<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ネットで見る10月のロードレースニュース


◎ジャパンカップ

リッコ初優勝 【ZAKZAK】

深まる秋、9カ国疾走 【毎日新聞】

栃木路快走、宇都宮でジャパンカップ 【産経新聞】

リッコが優勝を飾る 【AFP NEWS】

日本でトップクラスのレースなだけにちゃんと新聞に出てるみたいですね。でも今年はちょっと少なめ?




◎ツール・ド・フランス

来年はロンドンスタート 【読売新聞】

来年のコース日程を発表 【時事通信】

来年はロンドンから 【日刊スポーツ】

27日の読売新聞夕刊にも出ていましたが、来年のツールスタート地が正式にロンドンに決まりました。ミラーはプロローグに勝てるかな??



◎その他

銀輪スピード全開 飯田で実業団自転車レース 【北陸中日新聞】

飯田でホームタウン構想発表会 【北陸中日新聞】

福島晋一選手が中心になり、ロードレースに積極的なアプローチをかける飯田市をホームタウンとしたチームを結成したそうです。ちなみにバンはどうなったの?

男性の代表ランキング 4位にランスが 【CNN】

恥ずかしい話しながらトップ5、ランスしか知りませんでした(汗

ベッティーニ コッラーリ・ドーロ賞獲得 【CNN】

イタリアスポーツ界でもっとも名誉ある賞でもあるコッラーリ・ドーロ賞にベッティーニが輝いたそうです。他の受賞者もそうそうたるメンバーです。



[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-28 10:47 | ネットニュース
CYCLE MODE international 2006
えー、
バッソがくるらしいです!
これは行くしかない!!
ジャパンカップ見にいけなかった分、ミーハーしてきます!

CYCLE MODE international 2006の公式HPはこちら

バッソ、今中さんの対談決定ニュースはこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-23 20:51 | 国内イベント
2006ジャパンカップ
用意はかなり前からしていて万全だったのに、
結局見に行かれなかったです。。。
昨年行けなかったので二年越しで楽しみにしていただけに残念。
来年は行けるといいなぁ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-23 20:39 | ジャパンカップ
ジロ・デ・ロンバルディア
2006.10.14 第100回ジロ・デ・ロンバルディア 246km

世界チャンピオンのベッティーニ(QSI)が積極的にレースを展開する。
終盤戦に差し掛かりスピードを上げるとメイン集団を分解させ、ベッティーニ、ディルーカ(LIQ)、ボーヘルト(RAB)、シュレック(CSC)、レヴェリン(GST)、サンチェス(EUS)、リッコ(SDV)の7人に絞込み、序盤から逃げていたトーチニヒ(GST)とパゴット(PAN)を吸収する。
ここで休むことなくスピードを上げるととトーチニヒ、リッコ、サンチェスと脱落。遅れたメンバーは追いついてきた数人と合流し7人となり、前を追う。しばらくするとこの7人は先頭の5人に追いつき、12人となる。
この12人のままのぼりに入ると、トーチニヒ、リッコ、パゴットが脱落。さらにディルーカのアタックをきっかけに、ベッティーニが抜け出しに成功する。ヴェヒマン(GST)が反応するものの、ベッティーニまであと少しという距離になるもののなかなかその差を詰めることができない。のぼりが終わり下りとなり、平坦に入った街中でようやくベッティーニに追いつくが、最後の上りに入ると、再びベッティーニに離されてしまう。
勝負どころと見たベッティーニはスピードを落とさず、一人ひた走る。のぼりで15秒のアドバンテージを得てそのままアドバンテージを守りきり、ゴール地点に駆け込み連覇達成。ゴール前人差し指を空に指しゴールし、亡き兄にこの勝利を捧げた。
2位にはヴェヒマンに追いついたサンチェスがゴールスプリントを制しゴール。3位には健闘を見せたヴェヒマンが入った。また、表彰式はプロツアー問題の影響で行われず。さびしい最終戦となった。

優勝:ベッティーニ(QSI) 6:08:06

UCI総合優勝:バルベルデ(CEI) 285pts
--

ベッティーニが思い描いていたとおりにことが運んで優勝したって感じ。
レース展開を完璧に支配できるのはさすがというところです。

話しかわっていよいよ明日はジャパンカップ。
天候も良さそうだし、見るほうにとっても好条件かも。
どんなレースが見れるか楽しみです~。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-21 14:38 | 2006プロツアー(ワンデー)
Dogalog
【※2006.10.18編集】

さっそくDogalogに投稿。
テスト的に今年のツアー・オブ・ジャパンの動画を載せてみました。

第10回ツアー・オブ・ジャパン01

第10回ツアー・オブ・ジャパン02

第10回ツアー・オブ・ジャパン03

第10回ツアー・オブ・ジャパン04

どうでしょう?
画質が悪いのは勘弁で^^;
機会があったら動画追加していきたいと思います~。

ブログに動画を表示させたいんだけど、
”ブログにプレイヤーを埋め込む”で使えるのは今のところはリンクタグのみ!?
embedやobjectが使えたらいいのに。

ドガログHPはこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-17 23:25
2000、2001ツールを振り返って見たよ
再びビデオで見るツール・ド・フランス。

まずは2000。
この年の見所はランスVSパンターニのモンバントゥ対決!!
このときの対決があとあとまでランスの戦いに影響を与えるとは当時は思いもしませんでした。
また、個人的にはヒメネスVSパンターニのクライマー対決。
すでに故人となった2人の最後の直接対決は必見です。
それにしても、この年のツールの参加者はすごく豪華。
各チームのエースは、
USポスタルはランス、ドイチェテレコムはウルリッヒ、メルカトーネウノはパンターニ、バネストはツーレ、オンセはオラーノ、ケルメはエスカルティン、フェスティナはモロー、ポルティはビランクなど。ベロキがフェスティナにいたり、ビランクのアシストでエルベががんばってたり。すごく印象深いツールでした。ちなみにこの年ミラーとボテロが初優勝なんて年だったりします。

続いて2001。
この年はなんていってもシモン!
シモン4兄弟の末っ子がついに主役に躍り出てフランス人が沸きに沸いた年でした。
あとはキビレフ。
山岳ではランス、ウルリッヒ、ベロキそしてキビレフの4つ巴の戦いが繰り広げられました。
当時を振り返ると本当に彼の死は痛い。
ひょっとするとヴィノクロフより早くグランツールを取っていたかもしれないなって思ってしまいました。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-15 21:51 | その他
パリ~ツール
2006.10.08 第100回パリ~ツール 254.5km

速い展開でレースが進み、残り30kmをきって先頭はアルベセン(CSC)、ガスパロット
(LIQ)、ヴァンインプ(QSI)、モレーニ(COF)、ゲドン(FDJ)の5人。この5人と集団との差は45秒。この5人のうちヴァンインプに機材トラブルが発生し、しばらくは後方につけていたが脱落。残り15kmで集団に吸収される。
残り距離が少なくなり集団も猛追。集団から先頭の4人が視界に入った頃、のぼりを利用してゲドンがアタックをかける。ゲドンは3人を置いていき一人前を走るが、下りに入りアルベセンが合流し先頭は2人となりゴールを目指す。2人と集団との差は残り4.3kmで17秒差。そして残り3.3kmで11秒差と息を抜けない展開が続く。集団でも先頭を目指しアタックが繰り返されるが、集団から抜け出すことができずラスト1kmへ。
残り1kmをきるとゲドンはアルベセンの後ろにつき前へ出ない。アルベセンも蛇行を繰り返しなんとかゲドンを前へ出そうと試みる。そして残り200mでゲドンがアタック。ゲドンは逆サイドに向かいスピードを上げゴールを目指す。一方アルベセンもすぐに反応しゲドンのスリップストリームを利用して逆転を狙うが、ゲドンの前に出ることができず、ゲドンが100回の記念大会を制した。

優勝:ゲドン(FDJ) 5:31:00

--
レース展開が速く1時間も映像が見れなかったけど、レース内容がすごくよかったですね。
おいつきそうで追いつかない展開が最後まで続いて結局の逃げ切りはやっぱりベテランのなせる業。今日のゲドンはかっこよかったな~。
一方SDVは全員途中リタイヤ^^;
素敵過ぎです。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-09 20:16 | 2006プロツアー(ワンデー)
チューリッヒ選手権
2006.10.01 第93回チューリッヒ選手権 233.7km

雨が強く降りしきるなか行われた今年のチューリッヒ選手権は、中盤に入り集団がスピードを上げ、各選手がアタックを繰り返す積極的な展開となる。残り61kmで前半から逃げていた別府(DSC)とロウ(FDJ)を吸収した集団から、トザット(QSI)、カンチェラーラ(CSC)、ディルーカ(LIQ)、ヴァンフォーレン(DSC)、ルクスマン(DVL)の5人が逃げを決める。この5人の後方1:08差で追う集団から、シュミット(LAM)とモレッタ(QSI)が追いつき、さらに残り42kmでジルベール(FDJ)とフレチャ(RAB)が加わり先頭11人でラスト1周に入る。
ここからカンチェラーラを中心に抜け出しを図るが入れ替わりが激しく安定せず、アタックが成功しない。しばらくすると小さくなった集団も加わり、このなかからカンチェラーラ、レヴェリン(GST)、オグレディ(CSC)、ボーヘルト(RAB)、デボルダー(DSC)、サンチェス(EUS)の6人が抜け出すことに成功する。そしてこの中から、残り19kmにあるのぼり坂でレヴェリン、ボーヘルト、サンチェスが抜け出し、これをオグレディが追う展開。オグレディは遅れていたカンチェラーラを待ち、カンチェラーラの力を借りて残り14kmで再び前の3人においつことに成功する。
しかし、すぐに最後の勝負どころとなるウェズウィルの丘に入ると、ボーヘルトがアタック。これにサンチェスがカウンターをかけ、一人前に出る。サンチェスを追いたいボーヘルトとレヴェリンだったがオグレディが遅れたカンチェラーラを待ちたいそぶりを見せ、前のサンチェスを逃す結果となってしまう。結局サンチェスはゴールまで逃げきりステージ優勝。何度も何度も振り返りゴールし、その瞬間から喜びを表現したのが印象的であった。


優勝:サンチェス(EUS) 6:03:48

--
今年サンチェスは絶好調ですね。
ワンデーではあまり目立たなかったEUSだったけど、これからは要チェックですね。
別府選手の逃げ、悪天候であんまり見れなかったけどやっぱり日本人としてはうれしいです。
きっとヨーロッパの人はあれはだれだ?どこのチャンピオンジャージだ?って思ってたでしょうね。これからも活躍を期待しましょう~。
あと、ベッティーニのメットは(ry
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-07 22:59 | 2006プロツアー(ワンデー)
><
ぐは。
今シーズン初めてビデオ撮るのに失敗。
残り4kmぐらいでビデオが・・・。
明日の放送をもう一度取り直そう・・・。
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-02 22:35
イタリア選手権はジロ・デ・イタリアじゃないよ・・・


◎世界選手権

別府は124位 【時事通信】

日本人選手の結果の速報で簡潔に。

ベッティーニが世界初制覇 【スポニチ】

とりあえずジロじゃないっす^^;
あと万年2位っていうニックネームついてるんですかねぇ。
あんまり2位っていうイメージがないんだけど・・・。




◎ドーピング

米国反ドーピング期間がランディスを告訴 【産経スポーツ】

このニュースは各新聞に報道されているので、今回も代表で産経スポーツのみ載せておきます。とりあえず手術が無事成功してよかったです。


[PR]
by lanterne-rouge | 2006-10-01 19:11 | ネットニュース