タグ:PEREIRO SIO Oscar ( 7 ) タグの人気記事
ありがとう!お疲れ様!!2010年引退選手 その2
今年引退する選手の中で思い出に残っている選手を3回に分けてご紹介します。
今回は第2回目です。

PEREIRO SIO Oscar
オスカル ペレイロ

誕生日 : 1977.08.03
デビュー : 2000

記憶にあるのはやっぱり2006ツール。
第13ステージの大逃げそしてマイヨジョーヌ。ランディスに逆転を許すも、ドーピング剥奪の末の総合優勝。
良くも悪くもあの出来事が彼の人生を大きく変えてしまいました。
その後は大落車などどこか不運に見舞われ、2010年はほとんど姿をみせることなく終え、引退となりました。
なんでも今度はサッカー界に転身だとか。
第2の人生も頑張ってください!

主な所属チーム
PHO、GCE、AST

主な成績
2002ジロ総合 11位
2003パリ~ニース総合10位、スイス総合3位(プロローグ区間2位、第6ステージ区間優勝)、ヴェルタ総合17位
2004パリ~ニース総合7位、ドーフィネ総合9位、ツール総合10位
2005ツール・ド・ロマンディ総合7位(プロローグ区間優勝)、ツール総合10位(第15ステージ区間2位、第16ステージ区間優勝、第19ステージ区間4位)&総合敢闘賞、ヴェルタ総合25位(第13ステージ区間2位、第18ステージ区間5位)
2006ツール総合優勝(第13ステージ区間2位、第16ステージ区間3位、第19ステージ区間4位)
2007ツール総合10位、ツール・ド・リムザン総合2位




RUBIERA VIGIL Jose Luis
ホセルイス ルビエラ

誕生日 : 1973.01.27
プロデビュー : 1995

個人的にはランスのアシストとしてではなく、ひとりのエースとして彼の走りを見たかった!
ケルメ時代はエスカルティン、エラス、セヴィリアら大エースの陰に隠れてはいたけど、山岳での強さは決して引けを取らなかったのを憶えています。
とはいってもアシストとして走る彼も、またすばらしかった。いつも完璧な仕事でランスを支えました。
彼の性格を考えるとアシストのほうが適していたのかな。

主な所属チーム
KEL、USP、DSC、AST、RSH

主な成績
1997ジロ総合10位(第19ステージ区間優勝)
1998ジロ総合13位、ジャパンカップ3位
1999ヴェルタ総合6位
2000ジロ総合8位(プロローグ5位、第13ステージ区間優勝)、スビーダ・ア・ナランコ優勝、ヴェルタ総合11位
2001ツール総合38位、ヴェルタ総合7位
2002ツール総合22位
2003ツール総合19位
2004ツール総合19位
2005ツール総合35位、ツール・ド・ポローニャ総合10位
2006ジロ総合13位(第3ステージ区間2位)、パリ~ニース総合9位
2007ジロ総合39位(第16ステージ区間4位)
2008ヴェルタ総合22位




MOERENHOUT Koos
コース モーレンハウト

誕生日 : 1973.11.05
デビュー : 1996

結構なベテラン選手だったのですね。
今年のレースでもそうですが、レースでちょくちょく目立っていたので今年で引退とは思いませんでした。
オランダチャンピオンジャージがすごく似合っていた人だと思います。

主な所属チーム
RAB、FAM、LOT、PHO

主な成績
1999バスク一周第4ステージ区間優勝し山岳賞、フレッシュワロンヌ8位
2000ツアー・ダウン・アンダー第1ステージ区間優勝
2005ヴェルタ総合12位
2007オランダ国内選手権ロード優勝(オランダチャンピオン)
2008ツール・ド・ベルギー総合2位、ツール総合34位(第11ステージ区間4位)
2009オランダ国内選手権ロード優勝(オランダチャンピオン)、ツアー・オブ・ベルギー総合2位、世界戦T.T7位
2010エネコツアー総合2位(第3ステージ区間優勝)
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-12-26 21:10 | 移籍情報
【ツール・ド・フランス 第十八ステージ】
2006.07.21 モルズィヌ~マコン 197km

T.Tを前日に控えた最後の平坦ステージは、ライフェマー(GST)、アールツ(DVL)、フレチャ(RAB)、ヴォグルナール(FDJ)ら15人が前を走り、それをSDVが中心となって追う展開。
残り76kmで3:26、そして残り55kmで3:01と中盤まではそこそこのタイム差で逃がしていたが、普段牽きなれていないSDVにとってはここまでが限界。先頭集団が活発になると、その差が開いていってしまう。
最後の山岳である4級山岳が終わると、先頭ではカルザッティ(A2R)がアタック。この動きからイサシ(EUS)がアタックすると、ライフェマーがついていき先頭は2人となる。追走の13人も20~30秒遅れで追いかけ、残り20km手前で吸収する。残り17kmになると、追走集団で休んでいたライフェマーの同僚ショルツ(GST)がアタック。ショルツのアタックは強烈で一気にその差が広がっていく。遅れて追いかけたトザット(QSI)とモレーニ(COF)がなんとか追いつき3人で前を走る。ショルツとトザットは逃げ切りたい一心で先頭交代を繰り返すが、モレーニはきゴールスプリントに備え先頭交代を抜かしたりする。
先頭がショルツ、二番手にトザット、そして三番手にモレーニの順番で残り1kmを通過。ショルツは後ろ二人の動きを、そしてトザットは前のショルツと後ろのモレーニの動向を確認するべくなんども振り返る。モレーニは、トザットとの差を若干広げたりしてゴールスプリントにそなえる。そしてゴールまでの直線に入ると、トザットが進路を変えアタック。このアタックでショルツはあきらめ、トザットとモレーニの戦いとなるが、モレーニは最高の位置にいながらトザットの前に出ることができない。結局トザットがこのまま逃げ切りステージ優勝。数々のスプリンターに仕えたベテランアシストがツール初優勝を飾った。

区間優勝:トザット(QSI) 4:16:15
マイヨジョーヌ:ペレイロ(CIE) 84:33:04
マイヨベール:マキュアン(DVL)
マイヨブランアポアルージュ:ラスムッセン(RAB)
マイヨブラン:クネゴ(LAM)
ドサルルージュ:ライフェマー(GST)
-
頭脳戦を繰り広げたモレーニが勝つかなって思ってたけど、トザットでしたね~。
クイズの答え大穴狙いで他の選手にしなければ当たってたのに・・残念。

Excite ツール記事はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-07-22 16:31 | 2006ツール・ド・フランス
【ツール・ド・フランス 第十七ステージ】
2006.07.20 サン・ジャン・ド・モリアンヌ~モルズィヌ 200.5km

前日の遅れでトップのペレイロ(CEI)から8:08総合で遅れてしまったランディス(PHO)が序盤からアタック。この驚きのアタックにペレイロが脱落。しばらくはついていったクレーデン(TMO)ら総合上位陣も、スピードを緩めないランディスについていくことをあきらめ、ランディスの逃げを許す。一人となったランディスは10分以上離れた先頭集団を目指し走り始める。そして、最初の山岳を下るとその差が3分にまで縮まり、二つ目の山岳手前でついに先頭集団に追いつくことに成功する。
残り77kmになると、ひとり前を走っていたアルガン(C.A)を捕らえ、先頭のランディスらとメイン集団との差は5:31。メイン集団はまだまだタイム差てきに余裕があり、本気で追うことがないが、ランディスはボトルをボトルゲージに入れるすら惜しむほど、引き続ける。このランディスのスピードについていけず、先頭集団から次々と選手が脱落。ついにはランディスとシンケビッツ(TMO)の2人となる。ランディスは昨日の失敗と、今日の暑さのせいもあり終始頭に水をかけ、体力の消耗を防ぐ。そして、第3山岳ポイントを通過すると、集団とは8:35になり、ついにバーチャルマイヨジョーヌとなり、奇跡の大逆転が見えてくる。
そして、最後の山岳に入り、終始後ろにつけていたシンケビッツが脱落。ついに一人となり、ゴールを目指す。ステージ優勝は確実となったものの、総合争いで1秒でも詰めておきたいランディスは下りに入っても攻め続け、ついにゴール前へ。ゴール直前、昨日の失敗を自分の力で取り戻した今日の成功を誇るかのようにガッツポーズ、ゴールした。
一方、サストレ(CSC)も終盤動きを見せ、ペレイロとの差を12秒まで縮めることに成功。しかし18秒後ろにランディスが迫り、総合優勝に向けてきびしいポジションとなってしまった。

区間優勝:ランディス(PHO) 5:23:36
マイヨジョーヌ:ペレイロ(CIE) 80:08:49
マイヨベール:マキュアン(DVL)
マイヨブランアポアルージュ:ラスムッセン(RAB)
マイヨブラン:クネゴ(LAM)
ドサルルージュ:ランディス(PHO)
-
こんなステージを見たのは初めて。
まさか前日あれだけ遅れたランディスがここまで盛り返すとは誰が想像したでしょうか?
トップとわずか30秒ですし、T.Tで逆転して総合優勝に輝いて欲しいです。

Excite ツール記事はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-07-22 16:10 | 2006ツール・ド・フランス
【ツール・ド・フランス 第十六ステージ】
2006.07.18 プールドァザン~ラ・トゥスュイール 182km

山岳賞を狙うラスムッセン(RAB)がスタート後すぐにアタック。このアタックに、すぐさまバリャベック(LAM)が反応、そして後方から一人追い上げてきたカザール(FDJ)が追いつき先頭は3人となる。これを追って、集団からはいくつかのアタックがおき、追走グループができるがそれらがひとつにまとまり、ポポヴィッチ(DSC)、シモーニ(SDV)ら14人の集団となる。しかし、この集団は人数が多すぎ意思統一がされず、前を追いきれない。
そんななかラスムッセンは、カザール、そしてバリャベックを置き去り、ひとりで順調に山岳をこなしていく。ガリビエ、クロワ・フェールを一位通過し山岳ジャージを奪取。その後も、モラーをトップ通過し、頂上ゴールとなる最後の山岳トゥスュイールをも制し逃げ切りのステージ優勝をあげた。
しかし、このステージ一番の出来事は、マイヨジョーヌのランディス(PHO)。ランディスは最後の山岳に入り、ライフェマー(GST)、メンショフ(RAB)と続けざまのアタックに苦しめられ、さらに、サストレ(CSC)がアタックすると、ついにライバルたちから完全に脱落。ランディスの遅れを見たメイン集団は、マッツォレーニ(TMO)を中心に牽き始め、その差を広げていく。ランディス自身も元気がなくその差は見る見るうちに引き離されていく。
大きなライバルがいなくなったクレーデン(TMO)はさらにライバルたちを減らそうとメイン集団からアタックをかける。これについてこれたのは、エバンス(DVL)とペレイロ(CEI)のみ。メンショフ、モロー(A2R)、デッセル(A2R)、カウッキョーリ(C.A)らは遅れ始めてしまう。
結局このステージ、総合争いはサストレが2位でゴールし、3位でペレイロが13秒差、4位、5位にエバンス、クレーデンが15秒差、そこから遅れること41秒差でモロー、デッセルが入り、ランディスはサストレから遅れること9:24でゴールし、総合争いが一変するステージとなった。

区間優勝:ラスムッセン(RAB) 5:37:58
マイヨジョーヌ:ペレイロ(CIE) 74:38:05
マイヨベール:マキュアン(DVL)
マイヨブランアポアルージュ:ラスムッセン(RAB)
マイヨブラン:フォーテン(GST)
ドサルルージュ:ラスムッセン(RAB)
-
まさかまさかまさかのステージ。
正直ランディスが総合優勝で落ち着いたかと思っていたのですが・・・。
これでだれが勝つのかわからなくなってきましたね。
このままでいくと総合優勝争いは山岳では決まらず、前日のT.Tに持ち越されそうです。
今年は最後の最後までわからないレースになりそうです。

Excite ツール記事はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-07-20 20:58 | 2006ツール・ド・フランス
【ツール・ド・フランス 第十四ステージ】
2006.07.16 モンテリマール~ギャップ 180.5km

いよいよアルプス初日。初日は2級山岳二つと3級山岳二つの中級山岳ステージ。
ケスラー(TMO)、アールツ(DVL)、コンメッソ(LAM)、フェドリコ(BTL)の4人に、ヴェルブルッヘ(COF)とカニャダ(SDV)が追いつき先頭は6人になり、コルデペイルージュの峠を通過する。下りに入り補給地点となったところで、この6人と集団との差は4:00。今日も先頭の逃げを容認するかと思われた集団だが、今日は一味違いQSIが牽き始めコントロールし始める。するとしばらくして、LIQも加わり、徐々にタイム差を詰めていく。
そんな中先頭では、コーナーで路面の砂に滑ったヴェルブルッヘが態勢を取り戻せず、落車。ガードレールを乗り越えてしまい出血が酷くて立ち上がれない。また、ヴェルブルッヘの後方で走っていたカニャダも滑り落車。これにケスラーが巻き込まれ、ケスラーもガードレールを乗り越えてしまう。ここで、ヴェルブルッヘと鎖骨を折ったカニャダがリタイアし、ケスラーはコースに復帰するものの集団に戻ってしまう。
最後の山岳コルデラセンチネィルに入ると先頭でフェドリコがアタック。このアタックでアールツが脱落し、先頭はコンメッソと2人となる。集団では山岳ポイントを目指しRABがスピードを上げラスムッセン(RAB)が前へ出ると、デラフェンテ(SDV)がしっかりとマーク。しかしデラフェンテはスピードが出ずこれ以降遅れ始めてしまう。
下りに入り、一気にスピードを上げる集団に対して、先頭の2人は圧倒的不利な状況。残り7kmでついにその差は22秒となる。なんとか捕まらず平坦に入った2人は残り1kmでコンメッソがアタック。ここからフェドリコはつき位置。集団からはバンデベルデ(CSC)が飛び出し、前を追う。コンメッソは、フェドリコだけでなく、肉薄するバンデベルデにも注意を払わなければならず、徐々に大きくなってくる姿を見て、ついにアタック。これを待っていたフェドリコは、コンメッソをかわし、ステージ優勝。ツール初優勝をあげた。集団は7秒遅れでゴールし、惜しくも2人を捕まえることができなかった。

区間優勝:フェドリコ(BTL) 4:14:23
マイヨジョーヌ:ペレイロ(CEI) 64:05:04
マイヨベール:マキュアン(DVL)
マイヨブランアポアルージュ:デラフェンテ(SDV)
マイヨブラン:フォーテン(GST)
ドサルルージュ:コンメッソ(LAM)
-
今日は、ひまわり畑じゃなくラベンダー畑。こっちもきれいですね~。
レース昨日までとは打って変わって面白い展開。
集団も吸収できなかったけど、これくらいのことはやってもらわなくっちゃ面白くないですよね。
バンデベルデが優勝したら、クイズ当たってたのに^^;

Excite ツール記事はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-07-17 12:10 | 2006ツール・ド・フランス
【ツール・ド・フランス 第十三ステージ】
2006.07.15 ベズィエ~モンテリマール 230km

フォイクト(CSC)、ペレイロ(CEI)、シャバネル(COF)、クィンツァート(LIQ)、グリブコ(MRM)の5人が逃げている。残り103km地点でなんと19:29差と大差をつけ前を走る。この差は縮まるどころか逆にどんどん広がっていき、残り48kmで28:43となる。
残り33kmの上りで、グリブコがアタック。これにクィンツァートがカウンターを仕掛けると、逆にグリブコが脱落。先頭は4人となる。この4人から残り14kmでシャバネルがアタック。これに真っ先に反応したのはまたもやクィンツァート。クィンツァートがマークに入ったことでシャバネルは牽くのをやめ、再び先頭は4人となる。
この4人のまま残り10kmを切り、残り5kmでコーナーを利用し、クィンツァートがアタックをかける。このアタックにフォイクトがカウンターをかけるがどちらも決まらない。そして、今まで鳴りを潜めていたペレイロがアタックすると、フォイクトはしっかりとマークしたが、シャバネルとクィンツァートがお見合い状態。しばらくするとシャバネルらは先頭の2人を追い始めるが、追いつきそうになるとスピードを緩め、逆に差が広がってしまう。
まんまと逃げを決めたフォイクトとペレイロはゴールスプリントへ。残り1kmから先頭を走っていたフォイクトがそのままスプリントし、ステージ優勝。ペレイロはタイム差なしの2位でゴールし、集団が29:57遅れでゴールしたため、初のマイヨジョーヌを獲得した。

区間優勝:フォイクト(CSC) 5:24:36
マイヨジョーヌ:ペレイロ(CEI) 59:09:34
マイヨベール:マキュアン(DVL)
マイヨブランアポアルージュ:デラフェンテ(SDV)
マイヨブラン:フォーテン(GST)
ドサルルージュ:フォイクト(CSC)
-
全ステージを上回るほどのやるきのなさ^^;
唯一、シャバネルとクィンツァートの戦いが面白かったです。
フランス人とイタリア人ということでW杯の遺恨があるのかなぁ~って思いながら見てました。

Excite ツール記事はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-07-16 21:32 | 2006ツール・ド・フランス
【ツール・ド・フランス 第十六ステージ】
2005.07.19 ムレンクス~ポー 180.5km

エバンス(DVL)、ロドリゲス(DVL)、フレチャ(FAS)、ジルベール(FDJ)、テュルパン(A2R)、ピノー(BTL)、ジェラン(BTL)、ザンデオ(IBB)、ホーナー(SDV)、バスール(COF)、ルドリッヒ(DOM)の11人が先頭メンバーを形成。残り140kmで2分59秒差。そして残り115kmで6分24秒差とその差を広げていく。
コース中盤に控えるカテゴリー1級のマリーブランク峠に入ると、メイン集団ではやくもヴィノクロフ(TMO)がアタック。これにカシェキン(C.A)、ライフェマー(GST)、ペレイロ(PHO)が合流し、4人のグループとなり、メイン集団から抜け出しに成功。しかし、この集団でカシェキンが応援に来ていたお客さんに接触し、メイン集団にもどってしまう。また、ライフェマー、ヴィノクロフもペレイロのスピードについていけず脱落。集団ではこの後マッツオレーニ(LAM)がアタックし、これにバッソ(CSC)がついていくなど積極的な展開。その影響でメイン集団は一気に人数が絞られる。そのメイン集団に追いつかれたペレイロが再度アタックし、マッツオレーニとともに集団から抜け出すことに成功。この2人は先頭とメイン集団との間で走っていたセラノ(LST)に追いつき、3人で先頭を追う。
今年最後のカテゴリー超級であるオービスク峠に入り、残り80km付近になると先頭でもエバンスがアタックし、単独トップとなる。エバンスはオービスク峠をトップ通過し下りに入る。つづいて猛追するペレイロが47秒遅れで通過し、先頭を追う。ペレイロは緩斜面に入りついに先頭のエバンスに合流。その後、マッツオレーニも追いつき先頭は3人にとなる。ここで積極的にスピードを上げ先頭を走っていたペレイロになんとパンクが発生。ステージ優勝争いから脱落したかに思えたペレイロだが、なんとかザンデオとともに先頭に復帰に成功。先頭は4人となる。この4人とメイン集団との差は残り24kmで5分41秒差。そして残り9kmになると追走集団とは1分57秒差、メイン集団とは4分19秒とほぼ逃げ切れに成功。ステージ優勝は4人の争いに絞られる。
ここで、4人のうちエバンスはこの逃げで総合上位に入るチャンスがあるため、先頭をひたすら引き続ける。そしてその状態のまま、残り300mへ。ここで3番手につけていたペレイロがアタック。それをみた2番手につけていたマッツオレーニがすぐさま反応。これにザンデオが加わり、ゴールスプリント勝負となる。ザンデオがゴール手前で追い詰めるものの勝利への思いがひときわ強かったペレイロが逃げ切り念願のステージ優勝。またエバンスも総合7位に上昇し、今日の努力が報われた形となった。


区間優勝:ペレイロ(PHO) 4:38:40
マイヨジョーヌ:アームストロング(DSC) 66:52:03
マイヨベール:ヒュースホーウト(C.A)
マイヨブランアポアルージュ:ラスムッセン(RAB)
マイヨブラン:ポポヴィッチ(DSC)
ドサルルージュ:ペレイロ(PHO)
-

ペレイロすごい!
まさに炎のペレイロ^^;
今年のツール山岳はアルプスのラスムッセン、ピレネーのペレイロって感じでしたね。
最後の山岳も終わってマイヨジョーヌはほぼアームストロングに決定。
これからの見所はマイヨベール争いのみとなるのかな?

Excite ツール第十六ステージの記事はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2005-07-20 21:20 | 2005ツール・ド・フランス