タグ:SCHLECK Frank ( 10 ) タグの人気記事
第74回ツール・ド・スイス 第九ステージ
2010.06.20 リースタル~リースタル 26.9km

1位から7位までのタイム差が1分以内、12位までが2分以内と僅差で迎えた最終日の個人T.T。後半に入りトップタイムはバッラン(BMC)。このタイムをカンチェッラーラ(SAX)が1分3秒更新に成功する。このタイムを目標にザブリスキー(GRM)が11.4km地点の中間計測ポイントで17秒上回りゴールを目指す。しかし後半に入り伸び悩んだザブリスキーは11秒9遅れの2位でフィニッシュする。
カンチェッラーラがこのまま優勝かと思われたが終盤に入り、マルティン(THR)が16秒更新に成功する。マルティンは中間計測ポイントを3位で通過するが、後半一気に盛り返し見事カンチェッラーラのタイムを打ち破った。
そして注目の総合優勝争いは残念ながら再び降り始めた雨により、各選手ともタイムが上がらない。そんな中F.シュレック(SAX)が中間計測ポイントから好タイムをマーク。ゴールでも1分13秒遅れでゴールし、ゲシンク(RAB)を待つことになる。そのゲシンクも序盤より苦戦を強いられ中間計測で16分42秒と大幅に遅れてしまう。後半になってもこの遅れを挽回できず結局2分19秒遅れの40位でフィニッシュ。ゲシンクは総合トップから陥落し、F.シュレックが逆転でうれしい総合優勝に輝いた。

ステージ優勝:マルティン(THR) 0:32:21

総合優勝:F.シュレック(SAX) 35:02:00
総合2位:アームストロング(RSH) +12
総合3位:フグルサング(SAX) +17

ポイント賞:ブルグハード(BMC) 50pts
スプリント賞:フランク(BMC) 16pts
山岳賞:フランク(BMC) 49pts
チーム賞:チームサクソバンク(SAX) 105:03:40

--




逆転はあると思っていたけど、それはアームストロングだとばかり・・・。
まさかF.シュレックが勝つとは思わなかったですw
それにしてもスイスは最終日逆転が多いですね。
T.T逆転だとどうしてもイェーカーを思い出します。
今は何をやってるんだろう??
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-06-21 21:03 | 2010ツール・ド・スイス
第74回ツール・ド・スイス 第三ステージ
2010.06.14 シェル~シュヴァルツェンブルグ 196.6km

第三ステージは84.4km地点に1級山岳、172km地点に3級山岳を擁するなど小刻みにアップダウンが繰り返されるステージ。そのステージをプリュシュキン(KAT)、ヴェッカネン(FDJ)、カペッリ(FOT)の3人が逃げを決める。この3人のうち3級山岳手前の上りに入るとプリュシュキンがアタックをかけ2人を振り切り単独トップに躍り出る。
これに対しメイン集団でも残り29km付近でチュルカ(EUS)がアタックをかけると活性化し20人ほどの追走集団が形成される。この集団は残り21kmで先頭を走るプリュシュキンを吸収する。この中からアルバジーニ(THR)がアタックをかけ一時単独となるが、残り13kmでメイン集団に吸収される。この後もL.L.サンチェス(GCE)らのアタックが起こるが吸収される。
決め手のないままゴールが近づき残り1km手前でF.シュレック(SAX)がアタックをかける。F.シュレックは差を詰められつつもゴールまで逃げ切りステージ優勝。タイム差なしにウラン(GCE)が入り、3秒遅れの小集団でマルティン(THR)がゴール。総合トップのカンチェッラーラ(SAX)が4秒遅れでゴールしたため、マルティンが総合トップに躍り出た。

ステージ優勝:F.シュレック(SAX) 5:02:21
総合トップ:マルティン(THR) 9:38:04
ポイント賞:ホースラー(CTT)
スプリント賞:ルス(MRM)
山岳賞:プリュシュキン(KAT)

--




動きの多いステージで、一つ一つに反応してたら手が回らないくらい。
なので、ばっさりとやっときましたw
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-06-16 22:15 | 2010ツール・ド・スイス
第30回ツール・ド・ルクセンブルク 第二ステージ
2010.06.04 シフランジュ~ディフェルダンジュ 202.7km





F.シュレック(SAX)とカッラーラ(VAC)の一騎打ちはF.シュレックが勝利!しかし、総合ではカッラーラが上回りトップに躍り出た。

ステージ優勝:F.シュレック(SAX) 5:10:38
総合トップ:カッラーラ(VAC) 9:44:30
ポイント賞:F.シュレック(SAX)
山岳賞:モンテグロ(ACA)
新人賞:ジェニエ(SKS)

--
F.シュレックは地元の勝利に大喜び。
アームストロング(RSH)も総合3位に。
土井選手(SKS)は58秒遅れのステージ23位で1分3秒遅れの総合23位です。
ちょっと土井選手強くないか?
今年一番強い日本人選手は土井選手かも。
ターキーに続き総合トップ10が期待できそう。がんばれ土井選手!!
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-06-05 19:44 | 2010その他レース
F.シュレック おめでとう!!
F.シュレックが恋人にプロポーズ!

ニュース元はこちら

なんとまぁ、おめでたいニュースが。こういうニュースが流れるあたりもうオフシーズンなのかなぁと(笑

コンタドールと3人で写ってる写真が載ってるけど、こういうの見るとコンタドールがSAXに移籍すればいいのにって思っちゃう。誰がエースを務めるにせよ圧倒的な強さを見せるだろうなぁ。ちょっと見てみたい。

とにもかくにも。
F.シュレック夫妻お幸せに~。
[PR]
by lanterne-rouge | 2009-11-09 22:25 | ネットニュース
ツール・ド・フランス 第十七ステージ
2009.07.22 ブール・サン・モーリス~ル・グラン・ボルナン 169.5km

アルプス最終ステージは、スタート直後に1968mの1級山岳ロスラン峠を通過し、その後1級、2級、1級、1級を通過しゴールする山岳ステージ。
今日も序盤より積極的な動きが見られ、シャヴァネル(QST)ら15人強の集団が逃げを決める。この集団に最初の山岳を通過後ヒュースホーウト(CTT)が合流し、第2山岳に入るとそのヒュースホーウトとルキャトル(AGR)の2人が抜け出しを図る。しばらくは2人で進んでいたがルキャトルのバイクにアクシデントが発生し、先頭はヒュースホーウト1人となってしまう。
単独となったヒュースホーウトは貯金をうまく使い、上りでは後続に差を縮められるものの下りで引き離し、最初のスプリントポイントをトップ通過する。この後もさらに逃げ続けるヒュースホーウトは山岳を次々に通過。二つ目のスプリントポイントも無事トップ通過を果たし今日の目標を達成する。この後ヒュースホーウトはバレド(QST)にかわされ先頭が交代。しかしそのバレドもヴァンデンブロック(SIL)にかわされてしまいトップが交代する。
一方メイン集団は、序盤よりSAXが牽く展開。アタックはかけなかったものの主要選手が続々脱落していってしまう。そして4つ目の山岳に入りF.シュレック(SAX)が牽くと一気にスピードが上がり逃げ集団から遅れた選手を次々とパスしていく。ここからA.シュレック(SAX)がアタックをかけると反応できたのはコンタドール(AST)とクレーデン(AST)の2人のみで3人の集団が形成される。
3人はまず先頭のヴァンデンブロックを吸収し4人に。さらに後方からF.シュレックが合流し5人となる。ここからシュレック兄弟が交互に牽き始めるとまずヴァンデンブロックが脱落。後続に徐々にタイム差をつけはじめ最後の山岳に入る。
ここでもシュレック兄弟が牽く中、残り16.7kmでコンタドールがアタックをかける。コンタドールは3人を引き離すが、クレーデンがシュレック兄弟から遅れることを確認すると踏むのを止めてしまいシュレック兄弟に追いつかれてしまう。
近場のライバルをすべて追い落としたシュレック兄弟はここからさらに踏み始め山頂を通過。コンタドールと交渉しながら下りに入る。コンタドールは2人に敬意を表しつつも最後尾に位置し先頭交代に加わらない。スプリント力に上回るコンタドールにステージ優勝を奪われる恐れを抱いたシュレック兄弟はしきりにコンタドールを確認する。これを安心させるかのように2人に合図するコンタドールだったが、シュレック兄弟は最後まで警戒し続けゴール前に到達する。
ここでコンタドールが少し前にでる動きを見せるが、スピードはなくF.シュレックがステージ優勝。3位にA.シュレックが入り見事ステージ1,3フィニッシュを果たし総合で3位、2位にジャンプアップすることに成功した。

ステージ優勝:F.シュレック(SAX) 4:53:54
総合トップ:コンタドール(AST) 72:27:09
ポイント賞:ヒュースホーウト(CTT)
山岳賞:ペッリゾッティ(LIQ)
新人賞:A.シュレック(SAX)
敢闘賞:ヒュースホーウト(CTT)

--
いまさっき帰ってきました^^;
ぐちゃぐちゃだけど取り急ぎUPしておきます。
個人的に今日はヒュースホーウト、ファンデヴェルデとニバリがポイント高めでした。

・今日のクイズ
○×(ステージはニバリ予想。上りで離れすぎたかぁ。)

・今日の日本人選手
新城(BBO) ステージ151位 +35:47(総合134位 +2:44:31↓)
別府(SKS) ステージ77位 +29:43(総合126位 +2:36:45↑)
[PR]
by lanterne-rouge | 2009-07-23 21:59 | 2009ツール・ド・フランス
ツアー・オブ・カリフォルニア 第八ステージ
2009.02.22 ランチョベルカルド~エスコンディード 155.8km

レースも後半になり先頭に残ったのはF.シュレック(SAX)とニバリ(LIQ)の2人。ニバリが総合10位ということもあってメイン集団では各チーム入り混じって追うがなかなかその差を詰めることが出来ない。猛追を受ける2人は上りになるとそのニバリが遅れ気味になるため、F.シュレックはニバリを振り返り助け合いながら逃げ続ける。
結局上りを終えゴール地点の街に入っても差は1分前後とかわらず2人の逃げが成功、残り1kmを通過する。この付近よりF.シュレックは先頭交代せず付き位置状態。ニバリも先頭交代を要求せず、1秒でもタイム差を稼ぎたいと懸命に牽き続ける。その結果、残り200m付近で満を持してF.シュレックがアタック。ニバリは抵抗しないことから差がつき、F.シュレックが余裕のステージ優勝。遅れること40秒後に集団がゴールし、この瞬間ライプハイマー(AST)の3連覇が確定した。

ステージ優勝:F.シュレック(SAX) 3:48:39

総合優勝:ライプハイマー(AST) 31:28:21
ポイント賞:カヴェンディシュ(THR) 36pts
山岳賞:マッカートニー(SAX) 39pts
新人賞:ゲシンク(RAB) 31:30:15
チーム賞:AST 94:28:50

--



[PR]
by lanterne-rouge | 2009-03-02 20:37 | 2009その他レース
ツール・ド・フランス 第十六ステージ
2008.07.22 クネオ~ジョズィエール 157km

2つの超級山岳が設定された第十六ステージ。
勝負が動き出したのは、二つ目の超級ボネット峠にて。
まずは30人近い追走集団から、バリャベツ(ALM)がアタックするとついて来れたのは9人のみ。ここからデッセル(ALM)がバリャベツのために牽き始め、残り27kmで先頭を走っていたシューマッハー(GST)を吸収する。終始デッセルが牽いていたが、山頂手前500mでオーガスティン(BAR)がアタックすると、9人は分裂。まずオーガスティンが山頂をトップ通過し、デッセル、ポポヴィッチ(SIL)、アロヨ(GCE)、カザール(AGR)が集団を形成しあとを追う。
一方集団でもA.シュレック(CSC)が先頭を牽き始めると、ニバリ(LIQ)、ファンデベルデ(TSL)、エフィムキン(ALM)が遅れ一気に人数が絞られる。9人に絞られたメイン集団だったが先行していたアルベセン(CSC)が合流し、A.シュレックの代わりに牽き始める。しばらくしてアルベセンは力尽き脱落するが、今度は残り26kmになるとフォイクトが合流し、今度はフォイクトが牽き始め、山頂を先頭から2分6秒遅れで通過する。
下りに入ると追走の4人はオーガスティンに追いつき5人となるが、コーナーでそのオーガスティンがなんとコースアウトしてしまい、追走の4人がそのまま先頭の4人となり、ゴールを目指す。集団ではサンチェス(EUS)が先行し、それを追うようにコール(GST)、エバンス(SIL)がスピードを上げるとメンショフ(RAB)が遅れ始める。コーナーが多くテクニカルな下りとなっているため、メンショフはなかなか前に追いつくことができない。逆にその差を徐々に広げられてしまいこのステージ大きなロスをしてしまうこととなる。
下りが終わるともうそこはゴール前。ステージ優勝は先頭の4人に絞られ、残り1.2kmでポポヴィッチがまず動くがカザールに反応され失敗に終わる。残り1kmをきり今度はアロヨがアタックをかけるが逆にデッセルにカウンターをかけられてしまう。デッセルは3人に若干の差をつける、連続するコーナーを生かし見事逃げ切り優勝。2年前逃したステージ優勝をこのハードな山岳ステージで見事取り返すことに成功した。
一方遅れたメンショフは結局メイン集団から遅れること35秒でゴール。総合優勝争いで大きく後退してしまう結果となった。

ステージ優勝:デッセル(ALM) 4:31:27
総合トップ:F.シュレック(CSC) 68:30:16
ポイント賞:フレイレ(RAB)
山岳賞:コール(GST)
新人賞:A.シュレック(CSC)
敢闘賞:シューマッハー(GST)

--
オーガスティン大丈夫かぁーーー。
今年は下りがコワイのぉ(((( ;゚Д゚))))

今日のメンショフの遅れは決定的。
十七ステージで挽回をしない限り絶望的か。

夏風邪気味で正直ツールどころじゃないです。あんまり覚えが・・・(ごにょごにょ)。

今日のクイズ
ボーナスクイズ5:× BAR。(大穴狙いでTSLにいったのですが^^;)
レギュラークイズ16:○ F.シュレック。(こっちは順当に。)
[PR]
by lanterne-rouge | 2008-07-23 17:39 | 2008ツール・ド・フランス
ツール・ド・フランス 第十五ステージ
2008.07.20 アンブラン~プラート・ネヴォーゾ 185km

アルプス初日は序盤に超級山岳アニエル峠を通過し、イタリアに入り1級山岳のプラート・ネヴォーゾにゴールするステージ。スタート地点は大雨と最悪のコンディションの中スタートした選手達は残り170km地点でマルティネス(EUS)、アリエタ(ALM)、ペイト(TSL)が抜け出し、この3人にゲランス(C.A)が追いつき4人の逃げ集団が形成される。集団は今日のコースと大雨ということもあり、この4人を追わずあっという間にその差が広がり、残り145kmでタイム差は10分となる。4人は淡々と先頭交代を繰り返し、その差をさらに広げ超級山岳を通過し、最後の山岳に入る。残り8km地点でマルティネスがアタックをかけると、アリエタがペースについていけず脱落。3人となるがゲランスはついていくのが精一杯で、先頭交代も儘ならない。マルティネス、ペイトの2人はお互いをマークしながらもアタックを試みるが抜け出すことができず、ついにゴール前へ。ここで、ここまで最後尾で防戦一方だったゲランスがアタックすると、ペイトがあきらめてしまい勝負の行方は2人に絞られる。追うマルティネスだったがスプリント力で上回るゲランスに追いつくことがかなわずゲランスが大金星となるステージ優勝を獲得した。
総合争いは、超級山岳下りにてペレイロ(GCE)が落車しリタイアするなど頻繁にアクシデントが発生したため、先頭を捕まえることができず各選手とも今日はライバルに差をつけることだけに専念する。メイン集団ではA.シュレック(CSC)が献身的に牽き、隙を見てはアタックをかけライバル達の体力を落とし、さらにサストレ(CSC)が最後尾からカウンターをするなどCSCのチーム攻勢により、一気にメンバーが絞られエバンス(SIL)ら10人となってしまう。そんな中、集団中ほどよりメンショフ(RAB)がアタック。メンショフは9人に差をつけるがなんとコーナーで落車してしまい、逆に集団から遅れてしまう。しかし、他の選手達はこの隙に逃げることをせずメンショフが戻るまでスピードを落としたため、メンショフは集団に復帰し事無きを得る。集団に追いついたメンショフはしばし休息したあと再びアタックをかけ、サストレ、コール(GST)が反応しついに抜け出しが成功する。残された7人のうちバルベルデ(GCE)のみがこの3人に追いつくがその他6人はお互い牽制状態で差が広がってしまう。抜け出した4人はメンショフ、コールが積極的に牽き差を広げていく。そして残り1kmでコールがアタックするとメンショフ、バルベルデが次々に遅れ、サストレと2人となる。総合トップがかかったコールは力を振り絞り、サストレとともにゴール。エバンス、F.シュレックの帰りを待つ。その遅れた2人はゴール前のF.シュレックのアタックでエバンスが遅れF.シュレックがコールから遅れること38秒でゴール。エバンスはF.シュレックから9秒遅れたため総合が入れ替わりF.シュレックがトップに立ち、7秒遅れでコールが続く形でアルプス初日が終了した。

ステージ優勝:ゲランス(C.A) 4:50:44
総合トップ:F.シュレック(CSC) 63:57:21
ポイント賞:フレイレ(RAB)
山岳賞:コール(GST)
新人賞:A.シュレック(CSC)
敢闘賞:マルティネス(EUS)

--
最後の山岳面白かったですね。
今日のステージを見る限り、エバンスは山岳がきつそう。ダンシングで走っていたけど、いっぱいいっぱいだったので今後が心配。CSCはSDVがいなくなったためチーム力が別格。やりたい放題で、ついにマイヨジョーヌを獲得しました。メンショフも元気な走りを見せてエバンスとのタイム差を詰めれたことで、今日のステージは成功かな。
その他にも山岳賞トップに立ち2位に躍進したコール、虎視眈々とライバル達の動向を探っているファンデベルデ(TSL)などの選手達も面白い存在。明日以降どうなるのか非常に注目です。


今日のお城
このお城の歴史、説明にもあったけどなかなか血みどろですね。夜はもちろん昼もコワイかなっと。

今日のクイズ
ボーナスクイズ4:○ スペイン。(まさにボーナスクイズといったところでしょうか。)
レギュラークイズ15:○ コール。(こちらも彼しかいないって言う感じでしたね。)
[PR]
by lanterne-rouge | 2008-07-21 12:05 | 2008ツール・ド・フランス
【ツール・ド・スイス 第四ステージ】
2007.06.19 ナウダース~トリーゼンベルグマルブン 167.2km

ドゥーラン(SDV)、デウェールト(COF)の2人が逃げている。残り59kmで5分25秒、残り49kmで3分39秒そして残り30kmになるとその差が1分39秒にまで縮まっていく。そしてついに集団は最後の山岳に入る前に2人を捕らえ、いよいよ勝負どころとなる山岳に入る。
ここで、まず総合リーダーのカンチェラーラ(CSC)が脱落。そして残り8kmでシモーニ(SDV)がスピードを上げると、一気に集団が絞られる。さらにシュレック(CSC)が先頭を引き始めると、先頭はカラーラ(UNI)とシュレックの2人だけとなる。
遅れをとった残りのメンバーだが、自らのペースで走り、徐々にその差を詰めていく。そして、ようやく先頭の2人に追いついたものの、ここで再びシュレックがアタックをかけると再び離れ、シュレックとの差が広がっていってしまう。シュレックを追うメイン集団はデボルダー(DSC)が引っ張りあげるが、誰も先頭交代をしないため、追いつくきっかけすらない状態。八方塞のこの集団から、マルチャンテ(SDV)が残り3kmでアタックをかけるが、途中20秒前後までつめるのが精一杯。
シュレックは疲れを見せながらも、ラスト1kmでラストスパートをし、追いすがるマルチャンテ、エフィムキン(GCE)を逆に引き離しステージ優勝。同僚のカンチェラーラから引き続いてCSCが総合ジャージを獲得することとなった。

ステージ優勝:シュレック(CSC) 4:20:37
総合トップ:シュレック(CSC) 14:32:24
ポイント賞:カンチェラーラ(CSC)
山岳賞:プローニ(QSI)
スプリント賞:シュタルダー(VOR)

--
サストレとクレーデンはどこに!?
いやいや2人がそろって総合争いに絡まないとは・・・。
個人的には肩透かし状態ですねぇ。
コボもメイン集団には残っていなかったのが残念。
シモーニやクネゴが目立っちゃいけないレースだと思うんだけどなぁ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2007-06-20 22:55 | 2007ツール・ド・スイス
【ツール・ド・フランス 第十五ステージ】
2006.07.17 ギャップ~ラルプ・デュエズ 187km

残り115kmでデラフェンテ(SDV)、クネゴ(LAM)、ランダルーチェ(EUS)、シャバネル(COF)、ヒンカピー(DSC)、フレチャ(RAB)、ガルゼッリ(LIQ)、フォイクト(CSC)ら25人が逃げている。集団とのタイム差は4:40。このメンバーからイゾアール峠なかほどでガルゼッリがアタック。ガルゼッリはこのままイゾアールを制し、下りに入るがなにぶん一人の逃げで、次のロータレ峠に向かうまでの平坦を考えると、このまま一人走るのは得策ではないため、平坦に入るとのんびりペース。補給地点を越えたところで再び、先頭メンバーと合流する。
ロータレ峠に入ると、今度はビッラ(LAM)がアタック。これに山岳ジャージのデラフェンテが動き2人で前を走る。デラフェンテが反応したとき嫌な顔をしたビッラだったが、その後は協調体制で山頂通過。しかしデラフェンテは山岳ポイント目当てのため、下りに入ると前を牽くのを止め、結局下りで先頭メンバーと合流する。
そして、ついに最後の山岳ラルプ・デュエズに入ると、フォイクト、シャバネルらが脱落し始める。そんななかアタックをかけたのは、クネゴ。クネゴは断続的にスピードを上げ結局ついてこれたのは、シュレック(CSC)のみ。途中マッツォレーニ(TMO)が追いつくもののシュレックがスピードを上げると再び脱落。ステージ優勝は2人の争いとなる。山岳得意のクネゴだったが、序盤から前を牽いていたため、残り2km付近のシュレックのアタックについていかれず、シュレックの背中を見て走ることに。一人となったシュレックはこのままゴールを目指し疲れた表情をしながら必死に走る。そして、ゴール直前のカーブ手前で何度も後ろを確認しついに勝利を確信。両手を挙げゴールラインをきった。
一方、総合争いは、リーダージャージのペレイロ(CEI)が遅れたため、PHOがスピードを上げるとロジャース(TMO)、クレーデン(TMO)、ランディス(PHO)、エバンス(DVL)、メンショフ(RAB)の5人となる。この5人からロジャース、メンショフが脱落し、さらにランディスがスピードを上げると、エバンスも遅れ始める。しかし、逆に前を追い上げてきたのが、サストレ(CSC)とライフェマー(GST)。ただし、この2人もクレーデンがスピードを上げると脱落。結局、ランディスとクレーデンは二人並走のまま走り続け、ガルゼッリら先頭から遅れてきたメンバーを引き連れゴール。ペレイロが1:39遅れでゴールしたため、ランディスが再びマイヨジョーヌを獲得した。

区間優勝:シュレック(CSC) 4:52:22
マイヨジョーヌ:ランディス(PHO) 69:00:05
マイヨベール:マキュアン(DVL)
マイヨブランアポアルージュ:デラフェンテ(SDV)
マイヨブラン:フォーテン(GST)
ドサルルージュ:ガルゼッリ(LIQ)
-


Excite ツール記事はこちら
[PR]
by lanterne-rouge | 2006-07-19 18:12 | 2006ツール・ド・フランス