タグ:BOONEN Tom ( 28 ) タグの人気記事
第45回ティレノ~アドリアティコ 第二ステージ
2010.03.10 モンテカティーニ~モンテカティーニ 165.0km





LIQ優位のままゴールスプリントに入るが、ベンナーティ(LIQ)の後ろにつけたボーネン(QST)がベンナーティより早く仕掛けると、ベンナーティは出遅れ後ろにつくのが精一杯。
横からマールテンス(RAB)が勢いよく上がってくるがボーネンをかわすことができず、ボーネンがステージ優勝を果たした。

ステージ優勝:ボーネン(QST) 4:14:13
総合トップ:ゲルデマン(MRM) 7:50:18
ポイント賞:ゲルデマン(MRM)
山岳賞:グラボブスキー(ISD)
新人賞:ロハスヒル(GCE)

--
ベンナーティやばいよ、まずいよw
今日の展開は100%勝たなくっちゃ。
まずいよ、まずいよ~。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-03-12 20:41 | 2010プロツアー(ワンデー他)
第9回ツアー・オブ・カタール 第五ステージ
2010.02.11 ルセール~マディナ・アル・シャマル 142km





横風でいくつもの集団に分かれるが総合トップのモル(VAC)は最後まで粘りトップ集団でゴール。ステージ優勝は一旦遅れたボーネンがボス(CTT)を利用してステージ優勝を飾った。

ステージ優勝:ボーネン(QST) 3:13:00
総合トップ:モル(VAC) 13:12:28
ポイント賞:ホースラー(CTT)
新人賞:クルーゲ(MRM)

--
カタールらしい展開。
しかしボスは・・・w
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-03-07 13:23 | 2010その他レース
第9回ツアー・オブ・カタール 第三ステージ
2010.02.09 ドゥハーン~メサイード 136.5km





カタールの顔とも言うべきボーネン(QST)が勝利!ゴールスプリントの直前集団中ほどで落車が発生しキオレック(MRM)が鎖骨骨折というアクシデントがあった。


ステージ優勝:ボーネン(QST) 3:01:39
総合トップ:モル(VAC) 6:42:30
ポイント賞:ホースラー(CTT)
新人賞:クルーゲ(MRM)

--
この人が勝たないとカタールは始まりませんw
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-03-07 13:08 | 2010その他レース
第1回ツアー・オブ・オマーン 第五ステージ
2010.02.18 ワッタヤハ~スルタン・カブース・スタジアム





今日もゴールスプリントになり、勝ったのはボーネン(QST)。
あぁー、そろそろボーネンの季節なんだなぁ・・・って。

ステージ優勝:ボーネン(QST) 3:23:52
総合トップ:ベンナーティ(LIQ) 15:36:21
ポイント賞:ファラー(GRM)
敢闘賞:スムクリス(ALM)
新人賞:スムクリス(ALM)

--
スタート地点の地名和訳は適当です。
これは調べてこないと。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-02-24 20:44 | 2010その他レース
エネコツアー 第三ステージ
2009.08.21 ニール~ハッセルト 158.3km





残り7kmで逃げをつぶした集団はLIQがコントロールする中残り3kmを通過する。この付近よりQST、THRも先頭に現れ主導権争いが激化。しかし、最終的にどのチームも主導権を握れずゴールスプリントとなる。左端よりボーネン(QST)がボアソンハーゲン(THR)をかわし前にあがると番手につけたファラー(GRM)を見事に抑えステージ優勝。地元ベルギーで久しぶりの勝利を手に入れた。

ステージ優勝:ボーネン(QST) 3:43:19
総合トップ:ファラー(GRM) 12:24:22
スプリント賞:ファラー(GRM)

--
もう一勝はしてくれると思ってます!
[PR]
by lanterne-rouge | 2009-08-22 16:47 | 2009プロツアー(ワンデー他)
第107回 パリ~ルーベ
2009.04.12 コンピエーニュ~ルーベ 259km

先頭はワイナンツ(QST)、クロステルガード(SAX)、フルラン(LAM)、コッザ(GRM)、ヘンダーソン(THR)、オフルド(FDJ)、サルツバーガー(FDJ)、ポストゥーマ(RAB)、クナーブン(MRM)、シェネル(BTL)、クリアー(CTT)の11人。この中からオフルドが遅れ残り114kmで集団との差は3分45秒となる。
集団は残り108kmでのフィーラース(SKS)のアタックをきっかけに活発化し、勝負どころの一つのダーレンベルグに入る。直前の落車で集団の人数が絞られたが、このベルグでもさらに落車が発生し、一気に集団の人数が少なくなってしまう。ダーレンベルグを通過し舗装路に入り、残り82kmになるとようやく遅れた集団がメイン集団に合流し40人ほどの集団となる。しばらくはこの大集団で走行していたが、残り68km付近でSAXが横風区間を利用してスピードを上げると再び集団が15人ほどとなり、ついに逃げていた先頭の10人を吸収する。
そして休むまもなくボーネン(QST)がスピードを上げ、残り58kmでウェイラント(QST)がアタックをかけるとホースラー(CTT)、フレチャ(RAB)、クィンツァート(LIQ)、クロステルガード(SAX)が加わり先頭は5人となる。これに対し後続で様子をうかがっていたボーネンが残り53kmでアタックをかけるとポッザート(KAT)、ヒュースホーウト(CTT)を引きつれ先頭の5人に追いつく。さらに数人の選手が追いつくが、セクター10に入りボーネンがアタックをかけるとこれが決まり、先頭はボーネン、ホステ(SIL)、ヴァンスーメレン(SIL)、ポッザート、フレチャ、ヒュースホーウトの6人となる。
6人は先頭交代を繰り返し、追走集団との差を広げていく。そして、セクター5が終了し舗装路に入った瞬間にフレチャがアタック。これをヴァンスーメレンがピタリとマークする中、セクター4に続くコーナーに入ると今度はヒュースホーウトがアタック。この瞬間後続につけていたフレチャが落車し、これにSILの2人が巻き込まれる。ポッザートも落車はしなかったものの大幅にロスしてしまいヒュースホーウト、ボーネンとの差が生じてしまう。優勝争いは残った2人に絞られたかと思われたが、すぐにヒュースホーウトも落車し脱落してしまい、先頭はボーネン1人となる。ボーネンは熱狂的なファンの間を驚異的なスピードで爆進。後方から猛追するポッザートとの差を徐々に広げていき、最終的には完全な一人旅となる。そして、セクター1を通過し競技場に入ったボーネンは、観客への声援に応えるウィニングランとなる。しかし、最後までスピードを落とすことなく周回をこなし見事2連覇を達成。パリ~ルーベ通算3勝目を上げる結果となった。

優勝:ボーネン(QST) 6:15:53

--
とても満足なパリ~ルーベでした!
特に6人になってからの展開が最高。
放送時間があっという間に感じられました。

ていうか優勝候補って言われる選手は最後まで残るものですね。
そしてそれに勝ってしまうボーネン・・・。
一つのミスも許されないなか、パンクも冷静に対処するあたりはかっこよかったです。

気づけばフランドルもパリ~ルーベも2連覇、しかもどちらもQSTと言う結果に彼らの強さを改めて思い知らされました。すごい・・・。
[PR]
by lanterne-rouge | 2009-04-13 22:59 | 2009プロツアー(ワンデー他)
第62回クールネ~ブリュッセル~クールネ
2009.03.01 クールネ~クールネ 193km

カテゴリー:1.1
開催国  :ベルギー
出場チーム:25
主なチームと選手はこちらで。





優勝:ボーネン(QST) 4:20:48

ベルギーのセミクラシックはこの人が勝たないと締まりませんっ!
このレースは1時間単位で見たい。絶対に見る価値があるレースだと思うんだ。
Cycling.TVでフリー落ちにならないかな。

クールネ~ブリュッセル~クールネ公式HPはこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2009-03-21 11:34 | 2009その他レース
ヴェルタ・エスパーニャ 第十六ステージ
2008.09.16 ポンフェラーダ~サモラ 186.3km

ロセンド(ACA)、ペドラザ(TCS)の2人が逃げている。集団との差は残り91kmで4分3秒、残り69kmで3分35秒、残り20kmで1分53秒となる。この付近になると集団も本格的に追い始め、残り7km手前で2人を吸収する。この後LIQ、EUSの主導権争いが起こる中、フレチャ(RAB)がアタックを仕掛ける。しかし、抜け出すまでには至らない。
そして残り4kmを切るとQSTが主導権をとり列車を形成し、その列車から残り150mでボーネン(QST)が飛び出す。ボーネンは番手につけたポッツァート(LIQ)を退けステージ優勝。QSTの完璧なチームプレーによる見事な勝利であった。

ステージ優勝:ボーネン(QST) 5:21:16
総合トップ:コンタドール(AST) 66:35:04
ポイント賞:コンタドール(AST)
山岳賞:モンクティエ(COF)
複合賞:コンタドール(AST)

--
星条旗取られた! 以上!!(笑
[PR]
by lanterne-rouge | 2008-09-17 21:14 | 2008ヴェルタ・エスパーニャ
ヴェルタ・エスパーニャ 第三ステージ
2008.09.01 ハエン~コルドバ 165km

オルテガ(ACA)が一人逃げており、集団とは10分以上の差をつけている。集団はオルテガを泳がし続けるが、レースも後半に入り今日唯一設定された3級山岳に入ったところでベッティーニ(QST)がアタックすることでレースが動き始める。ベッティーニとオルテガの差は5分以上あったものの、その差はみるみる縮まり、あっという間に2分を切る。そして、残り20km手前にて、ついにベッティーニはオルテガを捕らえることに成功する。ベッティーニは、休むことなくそのまま先頭を走り続けオルテガを千切り、単独トップに躍り出るが、集団もベッティーニを射程圏内に捕らえ、残り15kmで吸収する。
ここからゴールスプリントを目論むLIQ、QSTがメインに牽き始め、高速を維持した状態で残り5kmに入る。この付近より、スプリンターがいないチームがアタックを仕掛けるが、スピードの上がった集団からは抜け出すことができず、ついに残り1kmとなる。
LIQ先頭でゴール前に突入した集団は、ほぼ横一線でゴールスプリントとなる。先頭ベンナーティ(LIQ)、後ろにつけたボーネン(QST)が一歩抜け出し2人の争いとなるが、ボーネンがベンナーティをかわしたことで勝負あり。スプリンターの多い今年のヴェルタで幸先の良い一勝目を
あげることに成功した。

ステージ優勝:ボーネン(QST) 4:25:24
総合トップ:ベンナーティ(LIQ) 8:56:27
ポイント賞:バルベルデ(GCE)
山岳賞:ロセンド(ACA)
複合賞:エゴイマルティネス(EUS)

--
スプリンターによるゴールスプリント初戦は、ボーネンが勝利!
ベンナーティも良い位置だったけど、もう一枚アシストが欲しかったかな。
とにもかくにも、今年のヴェルタはスプリンター争いがおもしろそうだ。

中継でもちょろっと話が出たコルドバ
イスラム文化にキリスト文化が融合した独特の雰囲気がある街です。
その歴史と建造物が世界遺産に登録されています。
今では美しく思えるその建物も悲しく悲惨な歴史があることを思うとなんだか切ないですね。
[PR]
by lanterne-rouge | 2008-09-02 21:44 | 2008ヴェルタ・エスパーニャ
第106回パリ~ツーべ
2008.04.13 コンピエーニュ~ルーベ 259.5km

セクター19に入りCSCがペースをあげると集団は早くも30人ほどになる。舗装区間に入り遅れた選手が戻ってくるが、ここで落車が発生。フレチャ(RAB)、ポッザート(LIQ)が巻き込まれ集団から脱落し、最初の難関ダーレンベルクに入る。
この場所でここまで静観していたQSTが前を牽き始めると再びメイン集団は分裂し、小集団とかす。この小集団は先頭を走る3人との差を一気につめ、次々に吸収。ただ一人残ったプロンク(COS)もセクター15で吸収され、いよいよ本格的な勝負が開始される。セクター15が終わり舗装区間に入ると集団は落ち着きを取り戻し、遅れていたフレチャ、ポッザートが次々合流する。しかしこの平穏もつかの間、リュングビスト(CSC)がアタックをかけると再び活発化し、集団は絞られていく。
この集団の中からセクター11に入るとヴァンスーメレン(SIL)がアタックをかけるとこれが見事に決まり、オグレディ(CSC)、カンチェラーラ(CSC)、ホステ(SIL)、ボーネン(QST)、デボルダー(QST)、バッラン(LAM)、マースカント(TSL)が抜け出しに成功する。さらにセクター10に入るとデボルダーがアタックし、これにオグレディが反応した結果、先頭は2人となるがセクター9で残りの選手達に吸収される。
次にセクター7を目前としたところでボーネン、カンチェラーラがスピードを上げると反応できたのはバッランのみ。ホステもスピードを上げたいがデボルダー、オグレディがそれを許さず、ここで2つの集団に分裂する。先頭を走る3人は協調体制ができあがり、残り31kmで32秒、残り17kmで1分23秒と確実に差を広げていく。
逃げ切りがほぼ確定的な差となったところで、いよいよ3人の勝負が始まり、まずセクター4でカンチェラーラがアタックをかける。先頭を牽いていたバッランはこのアタックに反応が鈍ったため、若干距離が開くが、ボーネンがしっかりとリカバリーしカンチェラーラのアタックを封じ込める。それでも逃げをあきらめないカンチェラーラは舗装区間で、報道のバイクを利用したアタックをかける。しかし、これもボーネンがしっかりとマークすることで逃げを許さず、3人がそれぞれライバル達をマークし続けながら走り続ける。
この3人は最後まで先頭交替をしながらついに競技場に入る。ここでボーネンは番手を一番後ろに変えるとラスト半周でスプリント。2人を一気に引き離し、一番にゴールラインを通過した。春のワンデーレースの不振を振りはらう見事な勝利であった。

優勝:ボーネン(QST) 5:58:42

--
フランドルに引き続き最後まで手を汗握るすばらしいレースでした。
この調子でアムステルも・・・。期待大です!
[PR]
by lanterne-rouge | 2008-04-14 21:40 | 2008プロツアー(ワンデー他)