<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
皆既日食 -エクリプス2006-
明日、皆既日食なんですね。
残念ながら日本では見えないみたいですが、ネットでLive中継をするらしいです。
時間は日本時間で夜6時。
現地の天気が快晴であることを願いPCの前で観測しましょう~。

LIVE! ECLIPSE 2006のHPはこちら

トルコと日本の会場つなぎ映像送る 国立天文台の記事はこちら


※2006.03.29追記
えっと。。。これから皆既日食っていうところで動画が・・・orz。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-28 22:52 | 宇宙
クールネ~ブリュッセル~クールネ
2006.02.26 第59回クールネ~ブリュッセル~クールネ 194km

残り92kmのKanariebergの丘で、30名ほどの先頭集団からカミングス(LAN)がアタック。カミングスは一人抜け出し先頭を走る。これを追うのはボーネン(QSI1)を含んだ10人ほどの選手。このメンバーは残り80kmでカミングスを吸収し、先頭グループを形成する。
しかし、スピードが緩んだ先頭集団にメイン集団から数名の選手が合流すると、大人数になることを嫌った、マタン(DVL)が残り77km付近でアタック。これに、バグエ(QSI)とベルヌッチ(TMO)が加わり先頭は3人に。この3人に残り61kmでハモンド(DSC)とポスチューマ(RAB)が合流、さらに残り51kmでティス(UNI)が合流することに成功。徐々に人数は増えるものの、集団との差は逆に広がり残り46kmで集団とは1分2秒差となる。
一方昨年優勝のボーネンは追走集団に位置し、先頭集団に追いつくべく自ら追走集団をひく。そしてついに残り39kmで追走集団が先頭集団を捕らえ10人前後の先頭集団となる。またメイン集団でもDVLが懸命に引き、残り35kmで先頭集団を吸収し、集団は一つになる。
ここから残り32kmコーネン(UNI)がアタックすると、再び集団が活性化。ヌイエンス(QSI)、ヴァンデンブルック(DSC)、プロンク(UNI)、デアン(UBB)が集団からの抜け出しに成功する。これに再びボーネンら数名の選手が加わりゴール地点を通過、残り2周回に入る。この先頭集団の中からDVLが先頭をひきライバル達をふるい落とそうとする。その結果先頭はボーネン、ステーフマンス(DVL)ら5人となり、ボーネンのアシストであるバンインプ(QSI)、ヌイエンスらが遅れてしまう。
バンインプらは残り9kmでなんとか追いつくことに成功するが、余計なスタミナを使ってしまったため、作戦変更。バンインプが残り7kmでアタックし、ボーネンのライバル達のスタミナを無くす作戦に出る。これにカウンターでイークホウト(JAC)がアタックをかけ、さらに残り5kmで再びバンインプがアタックをかける。そしてそれまで先頭集団の後方で休んでいたヌイエンスが残り4kmでアタック。これが見事に決まり残り2kmで6秒差をつける。
追走集団では3番手にボーネンがつけ、他の選手をマーク。ヌイエンスの逃げをアシストする。残り1kmで一人アタックをかけるがバンインプがしっかりマークし逃げを許さない。集団での二人の見事のアシストもありヌイエンスが逃げ切り優勝。残り200mから後ろを振り返りつつも喜びながらゴールした。また追走集団でもボーネンとバンインプが手を上げて喜びながらゴールした。

優勝:ヌイエンス(QSI) 4:37:32

--

QSIの連係プレーがみごと!
普段アシストに徹しているヌイエンスに勝たせるなんてボーネンもにくいね~。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-26 20:47 | 2006その他ワンデーレース
ブルージュの丘 その2
横浜にあるケーキ屋さん、ブルージュの丘。
a0021727_11521436.jpg

a0021727_11523224.jpg

a0021727_11524318.jpg

a0021727_1152519.jpg

甘さ控えめでうまうまです。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-26 11:54 | グルメ
ジンギスカンキャラメル
ジ、ジ、ジンギスカ~ン♪

a0021727_20402994.jpg

すごい食べ物をもらっちゃいました!
まずいとは聞いていたのですが、



不味すぎます!




もう味の表現は不可能です・・・。
あまりの不味さに、一粒食べ終わるまでに1時間かかりました。
(でもちゃんと食べたんですよ、えらいでしょ)
途中からどうにもならずにコーラ飲みながら食べてましたけどね^^;

興味のある人は、ジンギスカンキャラメルでググッた上で、ぜひ食べてください。
命の保障はしませんけどね(笑)
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-24 21:00 | グルメ
2006ツアー・オブ・カタール
ボーネンつよ!
らくだレースこわっ!!


ビデオに録画していたカタールをようやく見ました。
で、見た感想がこれ(笑
ほかに書きようがないです^^;
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-16 20:45 | その他国外レース
2006ツアー・ダウン・アンダー
今回もCyclingTVにて観戦。
公式での映像よりもはるかに長い動画がみれます。

《クラシック》
これは、プロローグ的なものなのかな?最初のステージはマキュアン(DVL)がスプリントを制しステージ優勝。

《第1ステージ》
序盤マキュアンとヒュースホウト(C.A)が話しながら走る場面が・・・。ライバル同士ながら序盤はまったりムード。
このステージスプリントポイント争いが激しく、第1,2スプリントポイントを激戦のすえゲランス(A2R)が制す。その後、ゲランス、マキュアンら先頭4人が逃げ集団を形成、その中からゲランスが残り5kmで飛び出しゴールを目指す。ゲランスを追ってサンチェス(LSW)が追撃をかけるが届かず、ゲランスがステージ優勝。

《第2ステージ》
第1山岳ポイントでスプリントの結果またもやゲランスがトップ通過。昨日からなんなんだこの人は^^;
丘で先頭集団からクラーク(AUS)がアタック。これに対し残り10数名の選手はお見合い状態。そんな先頭集団の後方からデービス(LSW)がアタックをかけ、ひとりクラークにおいつく。
この二人は後方の追撃メンバーからの逃げ切りに成功、ゴールスプリントへ。ゴールまで残り150m付近でクラークの後ろにつけていたデービスがスプリントをかけると一気に勝負が決まり、デービスがステージ優勝。

《第3ステージ》
昨日までの平坦ステージとは違い今日はオーストラリアにしては珍しくのぼりが多いステージ。そのためか集団の前方でゲランスを守るべくA2Rがしっかりと前をひく。
先頭集団では山岳ポイントを狙って動きがあり、ここはエバンス(DVL)が制す。この後、エバンスを含めた3人の先頭メンバーからバレド(LSW)がアタックし、単独トップにたつ。そしてこのまま下りきったバレドがステージ優勝。

《第4ステージ》
20名前後の先頭集団とメイン集団との差は第2スプリントポイント手前で6分18秒差。しかし先頭は山岳ポイントを通過する時点でクラークとヴァンホウト(AUS)のUNISAの2人に。
この2人はゴールまで逃げ切り、手をつなぎガッツポーズしながらゴール。並み居る競合チームがいるなかで難しいと思われたUNISAの大金星となるステージ優勝だった。

《第5ステージ》
アデレードを18周するクリテリウム。5人の選手が先行。レースも終盤に入るとこの5人の中からパオリーニ(LIQ)がアタック。しかし5人を含めゴールまで逃げ切ることができず集団に吸収、ゴールスプリントとなる。
絶好の位置につけたヒュースホウトとその後ろにつけたマキュアンのゴールスプリントであったが、ゴール手前で中央からあがってきたデービスが二人を抑えステージ優勝。今期2勝目をあげ、ゴール後マキュアンと健闘の握手を交わした。
総合優勝はゲランスが第1ステージから総合を守って初優勝。今年からプロチームに昇格したA2Rにとって幸先のいいスタートとなった。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-10 21:35 | その他国外レース
アリボクラシック
2006.02.19 第13回アリボクラシック 203.5km

天候はあいにくの雨。
そんななか残り50kmをきった時点でコヨート(COF)、グリウゴ(MRM)、マザンティ(AGC)、ジャニクジィー(AGC)の4人の選手が逃げている。この4人と20人ほどの追走集団との差は1分30秒、集団とは3分50秒差をつけている。
4人は先頭交代を繰り返し、残り37kmで追走集団に1分30秒、集団とも3分25秒と差を保ちながら走行。天気も回復し晴れ間がさし、いよいよ終盤にはいる。
残り34km付近で差を縮められない追走集団からファンボン(DVL)とヒュースホウト(C.A)が抜け出しに成功、前の4人を追い始める。この2人を追ってさらに数名があとを追うが2人のスピードが速すぎるため追いつけない。2人は残り25kmをきったところでついに先頭の4人に追いつくことに成功。さらに、休むことなく残り24km付近でヒュースホウトがアタックをかける。すると残り5人が一瞬けん制状態となりヒュースホウトが完全に抜け出すことに成功。あわてたコヨートとファンボンが抜け出し、ヒュースホウトを懸命に追い先頭は3人となる。
しかし、上り坂に入ると再びヒュースホウトがアタックをかけるとここでファンボンが脱落。先頭は2人となる。この2人はお互い先頭交代を繰り返し追走集団の追撃をかわし、残り3kmへ。
ここからコヨートがゴールスプリントに備え先頭交代を行わなくなる。一方、ヒュースホウトはそんなコヨートを振り返りながら確認しつつも、振り切ろうとアタックをする。しかしコヨートもヒュースホウトの後ろにピタリと付け離れない。そしてこの状態のままいよいよゴール前の直線に入りゴールスプリント。
ゴールスプリントとなると昨年のマイヨベールのヒュースホウトが圧倒的有利かと思われたが
、ゴール手前ぎりぎりで横に並んだコヨートがほんのわずかにヒュースホウトを上回り、アリボクラシックを制した。

優勝:コヨート(COF) 5:28:16

--
ヒュースホウトの動きがよかったですね~。最近はスプリンターのイメージの強い彼ですが、自分の中では数年前のアタッカーのイメージが強いんです。そのアタッカーの彼がこのアリボで久しぶりに見れました。上り坂でアタックしファンボン引き離した時は圧巻でした。ただこのレース一番びっくりしたのがコヨート。スプリント力があるヒュースホウトを相手にゴールスプリント勝負に持ち込んで勝利した彼はすごい!これで、オグレディ移籍後のCOFのスプリンターは彼で決まりかな?
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-03 21:50 | 2006その他ワンデーレース
チーム・バン・サイクリング
コンチネンタルチームとして発足したチーム・バン・サイクリングの記者会見が行われたみたいですね。今日の読売新聞の朝刊に載っていたのでひょっとしたらWeb上でもあるかなぁって思ったら結構ありました。公式HPで見てみたら今度の日曜日がチーム最初のレースになるみたいです。おもに海外での活動となりますが、5月のTour of JAPANで日本でも観戦できそうです。楽しみですね~。

最高峰出場を目指す【デイリースポーツ】
新城は挑む ツール・ド・フランス出場目標【琉球新聞】
チーム・バン・サイクリング、最高峰を目指す【サンケイスポーツ】
ツール・ド・フランス目指しチーム発足【日刊スポーツ】
日本初、プロの自転車ロードレースチームが誕生【読売新聞】

チームVANG公式HPはこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-03-02 20:09 | ネットニュース