タグ:EFIMKIN Vladimir ( 6 ) タグの人気記事
ありがとう!お疲れ様!!2010年引退選手 その1
今年引退する選手の中で思い出に残っている選手を3回に分けてご紹介します。
まずは第1回目です。

SIMONI Gilberto
ジルベルト・シモーニ

誕生日 : 1971.08.25
プロデビュー : 1994

イタリア人で文句なしのNo.1!
すごく好きな選手でした。
初めてシモーニを知ったのは多分2001年のジロ(2000年はボンヤリで、意識してなかったと思います)。
フリーゴ、ベッリとの3つ巴の戦いがすごく印象に残っています。
その年にジャパンカップに来たのですが、大雨で見に行かれず・・・今思えば無理していけばよかったなぁと後悔しています。
翌2002年ジロも強かったけど残念なことにレースから除外になり、
2003年はその鬱憤を晴らすかのような優勝をみせ、
トロフィーをうれしそうに掲げる姿がかっこよかったです。
2004年からはクネゴやバッソらに破れ総合優勝はできませんでしたが、個人的にジロ=シモーニでした。
そして、きっとこれからもそうなんだろうな。
来年のジロから彼の姿がないなんて想像できない。

主な所属チーム
SAE、LAM、SDV、SDA

主な成績
1998ヴェルタ総合19位
1999ジロ総合3位、スイス総合3位
2000ジロ総合3位(第15ステージ区間優勝)、ヴェルタ総合29位(第16ステージ区間優勝)
2001ジロ総合優勝、ヴェルタ総合36位(第20ステージ区間優勝)、スイス総合2位、ジャパンカップ優勝
2002ヴェルタ総合10位
2003ジロ総合優勝(第12,14,19ステージ区間優勝)&ポイント賞、ツール総合84位(第15ステージ優勝)、ジロ・デル・トレンティーノ第2ステージ区間優勝し総合優勝
2004ジロ総合3位(第4ステージ区間優勝)、ツール総合17位
2005ジロ総合2位、パリ~ニース第5ステージ区間優勝
2006ジロ総合3位
2007ジロ総合4位(第17ステージ区間優勝)
2008ジロ総合10位
2009ジロ総合24位
2010ジロ総合69位




ARRIETA LUJAMBIO Jose Luis
ホセルイス・アリエタ

誕生日 : 1971.06.15
プロデビュー : 1993

当時大好きだったチーム、バネストでデビューした選手。
エースとして走ることはほとんどなく、インドゥライン、オラーノ、ツーレ、マンセボー等歴代ビックネームのアシストとして21年間走り続けてきました。
なかでもマンセボーのアシストとしての活躍はみごと。いっしょにアージェードゥゼルに移籍したのにねぇ。
2006年にヴェルタでうれしいステージ優勝をあげたのが印象に残っています。
成績として残っているのがこれぐらいで、逆にそれが彼の偉大なところ。
本当にお疲れ様でした。

主な所属チーム
BAN、ALM




EFIMKIN Vladimir
ウラディミール エフィムキン

誕生日 : 1981.12.2
プロデビュー : 2005

最後の最後までウラディミールとアレクサンドルの区別がつかなかった・・・。
まして同じチームになると・・・無理w
まだまだやれる年齢なのになんでだろう?
グランツールひとつくらい勝つんじゃないかと思ったこともありました。
実力もある選手なのにもったいないですね。

主な所属チーム
BAR、GCE、ALM

主な成績
2005ダンケルク4日間第4ステージ区間優勝し総合2位、ポルトガル一周レース総合優勝&新人賞
2007エウスカルビジクレタ第2ステージ区間優勝、スイス総合6位,ヴェルタ総合6位(第4ステージ区間優勝)
2008ツール総合11位(第9ステージ区間2位※、第10ステージ区間5位※、第17ステージ区間6位)
2009バスク一周レース総合21位,リェージュ~バストーニュ~リェージュ20位,ドーフィネ総合14位

※ドーピング除外者の繰り上げはしていません。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-12-25 20:57 | 移籍情報
【ヴェルタ・ア・エスパーニャ 第七ステージ】
2007.09.07 カラオーラ~サラゴサ 176.3km

先頭を泳がせながら走る集団は、風力発電所の近くをとおりすぎたところで大規模な落車が発生。この落車でレゼムス(PRL)が自力で起き上がることができず、救急車に運ばれリタイアしてしまう。集団前方で発生したこの落車で、一旦スピードを落とした集団だったが、落ち着いたところで再び先頭を追い始め、残り7kmで先頭を走っていたロセンド(ACA)とガルシーア(REG)を吸収する。
ここからいつもどおりのゴール勝負へ向けての動きが見られるが、残り2kmを切ったところで、急に道が細くなり、なおかつ入り組んだ場所に入った関係で、再び落車が起きてしまう。難を逃れた集団前方にいた15名ほどの集団は後ろを気にしながらもそのままゴールスプリントを開始する。右サイドからザベル(MRM)がしかけ、中央からデービス(DSC)がスプリントをかけ2人の戦いとなるが、先に仕掛けたザベルが逃げ切りステージ優勝。パッとしなかったMRMにとって貴重な一勝となった。

ステージ優勝:ザベル(MRM) 3:52:05
総合トップ:エフィムキン(GCE) 28:27:08
ポイント賞:フレイレ(RAB)
山岳賞:マルティネス(KGZ)
複合賞:エフィムキン(GCE)

--
いよいよ最初の個人T.T。
エバンスやメンショフの調子は?
そして、総合トップのエフィムキンの力はいかほどなのか??
総合順位がめまぐるしく変わる可能性がある今回のT.T。
注目です。
[PR]
by lanterne-rouge | 2007-09-08 19:20 | 2007ヴェルタ・エスパーニャ
【ヴェルタ・ア・エスパーニャ 第六ステージ】
2007.09.06 レイノサ~ログローニュ 184.3km

先頭4人を泳がせていた集団は、横風が強い直線区間に来ると、中切れが発生し、いくつもの集団に分かれていく。しかし、これを利用して差を広げようとするチームが現れず、この区間が過ぎると徐々に遅れた選手が戻り始め集団はひとつに戻る。
一方、逃げていたクリストソフ(A2R)、ロペス(ACA)、オジェ(COF)、バックステッド(LIQ)の4人のうち、残り18kmでまずロペスが3人のスピードについていけず脱落。オジェもスピードをあげるクリストソフのスピードに一旦遅れてしまうが、粘りの走行をみせ2人についていく。3人は協調体制を見せながらも、駆け引きを行いつづける。どこかぎくしゃくした3人の関係も残り7km手前で集団に吸収され終了する。
これ以降、集団はゴールスプリントに向け、TMOが主導権を握るが、ゴールが近づくとMRM、QSIが両サイドから列車をかぶせてきて埋没してしまう。2チームの争いはMRMが勝利し、次々とアシストを入れ替えペタッキ(MRM)をゴールまで導こうとする。そして、最後の発射台であるザベル(MRM)まできたが、ここで逆サイドからデービス(DSC)がスプリントをかけると一気に集団の動きがかわり、MRMの勝利の方程式が崩壊。あわててペタッキが追うが、これをフレイレ(RAB)にまんまと利用され、またしてもステージ優勝ならず。勝ったフレイレは逆に3勝目と絶好調振りをアピールする結果となった。

ステージ優勝:フレイレ(RAB) 4:24:10
総合トップ:エフィムキン(GCE) 24:34:56
ポイント賞:フレイレ(RAB)
山岳賞:マルティネス(KGZ)
複合賞:エフィムキン(GCE)

--
いやいや、すごい雨と風でしたね。
これだけの雨はすごく久しぶり。
人生初経験の出来事も起こり、びびりまくりな一日でした。
明日にかけて、東北、北海道に移動するみたいですが、そちらにお住まいな方は気をつけてくださいね。

レースはまったり。のんびり見られる展開でありがたや~でした。
[PR]
by lanterne-rouge | 2007-09-07 23:03 | 2007ヴェルタ・エスパーニャ
【ヴェルタ・ア・エスパーニャ 第五ステージ】
2007.09.05 カンガス・デ・オニス~レイノサ 157.4km

先頭を走るのはクローン(CSC)。これに最後の山岳の前でゴメス(SDV)が追いつき、先頭は2人となる。しばらくは2人で先頭交代を行っていたが、残り31kmでクローンがアタックし、ゴメスを振り切り再び単独トップに躍り出る。
遅れて集団に下がってきたゴメスに代わって集団からマルチャンテ(SDV)が飛び出す。マルチャンテはクローンとの差を縮め始めるが、山頂までに捕らえきれず下りに入る。上りでは縮まっていた差だったが、下りに入るとスピードは均衡しほとんどタイム差が変わらない。逆に、マルチャンテと集団との差が縮まり、平坦に入るとマルチャンテは逃げるのをあきらめ、集団に戻ってしまう。唯一、トップをひたすら走っていたクローンも、スプリント勝負に向けてスピードをあげた集団に残り4kmをきったところでついに吸収されてしまう。
ステージ優勝争いは、最終直線に入り、ベッティーニ(QSI)がまずしかけ、ベンナーティ(LAM)がすぐに反応。中央で2人の争いとなるが、ベンナーティの後ろに付け右側にコースを変えてスプリントをしたフレイレ(RAB)が2人をかわし、ステージ優勝を果たした。

ステージ優勝:フレイレ(RAB) 4:07:51
総合トップ:エフィムキン(GCE) 20:10:41
ポイント賞:フレイレ(RAB)
山岳賞:マルティネス(KGZ)
複合賞:エフィムキン(GCE)

--
雨がすごいことに・・・。
関東では久しぶりの大型台風。
帰ってきたときにはもう全身びしょぬれさ~(笑
明日はたして仕事にいけるのか(汗
[PR]
by lanterne-rouge | 2007-09-06 22:12 | 2007ヴェルタ・エスパーニャ
【ヴェルタ・ア・エスパーニャ 第四ステージ】
2007.09.04 ラングレオ~ラゴス・デ・コバドンガ 185.1km

ペッリゾッティ(LIQ)、ガラテ(QSI)、ホーナー(PRL)ら34人ほどが集団より先行した状態でコバドンガに入る。ここから徐々に選手が脱落し始める中、エフィムキン(GCE)がアタックし単独トップにたつ。
一方、メイン集団では、サストレ(CSC)がアタック。これにペレイロ(GCE)が真っ先に反応する。スピードを上げるサストレに対し、集団も人数が絞られていき、サストレについていけたのは、メンショフ(RAB)、ピエーポリ(SDV)、ソレンセン(CSC)、エバンス(PRL)の4人。彼らは先頭のエフィムキンを追いつつも、ライバルたちの足を探るように走り続ける。
この中から、残り6kmメンショフが沈黙を破ってアタックをかける。これに今度はサストレがマークし、残り3人は少し遅れながらも喰らいつく。さらに残り3kmになると再びメンショフがアタックすると、ついにエバンス、ソレンセンが脱落。3人となったメイン集団は、先頭集団から遅れてきた選手を次々とパス。しかし、トップの走るエフィムキンを捉えることができず、エフィムキンがステージ優勝。2位にはスプリント勝負となり、ピエーポリが1分6秒遅れでゴールした。

ステージ優勝:エフィムキン(GCE) 4:39:55
総合トップ:エフィムキン(GCE) 16:02:50
ポイント賞:フレイレ(RAB)
山岳賞:マルティネス(KGZ)
複合賞:エフィムキン(GCE)

--
さてさて~、総合争いに動きが出始めましたねぇ。
やっぱり、サストレ、メンショフあたりが調子よさそうですね。
マルチャンテは最後粘れなかったのが痛い。
ただ、まだ決定的な差じゃないから今後挽回したいところ。
エバンスはT.Tがあるし、まだまだ平気かな?
[PR]
by lanterne-rouge | 2007-09-05 22:20 | 2007ヴェルタ・エスパーニャ
【ツール・ド・スイス 第六ステージ】
2007.06.21 ジュビアースコ~クラン・モンタナ 190.8km

レース中、雹が降る悪天候のため、ルフェネン峠がキャンセルになり、残り95kmからスタートとなった今日のステージ。
ペーニャ(UNI)とヴァッインスィンガー(VOK)が抜け出し、残り76kmで集団に27秒差をつける。残り66kmで1分4秒、残り42kmで2分29秒の差をつけるが、残り14kmになると集団に吸収されてしまう。
ここからクラン峠の上りとなり、CSCがハイスピードでコントロールし駆け上がっていく。その集団から残り10kmでデボルダー(DSC)がアタックし、これにロペス(GCE)が反応し、2人が抜け出しに成功する。しばらくするとロペスがデボルダーを振り切り単独トップに躍り出る。
遅れたデボルダーと入れ替わるように集団からはグロムザー(VOK)がアタックし抜け出しに成功する。グロムザーは勢いがあり残り7kmでロペスに合流する。残り5kmになると集団で総合トップのシュレック(CSC)が遅れ始める。これを見たライバル陣の中からまずシモーニ(SDV)がスピードを上げる。シモーニは先頭の2人に追いつくものの、メイン集団はシモーニの存在を軽視できずすぐに追い始めていたため、2人とともに残り3kmで吸収されてしまう。
するとここから今度はクネゴ(LAM)がアタック。これに再びシモーニが反応するがやはり集団はすぐにマークに入り逃げを許さない。ここからマルチャンテ(SDV)、そして再びクネゴがアタックをかけるがきまらない。お互いをマークしあうメイン集団にあって、ここまで後方につけていたデッケル(RAB)がアタック。このデッケルのアタックは強烈で、一気にライバルたちを後方に追いやり山岳ポイントを通過する。その後もスピードが落ちないデッケルはゴールまで余裕の逃げ切りをみせ、ステージ優勝をきめた。

ステージ優勝:デッケル(RAB) 2:28:00
総合トップ:エフィムキン(GCE) 21:57:03 
ポイント賞:ベンナーティ(LAM)
山岳賞:プローニ(QSI)
スプリント賞:シュタルダー(VOR)

--
ずいぶん大きな雹でしたね。
あれだけ車がボコボコになるなんて。おそろしや。
[PR]
by lanterne-rouge | 2007-06-23 14:11 | 2007ツール・ド・スイス