第98回シュヘルデプライスフランデレン
2010.04.14 アントワープ~スコーテン 205.4km

残り65kmで先頭はリュングブラド(OTO)、ハイマン(SKY)、スチュワート(BMC)、ブシェ(LAN)、ファンフルーン(VAC)、ルモワン(SAU)、ヨセプ(TSV)、イークハウト(SKT)の8人でメイン集団との差は4分21秒となっている。メイン集団はTHRやGRMがコントロールし、その差を順調に詰めていく。そんな中集団内で落車が起こり、残り48kmでマースカント(GRM)、デヴォルダー(QST)がそして残り38kmでボーネン(QST)が巻き込まれてしまう。特にボーネンは再スタートまで時間がかかり、チームカーを利用しつ前に上がりなんとか集団後方に追いつくことに成功する。
その後も集団内でパンク、落車が頻繁に起こるが先頭との差は着実に縮まり残り20kmになる頃にはその差は1分をきってくる。同じ頃先頭では、イークハウトがアタックをかけ抜け出しを図るが失敗。しかしイークハウトが2度目のアタックをかけると先頭は5人に絞られる。この5人のうちハイマンが飛び出し一時単独トップに躍り出るが残り12kmで再び5人となり、ついに集団に吸収されてしまう。
ひとつとなった集団ではTHR、QSTを中心に主導権争いが激化する。その一方集団後方ではカンチェッラーラ(SAX)が遅れ始め、優勝争いから脱落。残り3kmでSKYが先頭を牽き優勝争いはゴールスプリント勝負となる。。
ブラウン(RAB)の後ろにつけていたボーネン(QST)がウェイラント(QST)のために真っ先に飛び出すが、ウェイラントが伸びず、代わってファラー(GRM)が先頭に立つ。ファラーは番手につけたマキュアン(KAT)の追い上げをかわし、優勝。狙っていたレースで見事な勝利を収めた。

優勝:ファラー(GRM) 4:28:42

--
これといった丘や石畳はないんですけど、面白い。
やっぱりベルギーのレースは好きだ。




[PR]
by lanterne-rouge | 2010-04-08 21:42 | 2010その他レース
<< 第108回パリ~ルーべ 第98回シュヘルデプライスフラ... >>