ジロ・デ・イタリア 第三ステージ
2009.05.11 グラード~ヴァルドッビアデーネ 198km

後半に3級山岳がひとつありそれを越えると周回コースに入る平坦ステージ。
そのステージをパルンボ(ASA)、クリブツォフ(ALM)、ファッキ(QST)、イグナティエフ(KAT)、シュレーダー(MRM)の5人が逃げている。集団との差は残り92km地点で4分40秒差となっている。
集団は彼ら5人を泳がせ残り距離と相談し着実にその差を詰めていくが、そんな中落車が発生しファンデヴェルデ(GRM)が巻き込まれリタイアしてしまう。大きなアクシデントがありながらもさらに差を詰める集団は、3級山岳下りにて先頭の5人を吸収する。この後LPRを中心にBAR、LIQらが集団をコントロールし落ち着いた状態でレースが進むが、残り15kmを切るとヴォクレール(BTL)、マラカルネ(QST)がアタックをかけると再び活性化。これにフォイクト(SAX)らが加わり9人の先頭手段が形成される。
すぐに吸収したい集団だったが、集団中ほどで落車が起こり、集団が分裂。このアクシデントでカヴェンディシュ(THR)が遅れてしまい、結果的にマリアローザを失ってしまう。
落車を逃れた集団前方の約30人ほどの選手達は先頭集団を吸収しゴールを目指すが、その中から残り3kmでブルセギン(LAM)がアタックをかける。これに続く形で残り2kmでヴィスコンティ(ISD)がアタックをかけるとブルセギンをかわし単独トップに立つ。ヴィスコンティは単独でホームストレートに入るものの、猛追する集団に残り350mで吸収される。この時点でスプリント勝負が開始されており、ペタッキ(LPR)が真っ先に飛び出すとファラー(GRM)、ガヴァズィ(LAM)を抑えステージ優勝。昨日に引き続いての勝利となりマリアローザを奪うことに成功した。

ステージ優勝:ペタッキ(LPR) 4:45:37
総合トップ:ペタッキ(LPR) 8:50:06
ポイント賞:ペタッキ(LPR)
山岳賞:ファッキ(QST)
新人賞:ファラー(GRM) 
[PR]
by lanterne-rouge | 2009-05-14 20:09 | 2009ジロ・デ・イタリア
<< ジロ・デ・イタリア 第四ステージ ジロ・デ・イタリア 第二ステージ >>