タグ:Giro dell'Appennino ( 1 ) タグの人気記事
第71回ジロ・デ・ラペニーニョ
2010.04.25 セッラヴァッレ・スクリーヴィア~ポンテデチモ 187.0km

カテゴリー:1.1
開催国:イタリア
出場チーム:22(LIQ、AND、LAM、BTL、ASA、FLM、CMO、ISD、CSF、VBG、DER、PPO、SKSほか)
出場選手 :サガン、ロッド、セルパ、ペタッキ、シモーニ、新城、リッコ、ノエ、セラー、パルデイーヤ、ヴィスコンティ、ルハノ、ポッツオビーボ、ガローファロ、菊池、井上、増田、宮澤、佐野、ティマー、コンメッソほか











勝負どころに入り追走はポッツオビーボ(CSF)、リッコ(FLM)、パルデイーヤ(CMO)の3人。この中からリッコが脱落し追走は2人となる。
2人は、先頭のキセルロウスキー(LIQ)らを捕らえ、そのままポッツオビーボが前に出ると彼についてこれのはキセルロウスキーだけとなる。
ポッツオビーボは先頭交代も要求せずひたすらハイペースでレースを展開。
キセルロウスキーは離されないようにつき位置状態だったが、下りに入るとようやく先頭交代をするようになる。
残り10kmを切り先頭とリッコ、ヴィスコンティ(ISD)らのメイン集団の差は1分33秒。
この後メイン集団とのタイム差は縮まるものの2人は逃げ切り、残り1kmを通過する。
優勝へ向けてのライバル同士となった2人は、ポッツオビーボ先頭、キセルロウスキー後方でゴール前に入ってくる。
そのまま先頭でポッツオビーボがスプリントをかけるが、ゴール前キセルロウスキーが逆転。
うれしいビックレースでの優勝を飾った。

優勝:キセルロウスキー(LIQ) 4:26:19

--
見ごたえあるレースです。
個人的にポッツオビーボは今年一番の大化け選手。この選手はジロに参加したらすごいことになるかも。
少なくとも山岳賞の最右翼、ひょっとしたらそのまま総合優勝も・・・。

日本人として唯一完走したのは新城選手(BTL)で、12分15秒遅れの34位でフィニッシュです。佐野選手(PPO)はタイムアウト??
[PR]
by lanterne-rouge | 2010-04-26 23:17 | 2010その他レース