人気ブログランキング |
ジロ・デ・イタリア 第十四ステージ
2009.05.23 カンピ・ビゼンツィオ~ボローニャ 172km

先頭はヴィスコンティ(ISD)、グリウゴ(ISD)ら14人。この14人はステージ後半まで擁する2級山岳をこなし、今日4つ目の3級山岳に入る。ここでデニャン(CTT)がアタックをしかけ先頭での駆け引きが始まる。ここでヴィスコンティが遅れ11人となった先頭は、再び協調体制を取り戻し、ボローニャを目指す。そして残り5kmにくると先頭からグリウゴがアタックをかけ10人を置き去りにする。単独となったグリウゴだったが、残り2.1kmから始まるサン・ルーカの厳しい上りに入ると一気に吸収されてしまう。
ここで先頭に立ったのがベルトリアーティ(SDA)。ツールで区間優勝したときと似たような上り坂を駆け上がるが、ゲランス(CTT)とフルーム(BAR)が徐々に迫り捕らえられてしまう。そして残り1km手前でベルトリアーティ、フルームが次々に脱落し単独となったゲランスは急勾配な上りを着実にこなしステージ優勝。迫り来るメイン集団から逃げ切るすばらしい勝利を挙げた。
一方メイン集団では残り1kmをきるとディルーカ(LPR)がアタック。メンショフ(RAB)、ガルゼッリ(ASA)、ペッリゾッティ(LIQ)を引きつれる形となるが、けん制に入り遅れていたバッソ(LIQ)、ライプハイマー(AST)らのライバル選手に追いつかれてしまう。しかし残り250mで今度はペッリゾッティがアタックをかけると再びバッソ、ライプハイマーは遅れディルーカ達から3秒遅れる痛い結果となってしまった。

ステージ優勝:ゲランス(CTT) 4:16:48
総合トップ:メンショフ(RAB) 58:33:53
ポイント賞:ディルーカ(LPR)
山岳賞:ガルゼッリ(ASA)
新人賞:ローブクヴィスト(THR)
by lanterne-rouge | 2009-05-25 21:18 | 2009ジロ・デ・イタリア
<< 2009ツアー・オブ・ジャパン... ジロ・デ・イタリア 第十三ステージ >>