<   2010年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧
ジャパンカップ2010:クリテリウム前
今年は一般ブロガー枠で参加できたため、ちょっと早めに現地入り。
受付前に毎年行きたい!と思っていた松が峰教会に行こうと思い歩いていたら、
目の前に人だかりが!
まさか・・・、ひょっとして・・・。
と思ったらやっぱりその通り!
海外選手達でした。

a0021727_20434055.jpg
モルドバチャンピオンのプリュシュキン(KAT)。
ナショナルチャンピオンだし、せっかくだからサインをもらっておくw

a0021727_20465293.jpg
こちらはゴダン(BTL)。

a0021727_2049038.jpg
たぶんバンディエラ(KAT)。
目も髪も隠す完全武装だからわかりづらい。違ったらスイマセン。

a0021727_20495453.jpg
さっそうと現れたガーミン・トランジションズ(GRM)。ヴァンスーメレン(GRM)の背の高さが尋常でない。

a0021727_20505942.jpg
ブイグテレコム(BTL)は新城(BTL)待ち。
左からケムヌー、ルフロシュ、ゴダン。
ルフロシュは日曜日あんなことになるなんて、このときは予想せず。
そのうち日曜日のルフロシュ特集を組みます!お楽しみに。

a0021727_20532392.jpg
チームカチューシャ(KAT)はマキュアン(KAT)待ち。
道路にでても我関せず(両サイドに路駐ありましたけど)。危ないって。海外では日常茶飯事なのかな?注意されてもまったり。

a0021727_20555481.jpg
バンディエラの右腕。
消されないかこのブログ(汗 
チョット心配だけど、このときからすごく気になり始めた。

a0021727_20572283.jpg
左手には漢字が!
なんて書いてあるのだろう?なんとかかんとか克?

a0021727_20582847.jpg
一旦気になると手や足に視線がいってしまい・・・。ゴダンにも。海外の選手はしている人多いですね。

a0021727_20593134.jpg
遅れてチームミルラム(MRM)登場!

a0021727_2103885.jpg
哀愁漂うケムヌー。これからレースなのに・・・。

すごく人が多くなってきたので、この辺で退散。
結局教会には行けませんでした。
いったいいつになったら行けるのだろう(笑
この後昨年も行った宇都宮二荒山神社にお参り。
そして、会場に向かいました。

※2010.10.26追記
写真部にて非圧縮版&大きなサイズでのアップしました。
もしよければ壁紙にどうぞ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-25 21:05 | ジャパンカップ
ジャパンカップ2010:合同記者発表会
クリテリウム&ジャパンカップをすっ飛ばしていきなり合同記者発表会の内容をアップします。

選手のコメントはできる限り変更しないで載せたつもりですが、一部音声が聞き取りにくいところがあったのでそこはカットしてあります。

a0021727_16384962.jpg
会場に現れた3人。左から2位のマクドナルド選手(DPC)、中央は優勝したマーチン選手(GRM)そして一番右が3位の畑中選手(SMN)。



《公式質問》今日の戦術と感想を畑中選手より教えてください。

a0021727_16364669.jpg

3位:畑中選手(SMN)
「日本で一番のハイレベルのレースと言うことでレースを作っていくのはプロツアーのチーム達だなということでチャレンジ精神を持ってスタートしたんですけど、
レースを作ってたというよりもどこまでボクがチャレンジできるかいうことを考えてスタートしたんだけど、
結果的に阿部選手以来の日本人選手入賞、3位になれてとてもうれしいです。」




a0021727_16372356.jpg

2位:マクドナルド選手(DPC)
「私にとってこのレースすごく好きです。
私にとってこのレースはすごくむいているレースだと思います。
とにかく今日は集団の中でもそこからおいていかれないようにすることを精一杯考えていたんですけども、何度かアタックを仕掛けていきました。
フラットの平地な場面はそこそこ調子が良かったんだけど、そこでマージンを稼いで上りに向けて走ることができたと思います。
最後のほうは残り400mぐらいのところで、ここでこのチャンスしかないなというところで仕掛けたんですけども、何とかギリギリ2位に食い込むことができたと思います。」




a0021727_16374999.jpg

優勝:マーチン選手(GRM)
「今日のレースに関して自分としてはチームがすごい良いチームで望むことができたと思います。
平地もグループの中でいい感じで走ることができたと思ってます。
スパートをかけた所では自分でもしまったという感じでちょっと早いタイミングだったかもしれないんですが、幸運にもうまくギャップを広げることができ、そのままレースを続けることができたと思っています。
私の後ろに二人の強いチームメートがいてくれたので彼らが守ってくれたと思っています。
ここ数週間は、シーズン後半からずっと調子がよかったのでそれを維持できたのが良かったと思います。
なによりも沿道で応援してくれているファンの声援に勇気付けられました。
本当に辛いときでも彼らの声に支えられて走ることができたと思います。」







《一般質問》(畑中選手への質問)Jサイクルツアーでチャンピオンになられて、今回ジャパンカップで表彰台に上ったと言うことで日本のロードレースと世界とどれくらい縮まったと思いますか?

畑中選手(SMN)
「今日は世界選手権で9位に入った新城選手をはじめ、土井選手がスタートしていてそういう選手が上位に入れる力を持っているということは皆さんご存知だと思っているんですが、それとは別にボクは今年一年日本で在籍していて、それを自分で言うのもなんですけど、圧倒的な力で勝つことができて、僕がこの成績を出すことによってやはり日本のレースで走れる人間はこういった国際レースでも上位に入ってこれると証明できたので、今後若い選手などが国内のレースを目指して走る、それでもこういうところにこれると実証できたんじゃないかなと思っています。」


《一般質問》(マーチン選手、マクドナルド選手への質問)古賀志の坂道はどんなかんじだったのか?きつかったのか?マーチンさんの上りはすごくすばらしかったと思いましたが・・・。

マーチン選手(GRM)
「やはり上りは一番このコースで難しいところだと思いますし、この周回で一番厳しいところだと思います。
ただファンの応援が良くて、ヨーロッパのファンの応援に匹敵するかそれにも勝るようなすごい応援で本当に力をもらったと思います。
ああいう上りが続くのは難しいと思うんですけども、自分のもっている力以上のものを出してもらえたと思います。」



マクドナルド選手(DPC)
「さきほどダニエルも言っていたけども、本当にすばらしい声援を受けたと思います。
特に新城選手がダニエル選手と競っていたときになんかもそうだけど、あそこの上りは辛いんですけども、毎回毎回もうちょっとがんばろうと思えたのはファンの声援のおかげだったと思います。」







最後に撮影会をして記者発表終了となりました。

a0021727_1648480.jpg
場所的に畑中選手がどうしても隠れてしまう・・・。ほんとゴメンナサイ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-25 16:50 | ジャパンカップ
ジャパンカップ2010 【速報版】
優勝は優勝候補のマーチン(GRM)。
ぶっちぎりの優勝であった。

a0021727_062871.jpg


3位にはゴールスプリントの末、畑中選手が入った。

後日、他の写真をアップします。

お楽しみに!
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-25 00:08 | ジャパンカップ
ジャパンカップ2010 クリテリウム 【速報版】
クリテリウム優勝はパルマー(DPC)。

ちょっと意外で、困惑ぎみ(笑

今日はとりあえず速報版で写真をいくつかアップします。
後日ゆっくりと紹介できればいいなと思ってます。

a0021727_2024298.jpg

ホテル前でのチームカチューシャの面々。
マキュアン待ちですw

a0021727_20252188.jpg

会場となる大通り。まだ開始30分以上前なのですがこの人垣です。

a0021727_2026152.jpg

実況のサッシャさん。
今日はカチューシャの応援です!?

a0021727_2027257.jpg

パレード中の別府選手(RSH)とプジョル(CTT)。
今日は俺が逃げるよ!って話してたんでしょうか?
ジャージは違うけど今回は同じチームです。


a0021727_20283137.jpg

同じくパレード中。
先頭を走るヴァンスーメレン(GRM)。中央には新城選手(BTL)も。

a0021727_20301129.jpg

いきなり逃げた!
別府選手がレースを盛り上げる。

a0021727_2031579.jpg

集団内のキオレック(MRM)。
最初の頃は前方にいたのですが・・・。

a0021727_20322451.jpg

同じく集団内のマキュアン(KAT)。
終始中盤よりやや前方に位置していました。

a0021727_20334661.jpg

マキュアンの後ろに付ける新城選手。
今回は定位置じゃないよw

a0021727_2035384.jpg

レース後のチームカチューシャ。
マキュアンはこの後観客の女の子に何かあげていました。
かっこいいぞ、マキュアン!!

a0021727_20363410.jpg

こちらはチームサクソバンク。
ラーション(SAX)が3位に入りました。

a0021727_20375471.jpg

一旦ホテルに戻る日本チャンピオンの宮澤選手(PPO)。

簡単ですが、
続きは家に帰ってからアップします!
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-23 20:39
ジャパンカップ2010:行く前に最後のおさらい
ジャパンカップ行く前におさらいとして最後の確認をしてみましょう。

まずは土曜日のクリテリウム

時間などの開催概要はこちら
リンク先からコース紹介とアクセスのリンクがあるので参考にしてください。
っていっても場所がよくわからん!っていう人は宇都宮駅西口で降りて大通りをひたすら歩けば会場です。
目印としてはパルコかな?googlemap
東武宇都宮駅利用の方はほぼ目の前ですw

続いて、オープニングイベント

11時から開催してます。タイムスケジュールはこちらで。
場所はオリオンスクエアですが、クリテリウムの通りの一本奥の商店街にあります。
一応こちらもgooglemapを。
会場は少し狭いのでチームプレゼンテーションを絶対みたい!という人はお早めに。
昨年までの傾向ですと30分前では満員で手遅れです。

日曜日のジャパンカップ

開催時間などの概要はこちら
コースはこちら
googlemapはこちら。

会場までのアクセスですがツアーの方は心配いらないのですが、バスで行く方は注意。
昨年同様シャトルバスはチケット制なので数に限りがあります。
宇都宮駅へのJR時刻表やシャトルバスの発車時刻など詳しくはこちらをご覧ください。
また、定期バスもあります。時刻等は上記リンク先にあります。ただし、下車バス停から数キロ歩きます。ご注意を。
あと今年もろまんちっく村より臨時バスがでています。アクセスのよい方はこちらでどうぞ。

車で行く方は、会場付近に駐車場がありますが、会場までの道が混み合っている恐れがあります。
有料駐車場の情報もこちらに出ていますので、参考にしてください。

自転車で行く方は、宇都宮駅から会場に近づくにつれ道が細くなります。走行には十分注意してください。
会場に着く前に事故を起こしたらシャレになりませんよ~。

どれも無理って!!方はタクシーになるのですが、宇都宮駅からだと結構お金かかると思われます。
下記にちょっとした裏技を用意しました(下段のMoreをクリック!直リンクの方はそのままどぞ)。もしよければ参考にしてください。

最後に、観戦についての注意事項をもう一度目を通してから会場に向かいましょう。
年に一度のレース、帰宅するまでみんなで楽しめる一日にしましょう!

追記:記者発表に引き続き一般ブロガーとして参加します。
プレスワゴンに乗れるみたいなので楽しみ。
写真撮れたらアップしますのでお楽しみに!

More
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-22 19:39 | ジャパンカップ
ぜひ増やそう!自転車レーン
今日ネットニュースを見ていたら、興味深い記事があったのでご紹介します。

自転車レーン:6600キロ可能 主要道8割で設置容易--国交省研究者試算【毎日新聞】

今まで自転車レーンが定着していない日本にとっては明るい話題!
幹線道路の8割っていうのがすごいですね。
高速道路はやたら作るくせにこういったことには興味ないんだろうなって思ってたけど、ちゃんと調査しているんですね。恐れ入りました。
ロードレースブームもあってか最近自転車事故のニュースをよく聞くので、この調査をきっかけにぜひ自転車レーンを作っていって欲しいです。
そして、歩行者や車との事故がひとつでも減ってくれれば・・・と思います。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-21 20:28 | ネットニュース
ジャパンカップ2010:参加チーム紹介その6
チーム紹介最後は、

チームカチューシャ

です。

2010UCIランキング:5位(900pts)




MCEWEN Robbie
ロビー マキュアン


生年月日:1972.06.24
国籍:オーストラリア
デビュー:1996
2010UCIランキング:51位(105pts)

一時代を築いた世界屈指のスプリンター。もう説明不要かな?クリテリウムではマイヨベールを獲得したスプリント力を日本で見れる数少ないチャンス!本番のジャパンカップではマキュアン友の会を見れる数少ないチャンス!?

★2010年の主な成績

ツアー・ダウン・アンダー総合4位,トロフェオ・マヨルカ優勝,シュヘルデプライスフランデレン2位,ツール・ド・フランス総合165位。

☆2009年までの主な成績

1996ツール・ド・ラブニール第4ステージ区間優勝,ヴェルタ・チクリスタ・ア・ムルシア第4ステージ区間優勝。
1997ダンケルク4日間第2ステージ区間優勝,ツール・ド・ルクセンブルク第3ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス総合117位。
1998ツール・ド・フランス総合89位。
1999ツール・ド・ルクセンブルク第2ステージ区間優勝,ルート・デュ・サッド第1ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス第20ステージで区間優勝し総合122位。
2000ツール・ド・フランス総合113位。
2002オーストラリアチャンピオン,ツアー・ダウン・アンダー第1,3,4,6ステージ区間優勝,エトワール・ド・ベセージュ第1ステージ区間優勝し総合優勝,シュヘルデプライスフランデレン優勝,パリ~ニース第2,7ステージ区間優勝,ジロ・デ・イタリア第4,10ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス第3,20ステージ区間優勝し総合130位でマイヨベール獲得,パリ~ブリュッセル優勝。
2003ツアー・ダウン・アンダー第3ステージ区間優勝,ドワーズ・ドア・フランデレン優勝,ジロ・デ・イタリア第4,11ステージ区間優勝,ツール・ド・スイス第2ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス総合143位。
2004ツアー・ダウン・アンダー第1,4ステージ区間優勝し総合2位,シュヘルデプライスフランデレン2位,ジロ・デ・イタリア第5ステージ区間優勝,ツール・ド・スイス第2,4ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス第2,9ステージ区間優勝し総合122位でマイヨベール獲得。
2005オーストラリアチャンピオン,ツアー・ダウン・アンダー第1,2,6ステージ区間優勝,ツアー・オブ・カタール第5ステージ区間優勝,ジロ・デ・イタリア第2,6,10ステージ区間優勝,ツール・ド・スイス第4ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス第5,7,13ステージ区間優勝,パリ~ブリュッセル優勝,GP・フォルミー優勝。
2006ダウン・アンダー・クラシック優勝,ツアー・ダウン・アンダー総合3位,ツール・ド・ロマンディ第1ステージ区間優勝,ジロ・デ・イタリア第2,4,6ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス第2,4,6ステージ区間優勝し総合116位でマイヨベール獲得,パリ~ブリュッセル優勝。
2007ツアー・ダウン・アンダー第5ステージ区間優勝,ティレノ~アドリアティコ第1ステージ区間優勝,シュヘルデプライスフランデレン2位,ツール・ド・ロマンディ第2ステージ区間優勝,ジロ・デ・イタリア第2ステージ区間優勝,ツール・ド・スイス第4ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス第1ステージ区間優勝。
2008年ツール・ド・ロマンディ第2ステージ区間優勝,ツール・ド・スイス第3,4ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス総合122位,ヴァッテンフォール・サイクラシックス優勝,パリ~ブリュッセル優勝。
2009ダウン・アンダー・クラシック優勝,ツール・ド・ピカルディ第3ステージ区間優勝。





PLIUSCHIN Alexandr
アレクサンドル プリュシュキン


生年月日:1987.01.13
国籍:モルドバ共和国
デビュー:2008
2010UCIランキング:-位(-pts)

ロードレースの世界では珍しいモルドバ出身の選手。今年チャンピオンジャージを獲得しているため、ナショナルチャンピオンジャージを着ての参戦となる。

★2010年の主な成績

モルドバチャンピオン,ツール・ド・フランス総合108位。

☆2009年までの主な成績

2005U19パーシュート世界チャンピオン。
2007ロンド・ファン・フランデレンU23優勝,
2008モルドバチャンピオン。
2009ツール・ド・ランカウイ総合31位。




BANDIERA Marco
マルコ バンディエラ


生年月日:1984.06.12
国籍:イタリア
デビュー:2008
2010UCIランキング:-位(-pts)

スプリント力のあるイタリア人。マキュアンのアシストとして期待。

★2010年の主な成績



☆2009年までの主な成績

2007ジロ・デル・ヴェネト第3ステージ区間優勝。
2008ジロ・デル・ピエモンテ9位,ジャパンカップに参戦し48位。
2009ジロ・デル・フリウリ20位,E3プライスフランデレン18位,ツール・ド・フランス総合145位,ヴァッテンフォールサイクラシックス9位。




GALIMZYANOV Denis
デニス ガリムズィヤノフ


生年月日:1987.03.07
国籍:ロシア
デビュー:2006
2010UCIランキング:245位(2pts)

ロシア期待のスプリンター。スプリンターとして参加したヴェルタ・ア・エスパーニャで頭角を現した。

★2010年の主な成績

GP・デ・デニャン4位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ第2ステージ区間9位,第5ステージ区間8位,第7ステージで区間6位,第12ステージ区間4位,第13ステージ区間7位。クリテリウムにてマキュアンに代わり、エースを務める可能性あり。

☆2009年までの主な成績

2007ツアー・オブ・ハイナンプロローグ優勝,第3ステージ区間優勝。
2008ツール・ド・ノルマンディ第5ステージ区間優勝。
2009ツアー・オブ・カタール第1ステージ区間3位,第7ステージ区間7位で総合14位,ノケレ~コールス5位。




MAZZANTI Luca
ルーカ マッザンティ


生年月日:1974.02.04
国籍:イタリア
デビュー:1997
2010UCIランキング:-位(-pts)

プロ入り14年目の大ベテラン。全盛期は過ぎたが、ジロ総合20位の実力は脅威的。優勝候補のひとりと言ってもよい選手です。

★2010年の主な成績

トロフェオ・ライグエーリア9位,ジロ・デ・イタリア総合79位,ジロ・デ・ロンバルディア18位。

☆2009年までの主な成績

1999ツール・ド・フランス総合137位。
2000トロフェオ・マッテオ3位。
2001トロフェオ・マッテオ2位。
2002ジロ・デ・イタリア総合67位。
2003コッピ・バルタリ第4ステージ区間優勝。
2004ジロ・デ・イタリア総合46位,メモリアル・マルコ・パンターニ3位,ジロ・デ・ロンバルディア10位。
2005ジロ・デ・オロ優勝,GPインダストリア・エ・コンメルチョ・アルティジャナート・カルナゲーセ優勝,ジロ・デ・イタリア第4ステージ区間優勝し総合39位, メモリアル・マルコ・パンターニ2位,トロフェオ・メリンダ3位,ジロ・デ・ロンバルディア14位。
2006ジロ・デル・トレンティーノ第1ステージ区間優勝し総合2位,ジロ・デ・イタリア第7ステージ区間3位,第8ステージ区間5位し総合20位,メモリアル・マルコ・パンターニ2位。
2007GPルガーノ優勝,ジロ・デル・トレンティーノ総合3位,ティレノ~アドリアティコ総合12位,GPミゲール・インドゥライン12位,ジロ・デ・イタリア第4ステージ区間7位で総合31位,トロフェオ・マッテオ3位,コッパ・アゴスティーニ2位,トロフェオ・メリンダ2位,メモリアル・チムリー2位,コッパサバティーニ9位,GPミゲッリ6位ジロ・デ・ロンバルディア7位。
2008ジロ・デ・イタリア総合47位,メモリアル・チムリー7位,コッパ・サバティーニ6位。



[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-21 08:33 | ジャパンカップ
ジャパンカップ2010:参加チーム紹介その5
第5回目は、

ビーボックスブイグテレコム

です。

2010UCIランキング:19位(231pts)




ARASHIRO Yukiya
新城 幸也


生年月日:1984.09.22
国籍:日本
デビュー:2006
2010UCIランキング:218位(4pts)

昨年プロチームに移籍し大ブレイク。今年は2大グランツールで完走し、さらに世界選やパリ~トゥールで一ケタ台にフィニッシュするなど実力をみせつけた。
ここ数日の調子のよさを維持し、今年こそは悲願のジャパンカップ制覇をめざしてほしい!

★2010年の主な成績

ジロ・デ・イタリア第5ステージ区間3位で総合93位,ツール・ド・フランス第11ステージ区間6位で総合112位,世界選ロード9位,パリ~トゥール5位。

☆2009年までの主な成績

2006ツール・ド・リムザン総合3位で新人賞,ツール・ド・おきなわ総合3位。
2007日本チャンピオン,ツアー・オブ・ジャパン第7ステージ区間優勝,ヴェルタ・チクリスタ・ア・レオン総合2位,ツール・ド・北海道第4ステージ区間優勝,ツール・ド・おきなわ総合3位。
2008ツール・ド・熊野第2ステージ区間優勝し総合3位,ツール・ド・リムザン第2ステージ区間優勝し総合3位,ツール・ド・おきなわ第1,2ステージ区間優勝し総合優勝。
2009GP・デニャン10位,ダンケルク4日間総合9位,ツール・ド・フランス第2ステージ区間5位で総合129位。




GAUDIN Damien
ダミアン ゴダン


生年月日:1986.08.20
国籍:フランス
デビュー:2008
2010UCIランキング:-位(-pts)

トラック競技も行う選手。アンダーのパリ~ルーべを制するなどワンデーレースに力を発揮する。

★2010年の主な成績

フランスパーシュートチャンピオン,ジロ・デ・イタリア総合136位。

☆2009年までの主な成績

2006フランスマディソンチャンピオン,フランスU23チームパーシュートチャンピオン。
2007パリ~ルーべ・エスポワール優勝。
2009フランスパーシュートチャンピオン,2009パリ~ルーべ24位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合139位。



LE FLOCH Guillaume
ギヨーム ルフロシュ


生年月日:1985.02.16
国籍:フランス
デビュー:2007
2010UCIランキング:-位(-pts)

アシストとして2年連続ジロ・デ・イタリアを完走している。ジャパンカップは2年連続の出場。

★2010年の主な成績

ジロ・デ・イタリア総合110位。

☆2009年までの主な成績

2009ジロ・デ・イタリア総合129位,ジャパンカップ39位。




QUEMENEUR Perrig
ペリッグ ケムヌー


生年月日:1984.04.26
国籍:フランス
デビュー:2008
2010UCIランキング:-位(-pts)

デビュー以来ブイグテレコムに所属するフランス人。2年連続のジャパンカップ参戦となる。

★2010年の主な成績

トロ・ブロ・レオン8位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合100位。

☆2009年までの主な成績

2008ジャパンカップに来日し44位。



[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-20 20:00 | ジャパンカップ
ジャパンカップ2010:参加チーム紹介その4
第4回目は

ガーミン・トランジションズ

です。

2010UCIランキング:7位(839pts)





MARTIN Daniel
ダニエル マーチン


生年月日:1986.08.20
国籍:アイルランド
デビュー:2008
2010UCIランキング:49位(106pts)

今年のジャパンカップ優勝候補の一人。ロッシュとともに活躍が期待されるアイルランド人の二世選手。

★2010年の主な成績

クリテリウム・インターナショナル総合14位,バスク一蹴レース総合15位,ジロ・デ・イタリア総合57位,ブリクシアツアー総合3位,ツール・ド・ポローニャ第5ステージ区間優勝し総合優勝,トレ・ヴァッリ・ヴァレジーネ優勝,ジロ・デル・エミリア2位。

☆2009年までの主な成績

2008アイルランドチャンピオン&U23チャンピオン,ツアー・オブ・ブリテン総合4位。
2009ヴォルタ・チクリスタ・ア・カタルーニャ総合2位,クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ・リベレ総合32位,西フランスプルエー5位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合53位,ジロ・デ・ロンバルディア8位。




VAN SUMMEREN Johan
ヨハン ヴァンスーメレン


生年月日:1981.02.04
国籍:ベルギー
デビュー:2004
2010UCIランキング:-位(-pts)

ワンデーレース中心に活躍してきたが、今年はグランツールでも結果を残す。ツール・ド・フランスは2005年以降毎年参加し完走を果たしている。

★2010年の主な成績

ツール・ド・フランス第3ステージで区間7位に入り総合30位。

☆2009年までの主な成績

2004ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合34位。
2005ツアー・ダウン・アンダー総合4位,ツール・ド・フランス総合136位。
2006ツール・ド・フランス総合112位,ツアー・オブ・ブリテン、スプリント賞。
2007ツール・ド・フランス総合63位,ツール・ド・ポローニャ第7ステージ区間優勝し総合優勝。
2008パリ~ルーベ8位,アムステルゴールドレース17位,ツール・ド・フランス総合81位。
2009パリ~ルーべ5位,ティレノ~アドリアティコ総合11位,ツール第11ステージで逃げを決め敢闘賞獲得し総合93位,クラシカサンセバスチャン11位。




PETERSON Thomas
トーマス ペーターソン


生年月日:1986.12.24
国籍:アメリカ
デビュー:2006
2010UCIランキング:-位(-pts)

ステージレース中心に参加し着実に成績を残してきている。このジャパンカップではマーチンのアシストとして活躍したい。

★2010年の主な成績

ツアー・オブ・ポローニャ総合20位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合27位。

☆2009年までの主な成績

2004アメリカU19チャンピオン。
2006ツアー・オブ・カリフォルニア新人賞。
2008ツアー・オブ・カリフォルニア総合11位に入り、新人賞部門2位。
2009ツアー・オブ・カリフォルニア第2ステージ区間優勝,パリ~ニース総合28位,バイエルン一周レース総合8位,オーストリア一周レース総合10位,ツアー・オブ・ミズーリ総合21位。




DUGGAN Timothy
ティモシー ダッガン


生年月日:1982.11.14
国籍:アメリカ
デビュー:2005
2010UCIランキング:-位(-pts)

2005年以来アメリカ国籍のチームで走り続ける。

☆2009年までの主な成績

2007ランカウイ総合19位。
2009ドーフィネ第8ステージで逃げを決め区間2位,ツアー・オブ・ミズーリ総合17位。




FAIRLY Caleb
ケレイブ フェアリー


生年月日:1987.02.19
国籍:アメリカ
デビュー:-
2010UCIランキング:-位(-pts)

今年の8月1日から練習生としてガーミンに加入し、早くも3勝(うちひとつは総合優勝)を上げている将来有望株な選手。

★2010年の主な成績

ツアー・オブ・バハマ第3ステージ区間優勝し総合優勝,ジロ・ディ・トスカーナ3位。

☆2009年までの主な成績
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-19 21:48 | ジャパンカップ
ジャパンカップ2010:参加チーム紹介その3
参加チーム紹介その3は、

チームミルラムです。

2010UCIランキング:26位(118pts)




CIOLEK Gerald
ゲラルド キオレック


生年月日:1986.09.19
国籍:ドイツ
デビュー:2005
2010UCIランキング:147位(13pts)

ミルラムの代表選手にしてドイツNo.1のスプリンター。クリテリウムではマキュアンとのスプリント勝負に期待!

★2010年の主な成績

ダンケルク4日間総合5位,ツール・ド・フランス第5ステージ区間2位,第6ステージ区間5位,第20ステージ区間6位で総合133位。

☆2009年までの主な成績

2005ドイツチャンピオン。
2006U23世界チャンピオン,ヘニンガータワー一周レース2位,,ヴァッテンフォール・サイクラシックス5位。
2007ラインラント・ファルツ・ルントファールト総合優勝を果たしポイント賞と新人賞を獲得,ドイツツアー第6,7,9ステージ区間優勝しポイント賞部門2位,ヴァッテンフォール・サイクラシックス3位。
2008ツール・ド・フランス第2ステージ区間3位,第8ステージ区間2位,第,21ステージ区間2位で総合106位,ドイツツアー第5ステージ区間優勝。
2009ヴェルタ・マヨルカ第5ステージ区間優勝,ツール・ド・フランス第2ステージ区間6位,第5ステージ区間5位,第6ステージ区間4位,第11ステージ区間7位,第19ステージ区間3位,第21ステージ区間4位でポイント賞部門3位,ヴァッテンフォール・サイクラシックス3位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ第2ステージ区間優勝。




FROHLINGER Johannes
ヨハネス フローリンガー


生年月日:1985.06.09
国籍:ドイツ
デビュー:2007
2010UCIランキング:-位(-pts)

2007年にゲロルシュタイナーでデビュー。グランツールでもまずまずの成績をあげている。スプリント力もあり小集団でのゴールスプリントでは上位にランクインする。

★2010年の主な成績

ツール・ド・フランス総合90位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合37位。

☆2009年までの主な成績

2007ツール・ド・レン第4ステージ区間2位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合45位。
2008ジロ・デ・イタリア第5ステージで逃げを決め区間2位で総合51位。
2009ツール・ド・フランス第7ステージで逃げを決め区間3位で総合78位,モリアル・チムリー5位。




ROELS Dominik
ドミニック ローエルス


生年月日:1987.01.21
国籍:ドイツ
デビュー:2007
2010UCIランキング:-位(-pts)

主にアシストとしてレースに参加する若きドイツ人。積極的な逃げが魅力。

★2010年の主な成績

ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合119位。

☆2009年までの主な成績

2005ドイツU19チャンピオン。
2006ドイツU23チャンピオン。
2008ダンケルク4日間総合28位。
2009ヴェルタ第15ステージで逃げを決め区間3位,第7ステージでは複合賞ジャージを獲得。 




DE VOCHT Wim
ウィム デフォート


生年月日:1982.04.29
国籍:ベルギー
デビュー:2004
2010UCIランキング:-位(-pts)

ワンデーを中心に活躍するミルラム唯一のベルギー人。

☆2009年までの主な成績

2000ベルギーU19チャンピオン。
2004ドワーズ・ドア・フランデレン13位。
2006オムルップヘットヴォルク9位。
2007ドワーズ・ドア・フランデレン22位。
2008パリ~ルーベ14位。
2009オムルップ・ヘット・ヴォルク18位,デパンヌ4日間総合14位。




VOSS Paul
ポール ヴォス


生年月日:1986.03.26
国籍:ドイツ
デビュー:2006
2010UCIランキング:-位(-pts)

シクロクロス中心に活躍してきた選手。近年ロードにも本格参戦し徐々に成績を上げてきている。

★2010年の主な成績

ヴォルタ・チクリスタ・ア・カタルーニャプロローグ区間優勝,ツール・ド・ポローニャ総合17位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合70位。

☆2009年までの主な成績

2009ツアー・オブ・ターキー総合16位,ヴェルタ・ア・エスパーニャ総合99位。



[PR]
by lanterne-rouge | 2010-10-18 23:07 | ジャパンカップ