ジロ・デ・イタリア 第十三ステージ
2009.05.22 リド・ディ・カマイオーレ~フィレンツェ 176km

先頭はスカルセッリ(SDA)、イグナティエフ(KAT)、シュレーダー(MRM)の3人。逃げている選手が総合とはまったく関係のない選手とあって、メイン集団先頭を牽くチームははやばやとRABからステージ優勝を狙うGRM、THRに交代する。残り40kmで2分40秒、残り35kmで1分58秒と着実に迫る集団に対し、先頭の3人から残り31kmでシュレーダーがアタックをかける。シュレーダーはここから驚異的なスピードで粘りの走りを見せ、追ってくるメイン集団を苦しめる。残り20km、10kmとなってもシュレーダーを吸収できないメイン集団は、次第にあわて始め本気の追いを見せる。そして残り6kmでようやく吸収したメイン集団はそのままゴールスプリントに向けた位置取り争いを開始する。
まずはGRMがトレインを形成し優位に立つが、ラスト1300mのストレートに入るとTHRがGRMトレインを崩し先頭に立つ。そしてレンショー(THR)のアシストを受けたカヴェンディシュ(THR)が好位置からスプリントに入ると、ペタッキ(LPR)らを今日も抑えステージ優勝をあげた。

ステージ優勝:カヴェンディシュ(THR) 3:48:36
総合トップ:メンショフ(RAB) 54:16:01
ポイント賞:ディルーカ(LPR)
山岳賞:ガルゼッリ(ASA)
新人賞:ローブクヴィスト(THR)
[PR]
by lanterne-rouge | 2009-05-25 21:16 | 2009ジロ・デ・イタリア
<< ジロ・デ・イタリア 第十四ステージ ジロ・デ・イタリア 第十二ステージ >>