タグ:MOERENHOUT Koos ( 2 ) タグの人気記事
ありがとう!お疲れ様!!2010年引退選手 その2
今年引退する選手の中で思い出に残っている選手を3回に分けてご紹介します。
今回は第2回目です。

PEREIRO SIO Oscar
オスカル ペレイロ

誕生日 : 1977.08.03
デビュー : 2000

記憶にあるのはやっぱり2006ツール。
第13ステージの大逃げそしてマイヨジョーヌ。ランディスに逆転を許すも、ドーピング剥奪の末の総合優勝。
良くも悪くもあの出来事が彼の人生を大きく変えてしまいました。
その後は大落車などどこか不運に見舞われ、2010年はほとんど姿をみせることなく終え、引退となりました。
なんでも今度はサッカー界に転身だとか。
第2の人生も頑張ってください!

主な所属チーム
PHO、GCE、AST

主な成績
2002ジロ総合 11位
2003パリ~ニース総合10位、スイス総合3位(プロローグ区間2位、第6ステージ区間優勝)、ヴェルタ総合17位
2004パリ~ニース総合7位、ドーフィネ総合9位、ツール総合10位
2005ツール・ド・ロマンディ総合7位(プロローグ区間優勝)、ツール総合10位(第15ステージ区間2位、第16ステージ区間優勝、第19ステージ区間4位)&総合敢闘賞、ヴェルタ総合25位(第13ステージ区間2位、第18ステージ区間5位)
2006ツール総合優勝(第13ステージ区間2位、第16ステージ区間3位、第19ステージ区間4位)
2007ツール総合10位、ツール・ド・リムザン総合2位




RUBIERA VIGIL Jose Luis
ホセルイス ルビエラ

誕生日 : 1973.01.27
プロデビュー : 1995

個人的にはランスのアシストとしてではなく、ひとりのエースとして彼の走りを見たかった!
ケルメ時代はエスカルティン、エラス、セヴィリアら大エースの陰に隠れてはいたけど、山岳での強さは決して引けを取らなかったのを憶えています。
とはいってもアシストとして走る彼も、またすばらしかった。いつも完璧な仕事でランスを支えました。
彼の性格を考えるとアシストのほうが適していたのかな。

主な所属チーム
KEL、USP、DSC、AST、RSH

主な成績
1997ジロ総合10位(第19ステージ区間優勝)
1998ジロ総合13位、ジャパンカップ3位
1999ヴェルタ総合6位
2000ジロ総合8位(プロローグ5位、第13ステージ区間優勝)、スビーダ・ア・ナランコ優勝、ヴェルタ総合11位
2001ツール総合38位、ヴェルタ総合7位
2002ツール総合22位
2003ツール総合19位
2004ツール総合19位
2005ツール総合35位、ツール・ド・ポローニャ総合10位
2006ジロ総合13位(第3ステージ区間2位)、パリ~ニース総合9位
2007ジロ総合39位(第16ステージ区間4位)
2008ヴェルタ総合22位




MOERENHOUT Koos
コース モーレンハウト

誕生日 : 1973.11.05
デビュー : 1996

結構なベテラン選手だったのですね。
今年のレースでもそうですが、レースでちょくちょく目立っていたので今年で引退とは思いませんでした。
オランダチャンピオンジャージがすごく似合っていた人だと思います。

主な所属チーム
RAB、FAM、LOT、PHO

主な成績
1999バスク一周第4ステージ区間優勝し山岳賞、フレッシュワロンヌ8位
2000ツアー・ダウン・アンダー第1ステージ区間優勝
2005ヴェルタ総合12位
2007オランダ国内選手権ロード優勝(オランダチャンピオン)
2008ツール・ド・ベルギー総合2位、ツール総合34位(第11ステージ区間4位)
2009オランダ国内選手権ロード優勝(オランダチャンピオン)、ツアー・オブ・ベルギー総合2位、世界戦T.T7位
2010エネコツアー総合2位(第3ステージ区間優勝)
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-12-26 21:10 | 移籍情報
第6回エネコツアー 第三ステージ
2010.08.19 ロンセ~ロンセ 191.8km

残り40kmで上り坂の石畳に入り、集団からゲシェック(SKS)がアタック。しばらくしてボアソンハーゲン(SKY)、ボーム(RAB)、モーレンハウト(RAB)、マルティン(THR)も抜け出し、先頭は5人となる。しばらくはこの5人で先頭交代をしていたが、後続との差は開かず、次第に牽制状態となる。その隙を突いてモーレンハウトがアタックをかけ飛び出すと、マルティンが反応し先頭は2人となる。
遅れた3人は集団に吸収され、代わってキリエンカ(GCE)とボドナル(LIQ)が飛び出し追走集団を形成する。しかし、すぎにキリエンカがマシントラブルで脱落し、追走はボドナルひとりとなってしまう。ボドナルは単独で健闘していたが徐々に2人と離され、ついには諦め集団に戻っていく。一方先頭の2人は、協調体制がとれ、着実に集団との差を広げていく。残り21kmで52秒差にまで広げる。これに対し、集団もヴィレムス(LIQ)、イサシ(EUS)が飛び出すがRAB勢がすぐにマークに入り、逃げを許さない。
RABは集団の先頭交代を邪魔するように前方に位置し、時には横一列で並ぶなどモーレンハウトをアシストする。そのせいもあり、ついには差が1分を越え、ステージ優勝争いは先頭の2人に縛られる。前日までに総合7秒遅れに位置しているマルティンは是が非でも逃げ切りたく積極的に先頭交代を行う。また、モーレンハウトもステージ優勝を目指しており、2人は最後まで協力し見事逃げ切りに成功する。
最後は後ろにつけたモーレンハウトがスプリントをかけ念願のステージ優勝を獲得。2位にタイム差なしでマルティンが入り、こちらもうれしい総合トップに躍り出た。集団は遅れること1分24秒差でゴールし、頭を取ったA.デーヴィス(AST)がステージ優勝と勘違いし、遅れたマキュアン(KAT)は子供と一緒にゴールするシーンもあった。

ステージ優勝:モーレンハウト(RAB) 4:35:51
総合トップ:マルティン(THR) 13:45:31
スプリント賞:マキュアン(KAT)
新人賞:ボアソンハーゲン(SKY)





--
このステージは観戦していたのでちょこっと詳しく書きました。
個人的にエネコツアーは好きなレースのひとつなので、一ステージでも見れて満足です。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-08-21 18:46 | 2010プロツアー(ワンデー他)