【ツール・ド・フランス 第二十ステージ】
2004.07.25 モントロー~パリ・シャンゼリゼ 163km

スタート直後からシメオーニ(DVE)がアタック。どうやらアームストロング(USP)個人に対する抗議の模様。彼は、パリに入る直前でもアタックを起こす。
それ以外は毎年恒例ののんびりペース。談笑あり、シャンパンあり、記念写真ありなどなど。
今年最後の山岳ポイントをモロー(C.A)が一位通過。
その後控えるのは、マイヨベール争いにかかわるスプリントポイント。
まず第一スプリントポイントをマキュアン(LOT)が一位通過し、二位に入ったヒュースホーウト(C.A)に2ポイント差をつける。しかし、次の第二スプリントポイントでは、ヒュースホーウトがトップ通過し、ポイント差を元に戻すことに成功する。
パリに入ったこともあり、アタックがおきベッティーニ(QSD)、ボイクラー(BLB)、フレチャ(FAS)ら10人が集団から抜け出す。集団に30秒前後のタイム差をつけて先行していたが、残り10kmをきると集団に吸収される。しかし、ラスト一周をきると再度フレチャやボイクラーがアタック。フレチャは単独で抜け出したが、QSD引く集団に吸収され集団のままゴールスプリントへ。献身的なチームメイトの引きにこたえボーネン(QSD)がライバルたちを抑えてのステージ優勝。4位にマキュアンが入り、二回目のマイヨベールを獲得した。アームストロングは史上初の6度目の総合優勝。また、山岳賞のビランクも史上初の7度目の山岳賞を獲得した。

区間優勝:ボーネン(QSD) 4:08:26
ドサルブルー:シメオーニ(DVE)
--------------------------------------------
マイヨジョーヌ:アームストロング(USP) 83:36:02
マイヨベール:マキュアン(LOT) 272pts
マイヨブランアポアルージュ:ビランク(QSD) 226pts
マイヨブラン:カルペツ(IBB) 84:01:13
ドサルブルー:ビランク(QSD)
チーム賞:TMO 248:58:43
[PR]
by lanterne-rouge | 2004-07-26 22:19 | 2004ツール・ド・フランス
<< パンターニDVD 【ツール・ド・フランス 第十九... >>