【ツール・ド・スイス 第四ステージ】
2007.06.19 ナウダース~トリーゼンベルグマルブン 167.2km

ドゥーラン(SDV)、デウェールト(COF)の2人が逃げている。残り59kmで5分25秒、残り49kmで3分39秒そして残り30kmになるとその差が1分39秒にまで縮まっていく。そしてついに集団は最後の山岳に入る前に2人を捕らえ、いよいよ勝負どころとなる山岳に入る。
ここで、まず総合リーダーのカンチェラーラ(CSC)が脱落。そして残り8kmでシモーニ(SDV)がスピードを上げると、一気に集団が絞られる。さらにシュレック(CSC)が先頭を引き始めると、先頭はカラーラ(UNI)とシュレックの2人だけとなる。
遅れをとった残りのメンバーだが、自らのペースで走り、徐々にその差を詰めていく。そして、ようやく先頭の2人に追いついたものの、ここで再びシュレックがアタックをかけると再び離れ、シュレックとの差が広がっていってしまう。シュレックを追うメイン集団はデボルダー(DSC)が引っ張りあげるが、誰も先頭交代をしないため、追いつくきっかけすらない状態。八方塞のこの集団から、マルチャンテ(SDV)が残り3kmでアタックをかけるが、途中20秒前後までつめるのが精一杯。
シュレックは疲れを見せながらも、ラスト1kmでラストスパートをし、追いすがるマルチャンテ、エフィムキン(GCE)を逆に引き離しステージ優勝。同僚のカンチェラーラから引き続いてCSCが総合ジャージを獲得することとなった。

ステージ優勝:シュレック(CSC) 4:20:37
総合トップ:シュレック(CSC) 14:32:24
ポイント賞:カンチェラーラ(CSC)
山岳賞:プローニ(QSI)
スプリント賞:シュタルダー(VOR)

--
サストレとクレーデンはどこに!?
いやいや2人がそろって総合争いに絡まないとは・・・。
個人的には肩透かし状態ですねぇ。
コボもメイン集団には残っていなかったのが残念。
シモーニやクネゴが目立っちゃいけないレースだと思うんだけどなぁ。
[PR]
by lanterne-rouge | 2007-06-20 22:55 | 2007ツール・ド・スイス
<< ドーピング問題に新たな試み! 【ツール・ド・スイス 第三ステージ】 >>