカップ第七戦:クラシカ・サンセバスチャン】
2005.08.14 第25回クラシカ・サンセバスチャン 227km

29km付近から8人の選手が逃げを決める。この8人の中からカテゴリー1級の山岳を利用してロバト(SDV)がアタック。このアタックで先頭はロバト、モロー(C.A)、ケスラー(TMO)、ビッラ(LAM)の4人となる。しかしこの4人も勝負どころとなるこのカテゴリー1級に向けてスピードを上げていたPHO率いる集団に吸収されてしまう。
このとき、カウンターでサストレ(CSC)、メンショフ(RAB)が次々アタック。スピードを上げた二人に集団は分裂。結果この分裂した集団から、メンショフが抜け出しに成功する。これを追って8人の選手が追走し、山頂付近でメンショフに追いつき、9人で下りに入る。しかし、この9人は平坦に入ると集団に追いつかれてしまう。
この後ホーナー(SDV)ら4人はアタックをきめ最後の山岳に入るが、吸収。さらにメンショフ、レヴェリン(GST)、ガルゼッリ(LIQ)、ロドリゲス(SDV)がアタックするも、下りに入り吸収され、決定的なアタックがなかなか決まらない。
そしてゴールまでの平坦に入り、ガルゼッリ、モンクティエ(COF)、ロドリゲス(SDV)、サバラ(SDV)、マッツオレーニ(LAM)、スベルディア(EUS)、ブル(KAI)の7人が逃げを決め、集団とタイム差が広がり始める。そして残り3.5kmになると、この7人からサバラがアタック。このアタックに対し残り6人はけん制状態。サバラを追って、アタックする選手もいたがチームメイトのロドリゲスがしっかりマークに入り、サバラは残り1kmで追走の6人に16秒の差をつけることに成功する。
結局このままサバラは一人で逃げ切り、クラシカ初制覇。二位には見事なけん制役を果たしたロドリゲスが入り、SDVの1,2フィニッシュ。序盤から終盤まで積極的にレースを展開してきたSDVの執念が実ったサンセバスティアンとなった。

優勝:サバラ(SDV) 5:24:18

--
SDV連覇達成~。
しかも1,2でうれしいんだけど、ビデオ撮ったとき台風だったのかな?ゴールシーンだけが取れてませんでした(汗
再放送プリーズ~~。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-09-13 21:44 | 2005プロツアー(ワンデー)
【ワールドカップ第六戦:HEWサイクラシックス】
2005.07.31 第11回HEWサイクラシックス 250.5km

雨が降る中行われた今年のHEW。
ホステ(DSC)、ルデビヒ(DOM)の二人が逃げている。この二人と集団との差は最大で約15分の差。これを追って集団はGST、TMOが中心に牽き、残り39km付近でその差が6分16秒まで縮める。
先頭では勝負どころとなるワースベルクの丘に入ると、ルデビヒがホステのスピードについていけず、先頭はホステひとりとなる。ここでメイン集団も人数が絞られ、丘を過ぎると先頭のホステとの差は1分15秒にまで縮まる。そんななか残り26kmでタンキンク(QSD)、グセフ(CSC)、ベーロ(FAS)の三人が追走集団から抜け出し、前を追う。この三人はまずルデビヒを吸収し、最後のワースベルクの丘に入る前にホステに追いつくことに成功する。しかしこの三人も、ウルリッヒ(TMO)を含んだ集団に吸収され、先頭は20人弱となり、ゴールを目指す。
このメンバーに現リーダーのディルーカ(LIQ)が含まれず、ディルーカは追走集団で前を追うがその差を広がるばかり。先頭では残り8km付近で、グラブシュ(PHO)がアタックをかけるが、残り6km付近で吸収され失敗。FASの四人が積極的に前を牽き、追走集団の猛追をなんか逃れ、この20人弱でゴールスプリント。FASはカンチェラーラ(FAS)のためにトレインを作成し、カンチェラーラを解き放つが、カンチェラーラのスピードが上がらない。そんな中、横から平行して走ってきたQSDの二人、ポッツァート(QSD)とパオリーニ(QSD)がカンチェラーラらをかわし、みごとなワンツーフィニッシュ。ほんのわずかにポッツァートがゴールラインを先に超え、HEW
を制した。

優勝:ポッツァート(FAS) 6:00:39

--
今日は雨だったのでキアラ露出せず(笑
選手のインタビューがちょくちょく入り、結構楽しめました。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-08-27 15:51 | 2005プロツアー(ワンデー)
【ワールドカップ第五戦:リェージュ・バストーニュ・リェージュ】
20005.04.24 第91回リェージュ・バストーニュ・リェージュ 260km

残り53km地点で集団からフォイクト(CSC)がアタック。このアタックに誰も反応せず、しばらくしたあとにヴィノクロフ(TMO)がアタックし、前のフォイクトを追う。数km後ヴィノクロフはようやくフォイクトに追いつき、二人で交代をしながら先頭を走る。
追走集団はPHO、RABが先頭を引くが、二人とのタイム差は縮まらず、40秒~1分10秒前後を行き来するのみ。
そして、レースも終盤に入り残り15km付近でようやくヤクシェ(LST)、エチャバリア(LST)がアタックし動きを見せる。しかしこのアタックも決まらず、また、ボーヘルト(RAB)が前を追おうとアピールするものの集団のスピードはあがらない。
ようやくエヴァンス(DVL)が単独でアタックを決め、それにボーヘルト、ベッティーニ(QSD)が追いつき先頭の二人を追うがときすでに遅し。
優勝争いは先頭の二人に絞られ、残り6kmサン・ニコラの丘でまずヴィノクロフがスピードを上げる。フォイクトもくらいつきヴィノクロフの逃げを許さない。二人の争いはゴールスプリントに持ち越され、残り200m付近で横に並んだ二人はほぼ同時にスプリント。
前にではヴィノクロフはアタッカーのフォイクトに一度も前を行かせることなく優勝を飾った。

優勝:ヴィノクロフ(TMO) 6:29:09
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-22 18:57 | 2005プロツアー(ワンデー)
【ワールドカップ第三戦:パリ~ルーべ】
2005.04.10 第103回パリ~ルーベ 261km

レース中盤で落車のアクシデント発生。なんとこれに優勝候補のヴァンペテヘム(DVL)が巻き込まれる。ヴァンペテヘムはメイン集団と2分以上離されるが、アシストのステールス(DVL)の働きもありなんとかメイン集団に復帰することに成功。
NO19の石畳に入り先頭を走っていた8人、ラング(GST)、バリャド(LST)、シャバネル(BTL)、コヨート(COF)、エレロ(EUS)、ティス(MRB)、ブラール(AGR)、ベルジュ(AGR)からシャバネルが機材故障のトラブルで、エレロはスピードについていけず先頭から脱落。この石畳でメイン集団でもDVLがスピードを上げメンバーを絞り込もうとする。しかしエースのヴァンペテヘムが落車の影響かこのスピードについていくことができない。ヴァンペテヘムはこのままタイム差を広げられ、ステールスとともにリタイアしてしまう。
エースを失ったDVLに変わり、主導権をとったQSDはNO15の石畳でポッツアート(QSD)がスピードを上げ、集団を分断させることに成功する。このアタックについてこれたのは、バックステッド(LIQ)、ヒンカピー(DSC)、ミカエルセン(CSC)、ファンボン(DVL)、カンチェラーラ(FAS)、フレチャ(FAS)そしてボーネン(QSD)の7人。この7人からファンボンが脱落してしまうが、残りメンバーは先頭の5人を吸収する。
そしてNO10の石畳にてフレチャがスピードを上げる。しかし運悪くチームメイトのカンチェラーラに機材トラブルが発生。先頭集団から脱落してしまう。残った5人はその後も協調体制を維持。後続とのタイム差を決定的なタイム差まで広げることに成功する。
この5人の中でまずアタックを仕掛けたのは昨年優勝のバックステッド。NO5の石畳でアタックをかけたが残念ながら決まらない。そしてNO4の石畳に入るとミカエルセンが機材故障!バックステッドも残った3人のペースについていけず脱落してしまう。
ヒンカピー、フレチャ、ボーネンは互いをけん制しながら走行。誰も目立ったアタックをすることができずに、ヒンカピー、ボーネン、フレチャの順に競技場に入る。競技場に入り後方につけていたフレチャだがするすると先頭に出てしまう^^;苦もなく一番後方につくことができたボーネン。あとは得意のゴールスプリントを制しし、みごとに優勝。フランドルに続きクラシック2連勝をあげた。

優勝:ボーネン(QSD) 6:29:38


---
今年のパリ~ルーべ、個人的にかなり楽しめました。
今まで見たパリ~ルーべの中で一番好きかも。
タフィ(SDV)おつかれさま。特別なジャージかっこよかったぞ~。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-08 11:38 | 2005プロツアー(ワンデー)
【ワールドカップ第二戦:ツール・ド・フランドル】
20005.04.03 第89回ツール・ド・フランドル 256km

95km付近から7人の選手が逃げ始め、残り132km地点で先頭はバックステッド(LIQ)、サバラ(SDV)、バリャド(LST)、ブシェ(MRB)、ムレー(FDJ)、マルゾーリ(LAM)の6人。
この6人と集団とのタイム差は約5分30秒差。この6人から残り109km付近でまず、マルゾー
リが脱落。そして残り86km付近でブシェ、ムレーも脱落してしまう。しかしブシェは丘が終わり、平坦に入ると先頭集団に復帰。この後も丘に入るたびに先頭から遅れるものの、平坦に入ると先頭集団に戻る粘りの走りを展開。
一方メイン集団では、QSDが先頭を支配し、丘を越えるたびにメンバーが絞っていく。そんな集団の中でザベル(TMO)、フレチャ(FAS)がアタックしQSDに揺さぶりをかける。
メイン集団と先頭とのタイム差が1分をきった、残り52km付近で集団からバッラ(LAM)がアタック。バッラは先頭で一人残ったサバラに追いつき二人の逃げが始まる。しかし残り38km付近でついにサバラがバッラのスピードについていけず脱落してしまう。ひとりとなったサバラだがスピードを落とすこともなく集団とのタイム差を約1分つけることに成功する。
残り32km付近で集団からクリアー(TMO)、ヴァンペテヘム(DVL)がアタック。これにザベル、ペッティート(FAS)、ボーネン(QSD)が加わり、追走メンバーが5人となる。そしてこの追走メンバーは残り28km付近でバッラを吸収。このメンバーは先頭交代を繰り返し、メイン集団とのタイム差を広げていく。
そしてレースも終盤に入り残り13km付近でまず、クリアーがアタック。これをきっかけに先頭の協調体制が崩れ、優勝に向けたアタックが連発。このアタック合戦に終止符を打ったのがボーネン。ボーネンは残り9km付近でアタックをしたヴァンペテヘムを利用し、カウンターアタック。これが見事に決まり残り9kmを一人旅。後続とのタイム差を35秒をつけ、地元フランドルを制した。
二位にはクリアー、三位にはヴァンペテヘムが入った。

優勝:ボーネン(QSD) 6:22:00
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-08 10:48 | 2005プロツアー(ワンデー)
【ワールドカップ第一戦:ミラノ~サンレモ】
2005.03.19 第九十六回ミラノ~サンレモ 294km

シメオーニ(SDM)、カスペール(COF)、イサシ(EUS)、サンタンブロージョ(LPR)、リーギ(LAM)の五人が逃げている。
集団とのタイム差は4:25秒差。しかし残り70kmをきるとこのメンバーと集団とのタイム差は1:15秒と縮まる。
そして集団から逃げていた5人が視界に入ると、タフィ(SDV)が飛び出す。
しかし、タフィは先頭に追いつくことはできず集団に吸収され、逃げていたシメオーニらも吸収される。
集団はひとつとなり進んでいたが、残り30km付近で集団中ごろで落車が発生。イタリアチャンピオンのモレーニ(QSD)らが巻き込まれる。この影響で集団が二つに分かれてしまう。
この状態で、ミラノ~サンレモの要所どころであるチップレッサの峠に入っていく。ここでまずアタックをかけたのは、マッツアンティ(PAN)。このアタックをきっかけに主要集団のスピードが上がる。
つづいてティラロンゴ(PAN)、カーザグランデ(SDM)がアタックを試みる。また下りに入るとセラー(PAN)が前を走るなど、PANの積極的な走りが目立ち始める。
チップレッサの峠を下りきり、平坦に入るとベッティーニ(QSD)がアタック。これに反応できたのはカシケン(C.A)のみ。主要集団を引っ張るのはFAS。
ベッティーニを逃がすまいとアシスト全員で集団の先頭を引っ張り、ポッジオの峠に。
ポッジオの峠に入ると、ビシオソ(LST)がアタック。ビシオソは先頭の二人を一気にかわし単独トップとなるが、頂上付近で吸収される。ここでレヴェリン(GST)がカウンターアタック。ペッリゾッティ(LIQ)、キルシェン(FAS)、バルベルデ(IBB)、チェレスティーノ(DOM)らが加わり先頭は五人となる。
しかしこの五人も下りきって残り2km付近で吸収される。
ここからどこのチームも大きな列車を作ることができず、混沌としたままゴールスプリントへ。
比較的早めに前に出てしまったペタッキ(FAS)だったが、ロングスプリントの末、ライバルたちを抑えミラノ~サンレモ初優勝をあげた。
二位にはホンド(GST)、三位にはハスホフト(C.A)が入った。


優勝:ペタッキ(FAS) 7:11:39
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-04-24 19:45 | 2005プロツアー(ワンデー)
ティレノ~アドリアティーコ
プロツアー第2戦となるTirreno-Adriaticoが今週9日(水)から15日(火)まで開催されます。
出場チーム名と主な参加選手は以下のとおり。

QSD・・・ベッティーニ、ブラマーティ、ザニーニ
ACQ・・・ブッチェーロ、ハンバーガー
BTL・・・ベネトー、ブロシャール、シャバネル
PAN・・・セラー、ブラウン
COF・・・アティエンサ、オグレディ
C.A・・・カウッキョーリ、ハスホフト
DVL・・・バグエ、マキュアン、ステールス、ヴァンペテヘム
DSC・・・バリー、ヒンカピー
DOM・・・カダムロ、ゴンチャール、クアランタ
EUS・・・エレロ、A.ゴンザレス、ライセカ
FAS・・・ペタッキ、バルダード
FDJ・・・オージュ、マクギー
GST・・・フォルスター、ホンド、M.ツベルク
IBB・・・アリエッタ
LAM・・・フィグエラス、ボルトラーミ
LST・・・バレド、ベロキ、フルスカ
LIQ・・・チッポリーニ、バックステッド、ディルーカ
SDM・・・ナウドゥス、シメオーニ
PHO・・・エバーソルト、エルミガー、ザンピエーリ
RAB・・・フレイレ、ボーヘルト
SDV・・・ベルトリアーティ、タフィ
CSC・・・ペロン、バッソ、ロンバルディ
TMO・・・アルダグ、ザベル

スプリンタ勢が豪華!
公式HP(?)はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-03-08 10:45 | 2005プロツアー(ワンデー)