<   2004年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
トランスワールドスポーツ:908
トランスワールドスポーツ:908

以前お知らせしたトランスワールドスポーツのロミンゲル特集をビデオにとってみてたわけですが、今年のヴェルタの話題になったため、あわてて早送りボタン!!
この特集、ヴェルタが終わってから見たほうがよさそうです・・・。
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-30 19:06 | TV情報
【ヴェルタ・ア・エスパーニャ 第四ステージ】
2004.09.07 ソリア~サラゴサ 167.5km

ライドン(A2R)、イサシ(EUS)ら四人が逃げを決める。この四人と集団との差は、第二スプリントポイント地点で3分6秒差。一方集団では、立て続けに落車が発生。落車がありながらも集団は、残り32km付近で、先頭の四人を吸収する。
しかし、この後集団でアクシデントが立て続けに発生。まず吸収した付近で集団は中切れが発生し、集団は分裂。メンショフ(IBB)、カルディナスらのエースが巻き込まれるものの、アシストたちの働きにより集団に復帰。次に、クネゴ(SAE)やベロキ(SDV)らが落車、パンクを起こしてしまう。
そんなこともありながらも、残り20kmまできた集団から、アスタルロサ(A2R)ら四人がアタックをかける。この四人は25秒前後のタイム差をつけ前を走る。しかしこの四人も残り8kmを切ると吸収される。
そしてそのまま、ゴールスプリントへ。FASの列車からスタートした、ペタッキ(FAS)がザベル(TMO)らの追撃を退けヴェルタ2勝目はあげた。

区間優勝:ペタッキ(FAS) 4:23:01
ゴールドジャージ:ヨアキム(USP) 13:38:59
ポイント賞:ザベル(TMO) 52p
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-30 19:02 | 2004ヴェルタ・エスパーニャ
【ヴェルタ・ア・エスパーニャ 第三ステージ】
2004.09.06 ブルゴス~ソリア 157.1km

今年のヴェルタは開幕以来天候が悪く、今日もところどころ雨が強く振るなどコンディションは悪い。そんななか、フルスマン(QSD)、フリキンゲル(A2R)、ヨアキム(USP)、フェネベルフ(RAB)の四人が逃げを決める。この四人と集団との差は、第一スプリントポイント地点で9分9秒差。この大きなタイム差に守られ、この四人は各スプリントポイントを通過することに成功。
しかし最後までは逃げ切れず、残り8km付近で、TMOが積極的にひく集団に吸収される。集団がひとつになり、ゴールスプリントへの主導権争いが始まるときに、なんとザベル(TMO)がパンクのアクシデント。またゴール前の上り坂を利用してパオリーニ(QSD)がアタックをし、各チームとも列車が崩壊してしまう。そんな状態のなかゴールスプリントが始まり、終始集団の前方にいたバルベルデ(KEL)がするするとスプリントを仕掛け、これが見事に成功。平坦ステージの第三ステージにて、はやくも総合争いの選手がステージ優勝を果たした。
ゴールドジャージは、各スプリントポイントを一位で通過した、ヨアキムが獲得した。

区間優勝:バルベルデ(KEL) 3:43:17
ゴールドジャージ:ヨアキム(USP) 9:16:00
ポイント賞:オグレディ(COF) 34p
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-29 19:49 | 2004ヴェルタ・エスパーニャ
【ヴェルタ・ア・エスパーニャ 第二ステージ】
2004.09.05 レオン~ブルゴス 207km

スペインらしい荒野の中の一直線の道をひたすら走るコース。
そんなコースを逃げているのは、タンキンク(QSD)とセラーノの二人。
この二人を泳がしていた集団だが、この中からライドン(A2R)がアタックし、残り37km付近で二人をかわしトップへ。タンキンクはライドンに追いつき、二人で先頭グループを形成し、30秒前後集団とより先行する。しかし、この二人も残り23km付近で集団に吸収される。
この後、ヴァンホーレン(QSD)がアタックするが、集団が逃げを許さずすぐに吸収される。残り10km付近でFASが集団の前を引き始め、一時VINに先頭を譲ったものの、すぐさま主導権を取り返したFASは、磐石な態勢のまま、ゴールスプリントに持ち込むことに成功。
みごとペタッキ(FAS)のステージ優勝をアシストした。ゴールドジャージは、ポイントを獲得し、ボーナスタイムを取得した、ファンヘースウェイク(USP)が獲得した。

区間優勝:ペタッキ(FAS) 5:02:05
ゴールドジャージ:ファンヘースウェイク(USP) 5:32:44
ポイント賞:ザベル(TMO) 28p
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-27 22:03 | 2004ヴェルタ・エスパーニャ
今週のサイクルロードレース中継
○ 今週のサイクルロードレース中継

今週9月30日(木)のトランスワールドスポーツにてロミンゲルの特集を行うそうです
(たぶん5分くらい)。インデュラインのライバルとしても有名な彼の走りとインタビューをみれそうです。要チェックです。

トランスワールドスポーツ:908
→2004.09.30 17:00~18:00 J-SPORTS2
※初回放送です。10月にも放送予定が組まれてます。

ヴェルタ・ア・エスパーニャ
今週は放送時間に注意が必要ですね。

ヴェルタ・ア・エスパーニャ:第二ステージ
→2004.09.26 22:00~00:00 J-SPORTS3
ヴェルタ・ア・エスパーニャ:第三ステージ
→2004.09.28 07:30~09:30 J-SPORTS3
ヴェルタ・ア・エスパーニャ:第四ステージ
→2004.09.28 22:00~00:30 J-SPORTS3
ヴェルタ・ア・エスパーニャ:第五ステージ
→2004.09.29 20:00~22:00 J-SPORTS3
ヴェルタ・ア・エスパーニャ:第六ステージ
→2004.09.30 20:00~22:00 J-SPORTS3
ヴェルタ・ア・エスパーニャ:第七ステージ
→2004.10.02 22:00~00:00 J-SPORTS3
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-26 14:06 | TV情報
【ヴェルタ・ア・エスパーニャ 第一ステージ】
2004.09.04 レオン~レオン 27.7km

ヴェルタの第一ステージはチームT.T。
風が強く隊列を斜めにして走る姿が見られ、コンディションはあまりよくない状況。
そんななか、トップスタートのA2Rのタイムを更新したのは、FAS。そしてそのタイムを29秒更新したのが、マンセボー(IBB)で総合上位を目指すIBB。その後このタイムを更新するチームがなかなか現れなかったが、11km地点ではIBBのタイムから遅れていたTMOが20kmの計測地点でIBBを上回り、ゴール地点でもIBBより25秒上回ることに成功。
しかしそのタイムを塗り替えたのが、USP。11km、20kmの計測地点でも最速タイムをたたき出し、ゴール地点でもTMOを31秒上回りステージ優勝。
一方、エラス(LST)、ノザル(LST)のLSTは、意外にもタイムが伸びず、USPから1分28秒遅れの8位に終わった。バルベルデ(KEL)で優勝を目指すKELは58秒遅れの4位とまずまずの成績でチームT.Tを終えた。

区間優勝:USP 30:45
ゴールドジャージ:ランディス(USP) 30:45
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-26 12:58 | 2004ヴェルタ・エスパーニャ
今日の読売新聞で・・・
○ ハミルトン、ドーピング疑惑?

今日の読売新聞の朝刊、スポーツ欄に載ってた記事。
アテネ五輪、ロードでドーピング疑惑が持ち上がっているらしいです。
こういう話題でしかロードレースの記事が大手新聞に載らないことがちょっとさびしい・・・。
(先週(たぶん)金曜日に、オチョアのパラリンピックの記事が載ってたのはびっくりしましたが)
今年は、ツール・ド・北海道の記事すら載らなかったし・・・。
ぶつぶつ。

【09/26追記】
※ 09/25の夕刊でハミルトンの続報記事が掲載されてました。捜査続行不可能でお咎めなしみたいなようです。

○ ジャパンカップ

ロット・ドモの代わりに来日するチームがクィックステップに決まりましたね~。
出場予定選手も公式HPにのっているのでチェックしてみてください。
臨時バス等の情報も、雑誌サイクルスポーツに掲載されているとのことで・・・^^;
毎年そうなのかなぁ?知らなかった・・・。ぶつぶつ。

○ 今週のサイクルロードレース中継

いよいよ今週土曜日から、J SPORTSでブエルタ・ア・エスパーニャのTV中継が始まります。

ブエルタ・ア・エスパーニャ:第一ステージ
→2004.09.25 22:00~00:00 J-SPORTS3

これにあわせて、J SPORTS公式HPにブエルタ特集サイトが開設されました。

ブエルタ特集サイトはこちら

※ちょっと酔っ払い気味です。(>▽<;;
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-22 20:02 | その他
ジャパンカップ:臨時バス
電車とバスを利用して会場まで行くボクにとって宇都宮駅から出る臨時バスの時間はとっても重要。公式HPに臨時バスの時間が表示されなくなってから、問い合わせて聞いています。今年も問い合わせの結果、臨時バスの時間がわかりましたのでお知らせします。
バスを利用する方は参考にしてください。

○ 臨時バス
宇都宮駅西口発→森林公園入口
-----------------------------------
07:10→07:43
07:35→08:08
08:00→08:32
08:20→08:52
08:45→09:18
09:10→09:42
12:05→12:38
-----------------------------------

○シャトルバス
ライスセンター→スタート地点
-----------------------------------
08:00→09:30(随時折返し運転)
-----------------------------------

臨時バスは無料で、シャトルバスは¥100です(たぶん)。
どちらも直通です(途中下車不可)。
昨年は09:10発(ごろ?)のバスで、運良く最終のシャトルバスにのれてスタート時間に間に合ったのですが、確実にスタートを見たい方は、08:45発までのバスを利用したほうがいいと思います。出走サインから見たい方は、08:00発までのバスあたりがお勧めです。
また、シャトルバスがなくなると、スタート地点まで数キロ歩くことになるので会場に行くまでに疲れます(ぉ

※この時間で確定とは思いますが、念のため直前に問い合わせをしておいたほうがいいかもしれませんね。また道路の混雑状態で若干発車・到着時間等がかわりますのでご注意を!
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-19 11:09 | ジャパンカップ
【ワールドカップ第八戦:チューリッヒ選手権】
2004.08.24 第九十一回チューリッヒ選手権 240.9km

バレド(LST)、ザブリスキー(USP)の二人が10km付近から逃げを決め、最大20分前後の差を集団につけることに成功。しかし、残り距離が少なくなるにつれ、タイム差が縮まり、8分をきったころ、パレンシティルの上りでサバリスキーがアタックをかける。しかし、下りに入ると逆にバレドが前を走り、結局平坦に入ると再び二人に戻る。
一方集団では残り一周が近づくにつれスピードを上げ、先頭の差は2分をきる。そしてついに先頭では、ザブリスキーが脱落。しかしバレドも集団から抜け出したカーザグランデ(LAM)、ツベルク(GST)、ヴィノクロフ(TMO)、ロジャース(QSD)の四人に抜かれる。
積極的に逃げようとするカーザグランデ、ヴィノクロフとは対照的に、ツベルク、ロジャースはそれぞれエースが控えているため、先頭交代には加わらない。そんなこともあり、この強力なメンバーも残り23km付近で吸収されてしまう。
このあともビラ(LAM)らがアタックを仕掛けるものの成功せず、最後の上りのヴェツウィルに入る。ここで、レヴェリン(GST)がアタックを仕掛ける。ライバルのベッティーニ(QSD)は下りを利用して、レヴェリンに追いつき、この二人にサボルテッリ(TMO)とフリーゴ(FAS)が追いつき先頭は四人へ。残り距離も少いことからこの四人で勝負かと思いきやまたまた集団においつかれ、結局スプリント勝負となる。
ゴールスプリントを制したのは、まっさきにロングスプリントをしかけた、ヒンカピー(USP)の横からあがっていったフレチャ(FAS)。フレチャは、ベッティーニを押さえ、ワールドカップ初優勝をとげた。一方ベッティーニはまたまた二位となった。

優勝:フレチャ(FAS) 6:13:25
ワールドカップ総合:レヴェリン(GST) 314pts
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-16 20:14 | 2004ワールドカップ
ロット・ドモ出場辞退!
10月24日に行われるJAPANCUPに参加が予定されていた、ロット・ドモが出場を辞退した模様です。TT1のチームを間近で見る機会が少ないので出場辞退は非常に残念です。
ただ、JAPANCUP公式HPには、ロット・ドモと同じレベルのプロチームと交渉中とのことで、ひょっとしたらほかのTTチームを見ることができるかもしれません。
急なことでいろいろ大変かもしれませんが、主催者さんがんばってください!
a0021727_21124788.jpg

(写真は、昨年のJAPANCUPにて)

なお、JAPANCUP公式HPにヴェルタのステージ結果がでてるので、要注意です。
(見てしまった・・・)
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-09-13 21:12 | ジャパンカップ