人気ブログランキング |
【ジロ 第十四ステージ】
2006.05.21 アオスタ~ドモドッソラ 223.0km

バリアーニ(PAN)、カザール(FDJ)ら10人の選手が逃げいてる。この中からフロレス(EUS)がアタックし一時前に出るがすぐに吸収され再び10人となる。
一方集団では、CSCがゆったりと前をひいているため先頭とのタイム差は一向に縮まらず広がるばかり。その先頭では山岳ポイントを前にバリアーニが飛び出し山岳ポイントを一位通過。もっか山岳のライバルであるカザールを抑え、逆転で山岳トップに躍り出る。
この後下りに入ると、遅れていたパッラ(COF)が先頭に追いつき11人となる。そして残り10kmをきったところでこのパッラが連続してアタック。このアタックはすぐに捕まるが、休むことなくペレス(CEI)がアタックをかけると、これが決まり先頭はペレスとラベルデ(PAN)の2人となる。2人は先頭交代を繰り返し追走集団を交わしていたが、残り1.5kmで追走集団がすぐ後ろに迫ってしまう。しかし、ここで追走集団はけん制が起きてしまい、再び距離が離れ、勝負は2人のゴールスプリントへ。2人の勝負はペレスの後ろにつけていたラベルデは進路を中心にかえ、ペレスを引き離しステージ優勝。手をくるくる回し喜びを表現してゴールした。

ステージ優勝:ラベルデ(PAN) 5:21:12
総合トップ:バッソ(CSC) 55:28:25
マリアブルー:サボルデッリ(DSC)
山岳賞:バリアーニ(PAN)
ポイント賞:ベッティーニ(QSI)

--
栗村監督おつかれモード^^;
昼間もあれだけがんばってれば仕方がないよね。
by lanterne-rouge | 2006-05-23 18:30 | 2006ジロ・デ・イタリア
<< 【ジロ 第十五ステージ】 第10回ツアー・オブ・ジャパン >>