<   2004年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧
今週のサイクルロードレース中継
○ ツール・ド・北海道

→2004.11.03 16:00~18:00 J-SPORTS3

ツール・ド・北海道のハイライトが3日に放送されます。

○ UCIワールドカップ第十戦 ジロ・デ・ロンバルディア

→2004.11.07 17:00~18:45 J-SPORTS3

ワールドカップもついに最終戦ですね。

2004.11.04追記

○ 世界選手権

→2004.11.07 14:10~15:00 NHK BS1

世界戦です。男子T.Tと女子ロードも同じ放送枠だそうです。お見逃しなく。





見難かったのでカテゴリを細分化しました。
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-31 20:09 | TV情報
別府選手、ディスカバリーへ!
別府選手(BGT)が来期より現USPのディスカバリーチームに移籍が決定しました。
すごいですねー。アームストロングがいるチームですよ、奥さん(笑
TVでアシストする姿がばっちり映るかもしれませんね。
活躍期待しています。がんばってください。
ニュースネタはこちら





らんたんるーじゅ本館にヴェルタ2004をアップしました。
本館はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-31 18:40 | 移籍情報
来年のツールにアームストロングは・・・
来年のツールにアームストロングは、
だそうです。

日本のyahoo!に記事が出るの珍しかったのでちょっと紹介して見ました。
あと、同じyahoo!にサイクリングロードというカテゴリが新規にできました。
こちらも興味がある人は覗いてみてください。
サイクリングロードのカテゴリはこちら



もう職場に誰もいないよー。誰もいないから職場で書き書き。
さくさくと今日の仕事終わらせて今日は帰ろうっと。

[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-29 18:17 | その他
第十三回ジャパンカップ その6 -ゴール後のふたり-
ゴール後、健闘をたたえあったシンケビッツ(QSD)とクネゴ(SAE)。
その後クネゴはチームメイトのシュミット(SAE)とともに、表彰ステージのほうへ向かった。
a0021727_1935675.jpg
一方、優勝したシンケビッツは優勝インタビュー。優勝インタビューは今年が初めてかな?ちょうど目の前でインタビューが行われました(ラッキー!)。
今中さんが司会でシンケビッツにインタビュー。
a0021727_1955325.jpg
インタビューも後半になると、シンケビッツのチームメイトがゴール。
a0021727_1982567.jpg
ブラマーティ(QSD)と前半積極的に動いていたフルスマン(QSD)がシンケビッツを祝福します。うわー、こういうシーン見るの生で初めてだよと思いつつ、やっぱりこういうのいいなぁと思いながら見てました。この後シンケビッツも表彰ステージの方へ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-28 19:12 | ジャパンカップ
第十三回ジャパンカップ その5 -ゴール-
ラスト一周に入り、ついに本命のクネゴ(SAE)がアタックをかける。
この情報にゴール前に集まった観客からどよめきが起こる。
クネゴを追うのはシンケビッツ(QSD)とクィンツァート(LAM)。クネゴは後続に8秒差をつけこのまま逃げ切るかと思ったが、昨年二位のシンケビッツがクネゴに追いつき、先頭は二人となる。
この二人はどちらが仕掛けるでもなく、このままゴールスプリント勝負へ。
そして、ゴールスプリントの末勝ったのは、シンケビッツ。昨年二位の雪辱を果たした。クネゴは残念ながら二位。
a0021727_1847774.jpg
三位にはクィンツァートが入り、日本人としては狩野選手(SHI)が最高位の十位に入った。下は左からフザルスキー(ATI)、チェレスティーノ(SAE)、ボッソーニ(LAM)の三人。優勝でなくてもパフォーマンスは忘れてませんね。
a0021727_1850824.jpg


【第十三回ジャパンカップ結果】
優勝:シンケビッツ(QSD) 4:01:30
二位:クネゴ(SAE)
三位:クィンツァート(LAM)

山岳賞:ゴメス(SDV)
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-28 18:55 | ジャパンカップ
第十三回ジャパンカップ その4 -後半戦-
後半戦に入り、逃げる先頭集団と追うメイン集団の差は着実に縮まっていく。
下は逃げる先頭集団。
a0021727_2030764.jpg
こちらは追うメイン集団。
a0021727_20304627.jpg

ついに8周目で、逃げていたメンバーもSAE率いるメイン集団に吸収される。
このメイン集団も徐々に人数が絞られていき、気づけば日本人選手が誰もいなくなってしまい、このまま外国人選手の争いかと思われたが、このあと狩野選手(SHI)が先頭に追いつくことに成功。この情報にみんな大歓声。
ここで、先頭はクネゴ(SAE)らSAE勢が三人、イェーカー(SDV)らSDV勢が三人、クィンツァート(LAM)らLAM勢が二人、そしてシンケビッツ(QSD)と狩野選手の10人となる。
a0021727_2037977.jpg

しかし、この10人もラスト二周目になると先頭はクネゴら数人に絞られついにラスト一周へ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-27 20:40 | ジャパンカップ
今週のサイクルロードレース中継
今週からパリ~ツールの放送があります。
実は昨年パリ~ツールだけ見逃したので個人的には初めて見ることになります。

○ UCIワールドカップ第九戦 パリ~ツール

→2004.10.31 22:00~23:30 J-SPORTS3
etc...

○ ジレットワールドスポーツ:274
→2004.10.25 13:30~14:00 J-SPORTS1
→2004.10.29 11:30~12:00 J-SPORTS2
→2004.10.31 05:30~06:00 J-SPORTS2
→2004.11.01 09:30~10:00 J-SPORTS2
etc...

ジレットワールドスポーツもパリ~ツールの特集です。
こっちは、パリ~ツールを見たあとで見ようかなぁと思ってるので11月の放送を見る予定です。


---
※InterMaxDiary様にリンクさせていただきました。
同じExciteBlogにInterMax様が参加されてるとは!
なんかうれしいです。
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-25 18:38 | TV情報
第十三回ジャパンカップ 番外編 -宇都宮森林公園-
レースの合間に。

どれくらい紅葉してるかなぁ~と思ってきましたが、まだ早いみたいですね。まだまだ緑が目立ちます。
a0021727_13451494.jpg
でも、一部気の早いものはすっかり赤くなってます。
a0021727_13482728.jpg
ここは紅葉の見ごろはきれいでしょね。レースがなければ静かでしょうし、いつかのんびりと散策したいものです。
a0021727_134938.jpg
赤川ダムの貯水池。釣堀で焼き魚売ってたけど、この貯水池の魚なのかな?それとも釣堀の魚なのかな?
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-25 13:51 | ジャパンカップ
第十三回ジャパンカップ その3 -中盤戦-
先頭は依然10人前後のメンバーで、集団とは1分前半の差を保ちながら走る。
一方、後続のメイン集団はSAEがきっちりと前をひき、逃げ集団とのタイム差をコントロール。
a0021727_139156.jpg
上は、4周回目の先頭集団。赤川ダムと釣堀との中間付近にて。
下は、それを追うメイン集団。SAE勢が集団の前方に固まっているのがわかる。
a0021727_13121771.jpg
この後、福島選手(BGT)がアタックをかけ、積極的に動くが先頭集団はそれを許さない。また先頭のスピードについていけない選手が出始める。メイン集団も残り周回が少なくなるにつれ徐々にタイム差を縮め始め、レースはいよいよ優勝争いの後半戦へと入っていく。
a0021727_13263779.jpg
赤川ダムを入れて、レースを取ってみようと思ったんですけど失敗^^;
ちなみに上は5周目の先頭集団。

5周目を見た後、お昼休憩。
年々餃子の列が長くなっていくのは気のせいでしょうか^^;
というわけで、今年は餃子あきらめました><
昨年食べた牛串がおいしかったので、牛串&焼き鳥もやってたので焼き鳥二本でお昼は終了ー。
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-25 13:37 | ジャパンカップ
第十三回ジャパンカップ その2 -前半戦-
例年は日本人選手たちが、序盤から大きな逃げを決めるジャパンカップだが、今年は違い、はやくも先頭集団にフルスマン(QSD)など有力チームの外国人選手が含まれている。
そんな中、前半最初の見所となるのは3周目に設置された山岳ポイント争い。
山岳ポイントは、古賀志林道頂上にあり、多くの観客が集まる観戦ポイント。
a0021727_2271027.jpg

まして山岳争いが関わってるため、応援もヒートアップ。
そんな観客の前にまず視界に飛び込んできたのは、橋川選手(KNN)。しかし、それを山岳ポイント直前でかわし、山岳ポイントを獲得したのはゴメス(SDV)。
こうして3回設置されている山岳ポイントのひとつが終了。
a0021727_2264670.jpg

この後二人の選手は逃げメンバーに戻り、集団に対しおよそ1分前半の差をつけ中盤戦へとレースは入っていく。
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-10-24 22:21 | ジャパンカップ