カテゴリ:2006その他ワンデーレース( 6 )
デパンヌ3日間 第二ステージ
2006.03.29 ゾッテヘム~コクセイド 227km

昨日逃げを決めたステーグマン(DVL)が落車。左腕を怪我しリタイアを余儀なくされる。
残り34kmでカペル(LAN)、レンデルス(LAN)、カストレサナ(UNI)の3人が逃げていて、集団とは2分42秒となる。しかし、残り9kmになると16秒、そして残り8kmになったところで集団に吸収される。
ここからゴールスプリント争いに向けての位置取りが始まり、LIQ、QSI、LAM、DSCが争い残り3kmになるとQSIが主導権を握る。
しかし、残り1.5kmになるとこま不足を露呈しLAMに先頭交代を奪われゴールスプリントとなる。
ここで中盤につけていたアイゼル(FDJ)が真っ先に飛び出す。アイゼルは加速し一気に先頭に出る。これを見たナポリターノ(LAM)が後ろに付くが追いつくことはできず、アイゼルが昨日の鬱憤を晴らす勝利を挙げた。

ステージ優勝:アイゼル(FDJ) 5:34:14
総合トップ:アイゼル(FDJ) 10:13:52
ゴールポイント:アイゼル(FDJ)
山岳賞:ホステ(DSC)
中間ポイント:カストレサナ(UNI)

-
デパンヌ3日間の二日目。
総合リーダージャージが白色なので、白を基調としたFDJのアイゼルが着ても、いまいちわからない。でも白のジャージはかっこいいなぁ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-08-22 20:51 | 2006その他ワンデーレース
デパンヌ3日間 第一ステージ
2006.03.28 ミデルケルケ~ゾッテヘム 193km

アイゼル(FDJ)、ステーグマン(DVL)、ホステ(DSC)の3人が逃げている。
残り45kmで追走集団とは51秒、集団とは1分48秒差をつけている。
この3人を追って残り17km付近で8人の追走集団からサンチェス(LSW)がアタック。
一人抜け出し前を追う。
サンチェスは、健闘を見せるが前の3人にはなかなか追いつけず、残り2.4kmで24秒差。
結局勝負は先頭の3人に絞られる。
残り1kmになるとホステが先頭交代を渋るようになったため、アイゼルは無理やりホステを前に出そうとするが、ホステは後ろを振り返るばかり。業を煮やしたアイゼルは自身が先頭に立ちそのまま加速。ゴール前緩やかなカーブが続くなか、先頭のアイゼルと2番手のステーグマンの争いと思われたが、直線に出ると一気にホステが加速。ふたりをかわしステージ優勝をはたした。

ステージ優勝:ホステ(DSC) 4:39:55
総合トップ:ホステ(DSC) 4:39:42
ゴールポイント:ホステ(DSC)
山岳賞:ホステ(DSC)
中間ポイント:ステーグマン(DVL)

-
ヴェルタの合間にちょっと昔のレースを。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-08-21 20:25 | 2006その他ワンデーレース
ブランハンツペイル
2006.03.26 第46回ブランハンツペイル 190km

残り35kmでクニース(MRM)がアタックするとカッラーラ(LAM)、バグェ(QSI)が抜け出しに成功する。これにフレチャ(RAB)、クローン(CSC)らが追いつき6人の逃げ集団を形成する。このメンバーと集団との差は残り27kmで25秒差。メイン集団は各チーム協力して前をひき終始縦長の状態。その結果残り22kmで6人を吸収する。
残り距離が少なくなりここから勝負をかけたアタックが頻発。まず勝負どころのリンデンベルクを前にフェルホーデン(SKS)がアタックし、リンデンベルクに入る。しかしこのアタックも下りに入ると吸収される。次に、アルセンベルクに入る手前でヴィレムス(JAC)がアタック。このアタックは強烈で集団が分裂。フレイレ、クローン、アルベセン(CSC)、ルクスマンス(DVL)、ツベルク(GST)、ヌイエンス(QSD)、バスール(QSD)が反応し、さらにこのメンバーに残り15kmでフレイレ(RAB)がおいつき、先頭は8人となる。しかし、エースのツベルクが先頭に含まれていたものの、この逃げに不利を感じたGSTがメイン集団をひき、残り12kmで先頭集団を吸収し、再度仕切りなおしとなる。
勝負が動いたのは残り7.5kmでのディフェンディングチャンピオンのフレイレのアタック。これにフレチャ、クローン、デューク(COF)、ヌイエンスが反応し、5人となる。この5人の中から最終周回のリンデンベルクでヌイエンスがアタック。これにクローンが反応し2人となり丘を越えていくが、下りに入りRABの2人が追いつき4人となる。ここからフレチャがハイスピードで引き始め、ヌイエンス、クローンにアタックをかけさせない。残り1.5kmでクローンはスプリント力を持つフレイレを警戒し、先頭最後尾に移動し、最後の勝負にそなえ始める。
そして残り1km最後の丘であるアルセンベルクに入るとこれまで引き続けたフレチャが力尽き、ヌイエンスがアタック。しかしこのアタックにフレイレ、クローンがしっかりと反応し、ヌイエンスは抜け出すことができない。スピードが落ちた3人に再びフレチャがおいつき、フレイレのために最後の力を振り絞って引き始める。ゴールまで距離がなくなり、ついに最後尾からクローンがアタック。しかしフレイレが持ち前のスプリント力をいかし、クローンをあっさりとかわし2年連続の優勝。献身的なアシストをしたフレチャに応える勝利をあげた。

優勝:フレイレ(RAB) 4:20:51


--
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-05-03 17:10 | 2006その他ワンデーレース
ドワーズ・ドワ・フランドル
2006.03.22 第61回ドワーズ・ドワ・フランドル 204km

残り68km付近の丘で集団から抜け出し追走集団を形成していたボーネン(QSI)が残り35kmでアタック。これに同僚のバンインプ(QSI)がついていき、第3グループを形成、トップのフェースレン(JAC)、ブシェ(UNI)を追う。ボーネンらは、残り30km付近で先頭から遅れたネイリンク(LAN)、スタルゼングルーバー(ELK)を吸収。4人で残り2周回目に入る。ボーネンらと先頭の2人とのタイム差はこの時点で、3分15秒差。
ボーネンらは懸命な追いを見せるが、先頭の2人のスピードもよく、その差が思ったほど縮まらない。そして残り24km付近でネイリンクがボーネン、バンインプのスピードについていけず脱落。追走は2人となるが、オルストラートの丘でアタックをきっかけにスピードが上がった集団に、残り18kmでついに吸収されてしまう。
DVL、QSIが集団を引っ張るが残り13kmで1分46秒、残り10kmで1分31秒とその差がなかなか縮まらない。序盤から懸命に逃げている先頭の2人に動きがあったのは、残り7.3km地点。わずかに前に出たフェースレンが後ろを振り返り、ブシェが付いてこれないとわかると一気にスピードアップ。一方集団でも、なんとか集団から抜け出したいボーネンがスピードを上げるものの、捕まってしまい万事休す。フェースレンは猛追する集団をわずか2秒上回り逃げ切り成功。並み居るプロチームを退け、うれしい優勝を飾った。また、2位にはこれもコンチネンタルプロのハント(UNI)が入り、コンチネンタルプロが1,2フィニッシュとなった。


優勝:フェースレン(JAC) 5:13:22

--
先頭の2人が強かった!
ボーネンは積極的な動きをみせたが、今回は報われず。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-04-09 19:08 | 2006その他ワンデーレース
クールネ~ブリュッセル~クールネ
2006.02.26 第59回クールネ~ブリュッセル~クールネ 194km

残り92kmのKanariebergの丘で、30名ほどの先頭集団からカミングス(LAN)がアタック。カミングスは一人抜け出し先頭を走る。これを追うのはボーネン(QSI1)を含んだ10人ほどの選手。このメンバーは残り80kmでカミングスを吸収し、先頭グループを形成する。
しかし、スピードが緩んだ先頭集団にメイン集団から数名の選手が合流すると、大人数になることを嫌った、マタン(DVL)が残り77km付近でアタック。これに、バグエ(QSI)とベルヌッチ(TMO)が加わり先頭は3人に。この3人に残り61kmでハモンド(DSC)とポスチューマ(RAB)が合流、さらに残り51kmでティス(UNI)が合流することに成功。徐々に人数は増えるものの、集団との差は逆に広がり残り46kmで集団とは1分2秒差となる。
一方昨年優勝のボーネンは追走集団に位置し、先頭集団に追いつくべく自ら追走集団をひく。そしてついに残り39kmで追走集団が先頭集団を捕らえ10人前後の先頭集団となる。またメイン集団でもDVLが懸命に引き、残り35kmで先頭集団を吸収し、集団は一つになる。
ここから残り32kmコーネン(UNI)がアタックすると、再び集団が活性化。ヌイエンス(QSI)、ヴァンデンブルック(DSC)、プロンク(UNI)、デアン(UBB)が集団からの抜け出しに成功する。これに再びボーネンら数名の選手が加わりゴール地点を通過、残り2周回に入る。この先頭集団の中からDVLが先頭をひきライバル達をふるい落とそうとする。その結果先頭はボーネン、ステーフマンス(DVL)ら5人となり、ボーネンのアシストであるバンインプ(QSI)、ヌイエンスらが遅れてしまう。
バンインプらは残り9kmでなんとか追いつくことに成功するが、余計なスタミナを使ってしまったため、作戦変更。バンインプが残り7kmでアタックし、ボーネンのライバル達のスタミナを無くす作戦に出る。これにカウンターでイークホウト(JAC)がアタックをかけ、さらに残り5kmで再びバンインプがアタックをかける。そしてそれまで先頭集団の後方で休んでいたヌイエンスが残り4kmでアタック。これが見事に決まり残り2kmで6秒差をつける。
追走集団では3番手にボーネンがつけ、他の選手をマーク。ヌイエンスの逃げをアシストする。残り1kmで一人アタックをかけるがバンインプがしっかりマークし逃げを許さない。集団での二人の見事のアシストもありヌイエンスが逃げ切り優勝。残り200mから後ろを振り返りつつも喜びながらゴールした。また追走集団でもボーネンとバンインプが手を上げて喜びながらゴールした。

優勝:ヌイエンス(QSI) 4:37:32

--

QSIの連係プレーがみごと!
普段アシストに徹しているヌイエンスに勝たせるなんてボーネンもにくいね~。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-26 20:47 | 2006その他ワンデーレース
アリボクラシック
2006.02.19 第13回アリボクラシック 203.5km

天候はあいにくの雨。
そんななか残り50kmをきった時点でコヨート(COF)、グリウゴ(MRM)、マザンティ(AGC)、ジャニクジィー(AGC)の4人の選手が逃げている。この4人と20人ほどの追走集団との差は1分30秒、集団とは3分50秒差をつけている。
4人は先頭交代を繰り返し、残り37kmで追走集団に1分30秒、集団とも3分25秒と差を保ちながら走行。天気も回復し晴れ間がさし、いよいよ終盤にはいる。
残り34km付近で差を縮められない追走集団からファンボン(DVL)とヒュースホウト(C.A)が抜け出しに成功、前の4人を追い始める。この2人を追ってさらに数名があとを追うが2人のスピードが速すぎるため追いつけない。2人は残り25kmをきったところでついに先頭の4人に追いつくことに成功。さらに、休むことなく残り24km付近でヒュースホウトがアタックをかける。すると残り5人が一瞬けん制状態となりヒュースホウトが完全に抜け出すことに成功。あわてたコヨートとファンボンが抜け出し、ヒュースホウトを懸命に追い先頭は3人となる。
しかし、上り坂に入ると再びヒュースホウトがアタックをかけるとここでファンボンが脱落。先頭は2人となる。この2人はお互い先頭交代を繰り返し追走集団の追撃をかわし、残り3kmへ。
ここからコヨートがゴールスプリントに備え先頭交代を行わなくなる。一方、ヒュースホウトはそんなコヨートを振り返りながら確認しつつも、振り切ろうとアタックをする。しかしコヨートもヒュースホウトの後ろにピタリと付け離れない。そしてこの状態のままいよいよゴール前の直線に入りゴールスプリント。
ゴールスプリントとなると昨年のマイヨベールのヒュースホウトが圧倒的有利かと思われたが
、ゴール手前ぎりぎりで横に並んだコヨートがほんのわずかにヒュースホウトを上回り、アリボクラシックを制した。

優勝:コヨート(COF) 5:28:16

--
ヒュースホウトの動きがよかったですね~。最近はスプリンターのイメージの強い彼ですが、自分の中では数年前のアタッカーのイメージが強いんです。そのアタッカーの彼がこのアリボで久しぶりに見れました。上り坂でアタックしファンボン引き離した時は圧巻でした。ただこのレース一番びっくりしたのがコヨート。スプリント力があるヒュースホウトを相手にゴールスプリント勝負に持ち込んで勝利した彼はすごい!これで、オグレディ移籍後のCOFのスプリンターは彼で決まりかな?
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-03 21:50 | 2006その他ワンデーレース