<   2005年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧
【ジロ 第八ステージ】
2005.05.15 ランボレッキオ~フィレンツェ 45km

前半の勝負どころとなる個人T.T。
暫定トップタイムはザブリスキー(CSC)。
このタイムを目標に、まず今日の優勝候補のゴンチャール(DOM)が中間計測ポイントで2秒遅れで通過する。総合を狙う有力勢のなかから、バッソ(CSC)が8秒更新することに成功。バッソは絶好調で残り20km手前で前を走っていたモレーニ(QSD)をかわし、第二計測ポイントを目指す。
ここでバッソはザブリスキーと同タイムで通過し、ゴールを目指す。この第二計測ポイントでトップタイムをたたき出したのが、サヴォルテッリ(DSC)。第一計測ポイント後からの得意の下りを利用し、ザブリスキーのタイムを8秒上回る。他の有力勢もディルーカ(LIQ)が30秒、ガルゼッリ(LIQ)が37秒遅れとまずまずのタイムで通過。
そしてゴール地点。バッソはザブリスキーのタイムを更新することができなかったが大健闘の17秒遅れの二位でフィニッシュ。一時トップタイムを更新したサヴォルテッリは44秒遅れの三位に入り、この二人は総合でも二位、三位にジャンプアップに成功した。

ステージ優勝;ザブリスキー(CSC) 0:58:34
総合トップ:ディルーカ(LIQ) 36:06:47
インテルジロ:クラウス(GST)
山岳賞:ペレス(LST)
ポイント賞:ディルーカ(LIQ)

--
チッポリーニ早くも登場^^;
なんかスタート地点で「マリオッ・チッポリーニ~」って声がしてたので、来てるんだなぁと思ってたけど、まさかチームカーにいたとは。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-31 21:05 | 2005ジロ・デ・イタリア
悪夢だ・・・
油断した・・・。
今日の読売新聞の夕刊にジロの結果載ってるよ・・・。
何気なしに夕刊見てたら、結果見てしまったよ。
シクシク。
結果を知ってからTV見るとつまらくなるから、情報系サイトずーっと見てなかったのに・・・。
シクシクシクシク。
でも逆にいうと、サイクルロードレースが新聞に出るぐらい認知度が上がってるってことなのかな。
来年からはジロ終了日あたりの新聞スポーツ欄は見るのをやめよっと。

と、とりあえず、
ジロ結果を知りたくない人は、今日明日の新聞は要注意だ!!!
って言っておきます。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-30 21:35 | 2005ジロ・デ・イタリア
【ジロ 第七ステージ】
2005.05.14 グロセート~ビストイア 211km

チェレスティーノ(DOM)ら21人の選手が逃げている。
ゴール直前に設定されたカテゴリー1級の山岳をまえにしてこの中から、ザンピエーリ(PHO)がアタック。これにペレス(LST)とゴメス(SDV)が加わり先頭は三人へ。山岳に入り、ゴメスはついていくので精一杯。ゴメスは、ザンピエーリのアタックで先頭から脱落、またザンピエーリ自身もペレスのアタックについていけず先頭はペレスのみとなる。
一方集団では、山岳ポイント狙いでルハノ(CLM)がスピードを上げる。このスピードにベッティーニ(QSD)がついていけない。ベッティーニを遅れたのを知ると、集団先頭で、ディルーカ(LIQ)、シモーニ(LAM)、クネゴ(LAM)がスピードを上げる。今度はこのスピードにバッソ(CSC)、ガルゼッリ(LIQ)がついていけない。ディルーカ集団とバッソらは約30秒の差。バッソらはライバルの前方集団に追いつこうとスピードを上げるが、ディルーカらも差を広げたいため差はつまらない。そして悪いことにガルゼッリが落車。ガルゼッリ、チオーニ(LIQ)は総合争いから大きく脱落してしまう。一方バッソもディルーカ、シモーニらに追いつくことができず、30秒のタイムロスを生じてしまった。
ステージ優勝は、前半から逃げていたペレスが逃げ切り、うれしいステージ優勝をあげた。

ステージ優勝;ペレス(LST) 5:08:17
総合トップ:ディルーカ(LIQ) 35:06:41
インテルジロ:クラウス(GST)
山岳賞:ペレス(LST)
ポイント賞:ディルーカ(LIQ)

--
市川さんキタ━━\(゚∀゚)/━━ !!!!!
毒舌トークはまだ30%ぐらいかな?
100%を楽しみにしてます(爆
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-30 21:26 | 2005ジロ・デ・イタリア
第9回ツアー・オブ・ジャパン その7
レースの模様その3
逃げている先頭集団
a0021727_1445378.jpg

それを追うメイン集団
※上のと周回は違います(方向も)。しかも遠くてスイマセン。
a0021727_14461335.jpg

[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-29 14:45 | ツアー・オブ・ジャパン
【ジロ 第六ステージ】
2005.05.13 ヴィテルポ~マリーナ・ディ・グロッセート 153km

今日でジロも3分の1(はやい!)。
コボ(SDV)が集団から抜け出し、ひとり先頭を走る。
山岳ポイントを取った時点で、コボと集団とのタイム差はおよそ1分。
コボは下りに入り、山岳ポイント狙いで集団から飛び出したフェネベルク(RAB)ら3人と合流し、先頭は4人となる。集団はこの4人との差をおよそ30秒前後に保ちながら逃がし続ける。
ゴールまで残り距離が少なくなり、残り28km付近で先頭からまずコボが逃げるのをやめる。
残った3人も周回コースに入るまでに吸収され、集団コンプリートで周回コースに入る。
周回コース2周回目で集団前方をFDJが引き始める。しかしラスト1周に入り、残り5kmになるとFASが引き始め、ペタッキ(FAS)初勝利にむけて万全の体制を整える。しかし、FASトレインがなんとカーブでコースアウト。FASトレインが壊滅してしまう。
この前方での落車から難を逃れたマキュアン(DVL)は、チームメイトのボーヘルス(DVL)を先に行かせライバルたちを混乱させる。多少戸惑ったスプリンター勢を横目にマキュアンがスプリント。キルシプー(C.A)を振り切りジロ2勝目を飾った。
一方マリアローザは途中、インテル・ジロのボーナスタイムを獲得したベッティーニが再度獲得した。


ステージ優勝;マキュアン(DVL) 3:37:17
総合トップ:ベッティーニ(QSD) 29:58:09
インテルジロ:クラウス(GST)
山岳賞:ルハノ(CLM)
ポイント賞:マキュアン(DVL)

--
ペタッキ(FAS)は今年ついてないですね。
あの列車を見たとき今日はペタッキかなぁと思ったのですが、まさかあんなことあるなんて。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-29 14:35 | 2005ジロ・デ・イタリア
【ジロ 第五ステージ】
2005.05.12 チェラーノ~ラクイラ 223km

一級の山岳をルハノ(CLM)がトップ通過。遅れること1:10遅れでマリアローザのベッティーニ(QSD)を含んだ追走集団が通過し、トップから2:32秒遅れでメイン集団が通過する。
山岳ポイント狙いだったルハノは下りに入り後続の追走集団を待ち合流、先頭は9人となる。
しばらくはこの9人で走っていたが、メイン集団にエースを残すLAM、LIQの選手が入っているためスピードが上がらない。そんななか残り45km付近でロドリゲス(SDV)がアタック。ロドリゲスは徐々にベッティーニらにタイム差を広げていったが、残り23km付近で再度吸収されてしまう。
残り20km付近で今度はバッラ(CLM)とエルティンク(RAB)が飛び出し、この二人にペドロフ(LAM)とペレス(LST)が合流し4人となる。しかしこの4人もゴールまで逃げ切ることはできず、残り4km付近で残念ながら吸収されてしまう。
今日のステージ優勝争いは、またしてもゴール前に丘があり、有力なスプリンター勢が前方から姿を消してしまう。そんななかスプリントをかけたのがブルセギン(FAS)。日ごろペタッキ(FAS)をアシストするだけあって速かったが、ゴール直前にディルーカ(LIQ)にかわされ残念ながらステージ優勝ならず。一方勝ったディルーカはうれしい地元勝利でマリアローザを手に入れることに成功した。

ステージ優勝;ディルーカ(LIQ) 6:01:18
総合トップ:ディルーカ(LIQ) 26:20:55
インテルジロ:クラウス(GST)
山岳賞:ルハノ(CLM)
ポイント賞:ディルーカ(LIQ)

--
SDV毎ステージ目立ってます!
SDVファンとしてはうれしいです。
ツールのときもあの黄色のジャージで出るのかなぁ?
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-29 14:09 | 2005ジロ・デ・イタリア
【ジロ 第四ステージ】
2005.05.11 ジッフォーニ・ヴァッレ・ビアーナ~フロシノーネ 211km

バスール(COF)とピノッティ(SDV)の二人が逃げている。
5分以上集団から逃げていたが、残り30kmをきると集団に吸収される。
その後集団は、FDJが前を引いていくが残り15km付近で落車が発生し、その結果集団が分裂してしまう。先頭集団は、後続にライバルとなるサボルテッリ(DSC)が含まれていることがわかり、スピードを上げはじめる。
残り5km付近の丘で先頭からヒメネス(EUS)がアタック。これを追うようにベッティーニ(QSD)が先頭集団をひっぱり、ヒメネスを吸収。ここで先頭集団をさらに絞ることに成功する。そしてこのまま下りに入りゴールスプリント。
ベッティーニとクック(FDJ)の争いとなるが、クックの進路とベッティーニの進路が同じになってしまい、行き場を失ったクックがフェンスに激突、落車してしまう。ベッティーニはトップでゴールラインを通過するが、クックの進路を妨害したと判定がくだり降格処分。このステージ繰上げでマッツアンティ(PAN)が区間優勝となった。

ステージ優勝;マッツアンティ(PAN) 5:10:09
総合トップ:ベッティーニ(QSD) 20:19:44
インテルジロ:クラウス(GST)
山岳賞:チオーニ(LIQ)
ポイント賞:ベッティーニ(QSD)

--
リプレイを見る限り、ベッティーニは故意でやってないみたいですけど、あれだけ激しい落車をみると、降格処分はしょうがないかなぁと思いました。クックにしてみれば、久しぶりのグランツール区間優勝がかかってただけにくやしかったでしょうねぇ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-28 23:16 | 2005ジロ・デ・イタリア
【ジロ 第三ステージ】
2005.05.10 ディアマンテ~ジッフォーニ・ヴァッレ・ビアーナ 205km

今日はヴァンホート(CLS)が一人旅。
集団は安定したスピードで前のヴァンホートとの差を詰めていく。
そして集団は、残り25km付近でヴァンホートを吸収する。
残り15km付近より今日の勝負どころである山岳に入り、ベッティーニ(QSD)とディルーカ(LIQ)が集団のスピードを上げる。ここからティラロンゴ(PAN)、アントン(EUS)らが立て続けにアタックを繰り返し先頭集団は活性化。その一方、ペタッキ(FAS)らスプリンター選手はこのスピードについていけず今日のゴール争いから脱落してしまう。
頂上を過ぎると先頭は、チオーニ(LIQ)、ガルゼッリ(LIQ)が前を強烈に引き始め、余計なアタックを起こさせない。そしてこのままゴールスプリントに突入する。
ベッティーニがディルーカの後ろにつけ、スプリントをかけるが、ディルーカと進路があってしまい、ステージ優勝争いから脱落。ディルーカとクネゴ(LAM)の争いとなるが辛くもディルーカが逃げ切りステージ優勝。献身的な二人のアシストにこたえた形となった。一方マリアローザはベッティーニの手に再び戻ることとなった。

ステージ優勝;ディルーカ(LIQ) 5:24:17
総合トップ:ベッティーニ(QSD) 15:09:35
インテルジロ:クラウス(GST)
山岳賞:チオーニ(LIQ)
ポイント賞:マキュアン(DVL)

--
ベントソ(SDV)が今日もスプリントに絡んだ。あの山岳で先頭集団のスピードについていけたことにびっくり。純粋なスプリンターじゃないのかな?
今日はコースに変な人登場^^;はた迷惑な人だ。。
あと表彰のときにベッティーニにキスした人、情熱的過ぎ^^;
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-27 21:31 | 2005ジロ・デ・イタリア
【ジロ 第二ステージ】
2005.05.09 カタンザーロ・ソド~サンタ・マリア・デル・セドロ 182km

今日は落ち着いた展開。
集団は終盤勝負どころまで、先頭の六人を泳がせる。
そして残り23km付近で最後まで残ったビショ(FDJ)を吸収し周回コースに入る。
ここからはゴールスプリントに向けて位置争いを開始。FAS、CSCが先頭をひくが、残り3kmをきったあたりになるとFASが完全にコントロールとなる。
しかしラスト1kmになると、FASトレインが崩壊。
混沌としたゴールスプリントとなる。
キルシプー(C.A)と逆サイドからベントソ(SDV)がスプリントをしかけるが、このステージ、勝ったのはマキュアン(DVL)。
マキュアンはキルシプーの後ろにつけ、スピードに乗りゴールスプリントへ。
クック(FDJ)らをしりぞけ、ステージ優勝。
ボーナスタイムも獲得し、マリアローザも手に入れた。

ステージ優勝;マキュアン(DVL) 4:34:47
総合トップ:マキュアン(DVL) 9:45:14
インテルジロ:クラウス(GST)
山岳賞:フェネベルク(RAB)
ポイント賞:マキュアン(DVL)

--
SDVにも強いスプリンターがいたんですねー。
これから、平坦ステージはベントソに注目したいと思います。
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-25 22:00 | 2005ジロ・デ・イタリア
【ジロ 第一ステージ】
2005.05.08 レッジョ・カラプリア~トロペア 208km

ザニーニ(QSD)、フェネベルク(RAB)、クラウス(GST)、スカルセッリ(CLM)の四人が20km付近から逃げている。この四人は、集団とのタイム差を最大で約10分つけることに成功する。しかし残り距離が縮まるにつれタイム差が縮まり、そのタイム差が3分をきったところで先頭からひとりフェネベルクが飛び出す。
フェネベルクは今日ひとつだけ設定されたGPMを先頭で通過し粘りを見せたが、残り20kmをきると集団に吸収される。
この後ベネト(BTL)がアタックをかけて一時的に飛び出す動きを見せたが、ほぼ集団のままレースは展開。終盤に入り集団はFASがコントロールし、ゴールスプリントに備えはじめる。
しかしゴールまで2km付近からのぼりに入り、ラスト1kmになるとベッティーニ(QSD)がアタックをかける。このアタックにFASのアシストやスプリンター勢がついていけず、徐々に差が広がっていく。結局ベッティーニに誰も追いつくことができず、ベッティーニはジロ初となるステージ優勝を飾り、念願のマリアローザを手にした。

ステージ優勝;ベッティーニ(QSD) 5:09:32
総合トップ:ベッティーニ(QSD) 5:10:35
インテルジロ:クラウス(GST)
山岳賞:フェネベルク(RAB)
ポイント賞:ベッティーニ(QSD)

--
海がきれいだー。
ちょっと現実逃避できました^^;
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-05-24 22:39 | 2005ジロ・デ・イタリア