人気ブログランキング |
ジロ・デ・イタリア 第八ステージ
2008.05.17 リヴィンドリ~ティヴォリ 208km

スペッツィアレッティ(LPR)、ペルジェ(GCE)、バリアーニ(CSF)、ハンセン(THR)、ナルデッロ(SDA)の5人が逃げており、残り35kmで集団に2分26秒の差をつけている。この5人を追って集団は残り距離が少なくなるにつれその差を縮めていく。残り25kmで1分36秒、残り20kmで1分16秒となり、そして残り10kmでついにその差は1分を切る。
ここで、ハンセンがアタックをかけると残り4人を置き去りにし、単独トップとなる。勢いよく飛び出したハンセンは最後の力を振り絞りゴールを目指すが、残り2km付近で惜しくも吸収されステージ優勝はならず。ハンセンを吸収した集団は、その瞬間にダッラントニア(CSF)がカウンターを仕掛けるがすぐに吸収されてしまう。
ここからピエーポリ(SDV)が先頭を牽き始め、残り1kmを通過する。ピエーポリ、レヴェリン(GST)、リッコ(SDV)、ベッティーニ(QST)、ペッリゾッティ(LIQ)らが先頭を固めていたが、真っ先にアタックをかけたのは、最後尾付近につけていたディルーカ(LPR)。ディルーカは一気に横から駆け上がり先頭に立つが、レヴェリン、リッコがすぐに反応し、その勢いを保ったままリッコがスプリントに入る。リッコはディルーカをかわすと、ベッティーニを抑え、第二ステージに続いてのステージ優勝を飾った。

ステージ優勝:リッコ(SDV) 4:41:05
総合トップ:ビスコンティ(QST) 36:44:06
ポイント賞:リッコ(SDV)
山岳賞:セラー(CSF)
新人賞:ビスコンティ(QST)

--
世界遺産があるだけあって、すてきな街でした。
史跡も魅力的だったのですが、一瞬映った滝がダイナミックで実際に見てみたいと思いました。
世界遺産、ティヴォリのエステ家別荘
by lanterne-rouge | 2008-05-18 19:50 | 2008ジロ・デ・イタリア
<< ジロ・デ・イタリア 第九ステージ ジロ・デ・イタリア 第七ステージ >>