タグ:Tour of California ( 29 ) タグの人気記事
第5回ツアー・オブ・カリフォルニア 第八ステージ
2010.05.23 アゴウラヒルズ~アゴウラヒルズ 134.4km





ヒンカピー(BMC)ら5人の選手が逃げを決め、これをロジャース(THR)らが追う。
しかし、タイム差は縮まらずこの5人で優勝争いとなる。
けん制するも最後はゴールスプリントとなり、勝ったのはヘシェルダル(GRM)。
絶妙のタイミングで仕掛け最終ステージを制した。

ステージ優勝:ヘシェルダル(GRM) 3:21:56

総合優勝:ロジャース(THR) 33:08:30
総合2位:ザブリスキー(GRM) +9
総合3位:ライプハイマー(RSH) +25

スプリント賞:サガン(LIQ) 49pts
山岳賞:ラボー(TT1) 77pts
新人賞:サガン(LIQ) 33:10:36
チーム賞:ガーミン・トランジションズ(GRM) 99:29:17
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-05-24 23:24 | 2010その他レース
第5回ツアー・オブ・カリフォルニア 第七ステージ
2010.05.22 ロサンゼルス~ロサンゼルス 33.6km





ロサンゼルスで行われた個人T.T。マルティン(THR)がトップタイムをたたき出す中、連覇を目指すライプハイマー(RSH)は暫定2位でフィニッシュ。これに逆転優勝を目指すザブリスキー(GRM)はライプハイマーを6秒上回り、総合トップのロジャース(THR)はさらにこれを5秒上回る。しかし、マルティンのタイムを更新できずマルティンがステージ優勝。不調だった今シーズンうれしい勝利を飾った。

ステージ優勝:マルティン(THR) 0:41:41
総合トップ:ロジャース(THR) 29:46:06
スプリント賞:ロジャース(THR)
山岳賞:ラボー(TT1)
新人賞:サガン(LIQ)
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-05-23 17:46 | 2010その他レース
第5回ツアー・オブ・カリフォルニア 第六ステージ
2010.05.21 パサデナ~ビックベアーレイク 213.7km





小集団でのゴールスプリントとなった第六ステージ。ロングスプリントをかけた選手を吸収し、横一線でスプリントとなるが、その中から飛び出したのがサガン(LIQ)。ロジャース(THR)らを抑えカリフォルニア2勝目を飾った。

ステージ優勝:サガン(LIQ) 6:07:08
総合トップ:ロジャース(THR) 29:04:03
スプリント賞:サガン(LIQ)
山岳賞:ラボー(TT1)
新人賞:サガン(LIQ)

--
風邪をひいてしまいました。
なぜにTOJの期間に・・・って感じです。
今日の伊豆ももちろん明日の東京も小雨じゃなかったら行くの止めようと思ってます。
体調しだいだけど。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-05-22 19:52 | 2010その他レース
第5回ツアー・オブ・カリフォルニア 第五ステージ
2010.05.20 ビセーリア~ベーカーズフィールド 195.5km





飛び出したフォイクト(SAX)、逃げていたデイ(DER)を吸収したメイン集団はTHR、GRMが牽く中ゴールスプリント。ザブリスキー(GRM)の番手に付けたサガン(LIQ)が前に出ると他を寄せ付けず圧勝。早々ガッツポーズしゴールラインを通過した。

ステージ優勝:サガン(LIQ) 4:52:28
総合トップ:ロジャース(THR) 22:56:59
スプリント賞:サガン(LIQ)
山岳賞:アンデルソン(KBS)
新人賞:サガン(LIQ)

--
このステージ序盤に落車があり、アームストロング(RSH)が巻き込まれ目の下を切ってリタイア。
残念だけど、直接目が傷つかなかったのは不幸中の幸いです。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-05-21 22:42 | 2010その他レース
第5回ツアー・オブ・カリフォルニア 第四ステージ
2010.05.19 サンノゼ~モデスト 195.5km 





CTTが牽く中残り4kmを切るが、ここでチャリンギ(RAB)がアタック。しかし、残り3kmで吸収されるがここでマルテルス(RAB)がカウンターを仕掛ける。この瞬間に落車が発生し、アームストロング(RSH)が巻き込まれてしまう。マルテルスはすぐに吸収され、ゴールスプリントとなるが今日はほぼ横一線。そんな中逆サイドから大きく回って前に出たキッキ(LIQ)がカヴェンディシュ(THR)らを徐々に離しステージ優勝をあげた。

ステージ優勝:キッキ(LIQ) 4:55:02
総合トップ:ザブリスキー(GRM) 18:04:35
スプリント賞:カヴェンディシュ(THR)
山岳賞:アンデルソン(KBS)
新人賞:サガン(LIQ)
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-05-20 22:55 | 2010その他レース
第5回ツアー・オブ・カリフォルニア 第三ステージ
2010.05.18 サンフランシスコ~サンタクルーズ 113.3km





ライプハイマー(RSH)、ロジャース(THR)、ザブリスキー(GRM)の3人が逃げている。集団もすぐ後ろを走るがこの強力な3人に対して詰め寄ることができない。そして残り1km過ぎるとザブリスキーがアタックをかける。これをライプハイマーが追いザブリスキーを捕まえるが、力を使ってしまいザブリスキーをかわすことができない。変わってロジャースが上がり差し込むが、ザブリスキーには届かずザブリスキーがステージ優勝をあげた。

ステージ優勝:ザブリスキー(GRM) 4:26:09
総合トップ:ザブリスキー(GRM) 13:09:33
スプリント賞:カヴェンディシュ(THR)
山岳賞:ラボー(TT1)
新人賞:サガン(LIQ)
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-05-19 18:06 | 2010その他レース
第5回ツアー・オブ・カリフォルニア 第二ステージ
2010.05.17 デーヴィス~サンタローザ 177.2km





イタリアも雨なら、アメリカも雨。第二ステージもゴールスプリントとなり、勝ったのはランカスター(CTT)。追いこんだサガン(LIQ)は惜しくも2位に終わった。

ステージ優勝:ランカスター(CTT) 4:38:48
総合トップ:ランカスター(CTT) 8:43:24
スプリント賞:ランカスター(CTT)
山岳賞:ラボー(TT1)
新人賞:サガン(LIQ)
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-05-18 22:04 | 2010その他レース
第5回ツアー・オブ・カリフォルニア 第一ステージ
2010.05.16 ネバダシティー~サクラメント 167.8km





周回コースもラスト一周となりTHRがスピードアップを図る。すると落車が発生し、ゴール前でも落車が起こる。
この落車に優勝候補のボーネン(QST)が巻き込まれてしまう。
ステージ優勝はTHRが牽くなか、解き放たれたカヴェンディシュ(THR)がJ.アエド(SAX)を抑えステージ優勝を上げた。

ステージ優勝:カヴェンディシュ(THR) 4:04:46
総合トップ:カヴェンディシュ(THR) 4:04:46
スプリント賞:カヴェンディシュ(THR)
山岳賞:マッチ(BIS)
新人賞:クリストフ(BMC)

--
というわけでダイジェストだけ。
JSPORTSの放送はジロ終了後または、休息日にちょくちょく見ていきます。
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-05-17 22:44 | 2010その他レース
ツアー・オブ・カリフォルニア 第八ステージ
2009.02.22 ランチョベルカルド~エスコンディード 155.8km

レースも後半になり先頭に残ったのはF.シュレック(SAX)とニバリ(LIQ)の2人。ニバリが総合10位ということもあってメイン集団では各チーム入り混じって追うがなかなかその差を詰めることが出来ない。猛追を受ける2人は上りになるとそのニバリが遅れ気味になるため、F.シュレックはニバリを振り返り助け合いながら逃げ続ける。
結局上りを終えゴール地点の街に入っても差は1分前後とかわらず2人の逃げが成功、残り1kmを通過する。この付近よりF.シュレックは先頭交代せず付き位置状態。ニバリも先頭交代を要求せず、1秒でもタイム差を稼ぎたいと懸命に牽き続ける。その結果、残り200m付近で満を持してF.シュレックがアタック。ニバリは抵抗しないことから差がつき、F.シュレックが余裕のステージ優勝。遅れること40秒後に集団がゴールし、この瞬間ライプハイマー(AST)の3連覇が確定した。

ステージ優勝:F.シュレック(SAX) 3:48:39

総合優勝:ライプハイマー(AST) 31:28:21
ポイント賞:カヴェンディシュ(THR) 36pts
山岳賞:マッカートニー(SAX) 39pts
新人賞:ゲシンク(RAB) 31:30:15
チーム賞:AST 94:28:50

--



[PR]
by lanterne-rouge | 2009-03-02 20:37 | 2009その他レース
ツアー・オブ・カリフォルニア 第七ステージ
2009.02.21 サンタクラリタ~パサデナ 143km

先頭はF.シュレック(SAX)ら10人。好メンバーが逃げていることもあって、メイン集団もAST主導で追う。しかし周回コースに入ってもその差は4分弱とほぼ逃げ切りが決定的となる。ここで先頭の10人のステージ優勝をかけた争いが始まり、トップをきってツベルグ(BMC)がアタックをかける。これはすぐに吸収されるが、ノチェンティーニ(ALM)がアタックをかけるとヒンカピー(THR)、ツベルク、ロールストン(CTT)、F.シュレックが加わり3周回目に突入する。
5人は再び後続のメンバーに吸収され10人になるが、これを嫌い再びカウンターが起こり、その結果今度はF.シュレックが単独で逃げにのる。F.シュレックは9人に対して距離を広げるが上り後半になると数人に追いつかれ、さらに下りに入ると再び吸収されてしまう。
この後もアタック合戦となるが、勝負のついたのはベーニング(RAB)のアタック。このアタックに対しノチェンティーニ、ロールストンのみが反応し3人と7人との距離が開く。残された7人は牽制に入ってしまい、ステージ優勝争いから脱落してしまう。3人は後続を気にしながらも先頭交代を繰り返し、残り1kmへ。ここでベーニングがアタックをかけるが、ロールストンにマークされ失敗。しかし、あきらめないベーニングは最後尾に着けすぐに再アタック。しかし、これも失敗に終わってしまう。そして残り300mになると今度は2番手につけたノチェンティーニがアタック。これをみた先頭のロールストンもアタックをかけるがノチェンティーニに追いつくことが出来ず、ノチェンティーニがステージ優勝となった。

ステージ優勝:ノチェンティーニ(ALM) 3:24:43
総合トップ:ライプハイマー(AST) 27:39:02
ポイント賞:カヴェンディシュ(THR)
山岳賞:マッカートニー(SAX)
新人賞:ゲシンク(RAB)

--
結構好きな選手なので、ステージ優勝はうれしい。3人となった段階でロールストンマークに徹底したあたりが勝利のポイントかな?
それとマンセボーは残念。このまま山岳賞だと思っていただけに・・・。
[PR]
by lanterne-rouge | 2009-03-01 18:33 | 2009その他レース